マウスDAIV-NG5800新発売!最新グラフィックス搭載の映像編集向けノートパソコン

スポンサーリンク

DAIV-NG5800 マウスコンピューターの新型クリエイターパソコン

マウスコンピューターがクリエイターパソコンのDAIV-NG5800を発売します。最新グラフィックスのRTX2060を搭載したノートパソコンです。写真編集や動画編集を快適に行える性能で2019年3月25日より販売開始。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。CP+2019で注目されたマウスコンピューターの高性能ノートPCが販売開始されました。詳細なスペックや価格がわかったので情報をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DAIV-NG5800の特徴

高性能CPUと最新のグラフィックスRTX2060

CPUにインテル Core i7-8750Hプロセッサー、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX2060を搭載しており、RAW現像や動画編集などの用途に使える高性能PCです。特にグラフィックスは最新のもので映像に関わる作業やゲームプレイをする人に向いています。液晶ディスプレイは15.6型、フルHD、ノングレアタイプ。価格は179,800円から。

ストレージは高速のSSDが最大3基

ストレージはSSDを中心に構成されています。データの読み書きを高速に行えるドライブで、RAW現像や動画編集などの作業を行うのに向いています。

NVMe対応のM.2 SSD 最大3基搭載可能

画像:DAIV-NG5800シリーズ|マウスコンピューターDAIVより

特に高速なNVMe対応のSSDやSATA接続でコスパの良いSSDの両方を選べます。3つのSSDを搭載できるので種類の異なるSSDを使い分けることも可能です。

UHS-Ⅱ対応カードリーダーやThunderbolt3搭載

インターフェイスも充実しています。

icon iconHDMIやMini DisplayPortのほか、USB端子も複数あって関連機器の接続が容易です。さらにThunderbolt3ポートがあるので、高速なデータ通信を実現できます。

icon iconUHS-Ⅱ対応カードリーダーや指紋認証リーダーも搭載。

icon icon
画像:DAIV-NG5800シリーズ|マウスコンピューターDAIVより

15.6型狭額縁ディスプレイ・色域は?

icon icon画像:DAIV-NG5800シリーズ|マウスコンピューターDAIVより

ディスプレイは15.6型で、解像度は1920×1080のフルHD。色域は「NTSC比 約72%液晶(参考値 sRGB比換算 約102%に相当)」と公式ウェブサイトに記載があります。これがsRGBやAdobeRGBをどの程度カバーするのか不明です。今後実機をお借りしてディスプレイの色域カバー率を計測させてもらう予定です。

マウスコンピューター DAIV-NG5800のAdobeRGBカバー率は98%

CP+2019では「AdobeRGBカバー率 98%」と表記されていました

CP+2019ではこのDAIV-NG5800も展示されていました。実物の写真も撮ったので気になる方は下記の記事もご覧ください。

参考:マウスコンピューターDAIV新型ノートパソコンを3月に新発売!ナローベゼルの薄型軽量モデルも

DAIV-NG5800のラインナップと価格

2019年3月25日時点でDAIV-NG5800は4つの販売モデルがあります。CPUとグラフィックスは共通でメモリやストレージの構成内容が異なります。またいずれのモデルもBTOなので適宜カスタマイズ可能です。

表:DAIV-NG5800のラインナップ(2019年3月25日時点)

モデル名 価格(税別) メモリ SSD SSD HDD
DAIV-NG5800S1-S2 179,800円 8GB 240GB
DAIV-NG5800M1-S5 189,800円 16GB 480GB
DAIV-NG5800U1-M2SH5 219,800円 32GB 512GB
NVMe対応
2TB
DAIV-NG5800U1-M2SS 219,800円 32GB 256GB
NVMe対応
256GB
NVMe対応

※CPUはインテルCore i7-8750Hプロセッサー、グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX2060で共通。

おそらく人気が出るのは真ん中のスペックの「DAIV-NG5800M1-S5」や「DAIV-NG5800U1-M2SH5」でしょうか。この高性能PCをこの価格で買えてしまうのがマウスコンピューターDAIVのすごいところです。

参考:RAW現像・写真編集用のパソコンのおすすめスペック!CPU・グラフィックス・メモリはなにが必要?

他のノートパソコン(DAIV)との比較

2019年3月25日現在、マウスコンピューターDAIVのノートパソコンには次のような種類があります。

  • DAIV-NG7700
  • DAIV-NG5800
  • DAIV-NG5510
  • DAIV-NG4500

DAIV-NG5800は性能的にはNG7700とNG5510の間に位置します。従来のDAIVモデルをご存知でしたら性能はほぼDAIV-NG7510同等で、そこからサイズが小型になり価格が下がっています。

名称 NG4500 NG5510 NG5800 NG7700
予算 約12〜18万円 約15〜19万円 約18〜22万円 約37〜46万円
サイズ(幅×奥行き×高さ) 349×
247×
25.4mm
360×
243.5×
20.3mm
359×
257.8×
29.9mm
418×
295.3×
41.5mm
質量 約2.2kg 約2.1kg 約2.4kg 約4.4kg
ディスプレイ
解像度・色域
14型・FHD・ノングレア 15.6型・フルHD・ノングレア
NTSC比約72%
※sRGB比換算 約102%相当
15.6型・フルHD・ノングレア
NTSC比約72%
※sRGB比換算 約102%相当
17.3型・4K・ノングレア・Adobe RGB100%
CPU Core i7-7700HQ Core i7-8750H Core i7-8750H Core i9-9900K
Core i7-9700K
グラフィックス GeForce GTX1050 GeForce GTX1050 GeForce RTX2060 GeForce RTX2080
最大メモリ 32GB 32GB 32GB 64GB
ストレージ 2基・SSD NVMe対応選択可能 2基・SSD NVMe対応選択可能 3基・SSD NVMe対応選択可能 4基・SSD NVMe対応選択可能
バッテリー持続時間 約5時間 約7.4時間 約 7.0時間 約2.2時間
備考 キーボードが少し特殊 指紋リーダー搭載 UHS-Ⅱカードリーダー・Thunderbolt3・指紋リーダー搭載 UHS-Ⅱカードリーダー・Thunderbolt3・指紋リーダー搭載
参考URL レビュー記事
公式WEB
公式WEB 公式WEB 公式WEB

※予算は各モデルでカスタマイズをしなかった場合の値段です(税・送料別)。

サイズやCPUを比較するとDAIV-NG5510とDAIV-NG5800がよく似ています。NG5800のほうがグラフィックスが高性能なほか、UHS-Ⅱ対応のカードリーダーやThunderbolt3ポートを使えるメリットがあります。一方NG5500はその性能の差があるぶんすこし価格が安く、薄型軽量になっているので持ち運びが快適です。

icon icon

公式ウェブサイトでDAIV-NG5800の詳細を確認する

マウスコンピューター関連記事

マウスコンピューターさんと当サイトのコラボパソコンが販売されています。RAW現像や動画編集に向いている高性能パソコンを特別価格でご購入いただけます。

→ マウスコンピューターDAIVとコラボモデルを発売!わたしの理想のパソコンを作ってもらいました
販売ページ:神戸ファインダー × マウスコンピューターDAIV コラボモデル
参考:消費者目線で見てマウスコンピューターDAIVコラボモデルの評判ってどうなの?

パソコン個別レビュー

そのほかマウスコンピューター関連記事

写真編集用パソコン購入ガイド記事

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました