物欲まみれなので仏様のスクラッチアート「削仏」で心の平穏を取り戻そうとしてみた

スポンサーリンク

フェリシモおてらぶの「スクラッチアート 削仏プログラム」を紹介します。黒い紙を専用のペンでカリカリと削り仏様の姿を描くというものです。削仏セットにはお香や、仏教の教えや仏像豆知識について書かれたテキストが付属。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

ここのところ忙しく過ごしておりまして、普段なら家でゴロゴロするのが性分なのに色々なところに出かけています。ちょっと疲れがたまっているのを感じるようになりました。そこで気分転換に仏像のスクラッチアート「削仏」をやってみることに。カリカリと専用のシートを削る地味な作業なのですがこれがけっこう楽しい。詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェリシモおてらぶ

「削仏」に興味をもったきっかけはフェリシモおてらぶ。フェリシモの部活のひとつで、お寺文化から暮らしを心豊かにするヒントを探す活動をしています。先日フェリシモおてらぶの方と話をしていた時に、スクラッチアートで仏像を描く「削仏」という新しいプログラムが始まったと聞きました。ありがたいことにサンプルをいただくことができましたのでご紹介いたします。

スクラッチアート 削仏プログラムの詳細

削仏プログラムの主な内容

「スクラッチアート 削仏プログラム」は、自宅でできる習い事「ミニツク」シリーズの商品です。仏像の下絵が描かれた専用のシートと、そのシートを削るスクラッチペンなどがセットになっています。

スクラッチアート 削仏プログラムの商品内容・付属品

スクラッチアート 削仏プログラム(第1回)の商品内容

商品内容

  • スクラッチアートシート4枚
  • スクラッチペン(第1回のみ)
  • 飾り用台紙
  • ひものお香1本とホルダー
  • テキスト1冊(A5判 16ページ)

全部で6回のプログラムなのですが、1回あたり4枚の削仏シートがあります。なのでプログラムを最後までやると全24種類の仏像スクラッチアートをできるようになっています。

icon icon

第1回は銀色ベースのシートが4枚で、第2回は金色ベースのシートが4枚、第3回は銀色4枚で、第4回は金色4枚とカラーバリエーションは各回交互で入れ替わります。

実際に「削仏」をやってみた!

わたしも「削仏」してみることに。あまり細かいのは難しそうなので比較的シンプルな絵柄のシートを選びました。

スクラッチアート 削仏シート「白多羅菩薩」

「白多羅菩薩」(しろたらぼさつ)のスクラッチシートを選びました

わたしが選んだのはみなさまご存知の「白多羅菩薩」。知ってますよね有名な白多羅菩薩。わたしは博学なのでもちろん名前を知っていましたよ、と言いたいところですが全然知りませんでした。ちゃんとテキストに今回削仏することになる仏像の名前や解説が書いてあります。

楽しみながら仏像に詳しくなれるのがこのプログラムの嬉しいところ。今度から仏像見かけた時に「あ、白多羅菩薩だ。この仏様は健康と長寿をもたらすご利益があると信じられていてね…」なんてことをサラッと言えるようになるわけです。

削仏プログラムの専用スクラッチペン

削仏プログラムのスクラッチペン

付属していた専用のスクラッチペンを使います。かっこいい。

スクラッチアート 削仏プログラムのテキスト

テキストにはスクラッチのコツも書いてあるので安心です。

削仏の準備

上の写真のように準備を整えました。削りかすがでるので、下敷きに紙を用意しました。あと付属していたヒモのお香もせっかくなので使ってみることに。

削仏プログラムセットのお香

お香って良いですよね。これだけで気持ちが落ち着く…

さあ、いよいよ削仏スタート!

削仏している様子

ペンで線をなぞるとカリカリ、カリ、と静かな音が立ちます。ささやかだけど確かに手に伝わってくる「彫る感触」が心地よいです。ペンで彫ったところには美しいキラキラした下地が見えてきます。

動画も撮ってみました。