スポンサーリンク

写真編集にぴったりのノートパソコン!マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」レビュー

シェアする

いまのデジタル時代、写真は撮るだけでなく、それをいかに編集・レタッチするかも非常に大切です。画像編集を行うパソコンはそれにふさわしい性能が必要になります。今回はマウスコンピューターのクリエイター向けノートパソコン「DAIV-NG5720S1-SH2」をレビューします。

クリエイター向けノートパソコン「DAIV-NG5720S1-SH2」レビュー

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。私はカフェや図書館で作業をすることが多いので、写真の編集を行えるノートパソコンが必要です。そろそろノートパソコンの買い替えを考えていて良いパソコンがないか探しています。

購入検討のひとつがマウスコンピューターのクリエイター向けパソコン「DAIV」です。今回は「DAIV-NG5720S1-SH2」を3週間ほどお借りさせてもらいました。これが画像編集をするような人にとって適したパソコンなのかどうかレビューします。

参考:DAIV 貸出PCサービス | DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

スポンサーリンク

そもそもDAIVって?

マウスコンピューターが販売する製品の中で、特に画像編集などクリエイティブな作業をする人向けに作られたパソコンがDAIV(Dynamic Approach Imgery of Visual)シリーズです。クリエイターの多様なニーズに応えられるよう様々なモデルがあり、BTO(カスタマイズ)にも対応しています。

参考:DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

私が普段使っているパソコンのひとつがマウスコンピューター製ということもあって、このDAIVシリーズに興味を持ちました。私の場合は、外で作業もしたいのでノート型の「DAIV-NG5720S1-SH2」をピックアップしました。

ちなみに普段私が使っているのは、LuvBook Fシリーズ「LB-F552X-SH2」です(仕事用に借りているけれどほぼもらったような状態)。こちらは主にオフィスソフトやテキストエディターを使うのに使用しています。

参考:15.6型ノートPC LuvBook F シリーズ [フルHD]通販|BTO マウス

参考:ノートパソコン LuvBook F シリーズ 「LB-F552X-SH2」 仕様詳細|マウスコンピューター BTOパソコンの通販ショップ

フォトグラファーのニーズに応えたモバイルPC

ディスプレイの色再現はsRGB95%

色へのこだわり「sRGB比95%」液晶

画像引用:製品特長|外出先でも色へのこだわりを。sRGB比95%液晶搭載ノートPC!DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

写真のRAW現像・レタッチをする場合、ディスプレイのクオリティは非常に重要です。このパソコン「DAIV-NG5720S1-SH2」の液晶サイズは15.6インチ解像度はフルHD(1920×1080)色域はsRGB比95%で、どの角度から閲覧しても見た目の変化が小さいIPS方式パネルです。美しいディスプレイで画像編集を快適に行えます。

参考:画像編集に求められるディスプレイのスペックについてより詳しくは次の記事で解説しています。

写真のRAW現像やレタッチをするならぜひ気にしてほしいのがパソコンのモニターです。もし安価なノートパソコンのディスプレイを見て漠然とRAW現像・レタッチをしているのであれば要注意。写真の色をきちんと表...

写真のレタッチに適したディスプレイ

ノート型なのでもちろん外へ持ち出すことも可能。写真を撮影して、出先ですぐにレタッチをしてシェアしたり、クライアントへ納品できます。人に見せる写真の制作は信頼できるディスプレイがあってこそ。DAIVのNG5720シリーズのディスプレイは多くのフォトグラファーにとって必要なスペックを満たしています。

SSDで高速処理・HDDの大容量ストレージ

マウスコンピューター製品の特徴はSSDやHDDといったストレージの柔軟なカスタマイズです。

SSDもHDDもストレージのことで、パソコンの様々なデータを記憶しておく媒体のことです。SSDはデータの読み込みが高速。そのためOSやソフトの起動がとても速くなります。一方HDDはコストが低く大容量のデータを保存しておけるという特徴があります。

参考:ストレージ HDD/SSD/M.2 SSD|BTOパソコン・PC通販ショップのマウス【公式】

マウスコンピューターの多くのパソコンははデュアルストレージといって、SSDとHDDのふたつを搭載しています。つまり、両者のストレージの良いところどりをできるのです。SSDのおかげで、快適に映像編集などの作業を行える一方で、作業の終わったファイルをHDDに余裕をもって保存しておくことができます。

「DAIV-NG5720S1-SH2」はデフォルトでSSD256GBHDD1TBを採用。カスタマイズで容量を増やしたり、ストレージの種類を変更できます。

カードスロットや映像端子ももちろん搭載

インターフェイス

画像引用:製品特長|外出先でも色へのこだわりを。sRGB比95%液晶搭載ノートPC!DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

インターフェイスも充実しています。SDカードスロットがあるのはもちろん、映像の出力端子は「HDMI」、「mini DisplayPort」があるので外部ディスプレイへの出力も可能。USB3.0端子は側面と背面の3方向に配置してあります。さらにUSB3.1 (Type C) も2基あります。

ここは残念!大きくて重い

スペックには不満のない「DAIV-NG5720S1-SH2」ですが、個人的に感じるこのパソコンの唯一最大のデメリットはそのサイズ。大きくて重いのが残念です。

本体寸法は、幅385mm、奥行271mm、高さ31.5mm。質量は約2.8㎏です。これはノートパソコンとしては比較的大型。

同じDAIVシリーズでも「DAIV-NG4500E4-S1」(14型)なら、幅349mm、奥行247mm、高さ28.8mm。他にも、例えば「Macbook Pro 2017 15インチ」のサイズは幅349.3mm、奥行き240.7mm、高さ15.5mmです。

参考:「DAIV-NG5720S1-SH2」仕様詳細|DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

これくらい大きくなると私が普段使っているカメラバッグにはきつ過ぎて出し入れがスムーズに行えません。

でかい、重い

さらに残念なことに電源アダプターも大きいです。カフェなどの限られたデスクスペースで作業をする場合、この大きさは邪魔になります。

仮に電源をつながずモバイルバッテリーを使った場合、持続時間は仕様書によると最大約7.6時間。しかし私がRAW現像ソフトやインターネットブラウザなどを立ち上げて作業していると実働3時間強といったところでした。ちょっと作業するくらいならモバイルバッテリーでも困りませんが、少し余裕がなくて不安です。

その他 価格・キーボード・排熱ファンなど

光るキーボード

キーボードは好みの打ち心地でした。あまりカチャカチャせず、かつ打ち込んでいる感覚はしっかり伝わります。

また映像編集など高負荷の作業をするとファンはすぐ回ります。パソコンがすごく熱くなっているわけでもないので余裕をもってファンは動き出すようです。そんなにうるさくはないですが気になる人は気になるかもしれません。

動画編集ソフト「ダヴィンチ・リゾルブ」を試してみましたがきちんと動作しました。

ダヴィンチ・リゾルブも運用可能

あまり凝った編集テストはできなかったので、快適に作業ができると言えるかどうかまではよく分かりませんが、一応グラフィックカードなどは必要なスペックを満たしているようです。

私の持っているMacbook Air 2011だとダヴィンチは動作しないんですよね……

「DAIV-NG5720S1-SH2」の価格は、カスタマイズなしの状態で¥164,800+税(2017年11月14日時点)です。

参考:「DAIV-NG5720S1-SH2」のカスタマイズ・見積もり - パソコン・BTOパソコンの通販ショップ マウスコンピューター

まとめ

ディスプレイはsRGB比95%でIPSパネルなので、主にウェブ向けの画像編集を行う人にはとても良いパソコンです。SSD搭載で高速起動、インターフェイスも充実しています。少しサイズが大きめなので、基本は自宅やオフィスに据え置きで使いつつ、たまに外へ持ち出して編集作業を行いたいフォトグラファーにおすすめです。

私の場合は、スペックには一切不満がないものの、より小さなパソコンが欲しいと思い今回は購入はやめることにしました。

DAIVには他にも様々なモデルがあり、ノート型にはより薄型軽量の「DAIV-NG4500シリーズ」や、よりハイスペックの「DAIV-NG7610シリーズ」があります。もちろんデスクトップPCもありますし、中にはAdobeやSILKYPIXからのお墨付きがついたモデルがあるので、クリエイティブな作業をする方はぜひチェックしてみてください。

今回紹介したパソコン:DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

DAIVシリーズ詳細:DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

こちらの記事もおすすめです

写真のRAW現像やレタッチをするならぜひ気にしてほしいのがパソコンのモニターです。もし安価なノートパソコンのディスプレイを見て漠然とRAW現像・レタッチをしているのであれば要注意。写真の色をきちんと表...
BenQのPC用ディスプレイ「SW2700PT」は、AdobeRGBカバー率99%で、ハードウェアキャリブレーションにも対応。まさにフォトグラファーのニーズに応えたカラーマネジメントモニターです。約一...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^