DAIV-NG5720レビュー!コスパの良い写真・動画編集用ノートパソコン

マウスコンピューターの「DAIV-NG5720」をレビューします。写真や動画用に設計されたノートパソコンです。特に「DAIV-NG5720S1-SH2」は性能のバランスとコストパフォーマンスに優れたノートパソコンとしておすすめ。

マウスコンピューター DAIV-NG5720S1-SH2レビュー

追記(2019年2月4日):この記事で紹介しているDAIV-NG5720シリーズは完売しました。再販されるかは定かではありませんが、現在取り扱いはありません。サイズや性能の近い機種としてはNG5500シリーズがあります。こちらのレビューやマウスコンピューターDAIVのパソコンについてまとめた記事があるので参考にしてください。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。わたしはブログなど主にウェブ媒体用に写真を編集しています。なのでsRGBをカバーできて、持ち運びもできるノートパソコンがあるととても便利。今回はわたしのようにブログやSNS用に写真を編集している人におすすめのノートPC「DAIV-NG5720S1-SH2」をレビューします。

※追記(2018年12月22日):このパソコンは2017年11月に一度お借りしたのですが、さらに2018年に再び同じパソコンを借りました。最初の記事公開から大幅に加筆・修正してより詳しくレビューしました。

スポンサーリンク

DAIV-NG5720ってどんなパソコン?

マウスコンピューター DAIV-NG5720 外観

マウスコンピューターが販売する製品の中で、特に画像編集などクリエイティブな作業をする人向けに作られたパソコンがDAIVDynamic Approach Imgery of Visual)というブランドです。クリエイターの多様なニーズに応えられるよう様々なモデルがあり、BTO(カスタマイズ)にも対応しています。

参考:DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

わたしが持っているパソコンのひとつがマウスコンピューター製ということもあって、このDAIVシリーズに興味を持ちました。クリエイター向けに特別に設計されたパソコンということで期待が高まります。

DAIVのなかにもいくつかパソコンの種類があります。DAIVのノートパソコンのなかでだいたい真ん中くらいのサイズ・性能に位置するのがNG5720シリーズです。近い性能にNG5500シリーズもあるのですがそちらのほうがCPUの性能が高くAdobeRGBまでカバーしているのに対して、NG5720シリーズはグラフィックスがより高性能なGeForce GTX 1060を搭載しています。CPUの差があるぶんNG5720シリーズはNG5500よりコストを抑えやすいです。NG5720はよりグラフィックス性能に特化しています。

DAIV-NG5720の特徴

ディスプレイの色域はsRGB95%

色へのこだわり「sRGB比95%」液晶

画像引用:製品特長|外出先でも色へのこだわりを。sRGB比95%液晶搭載ノートPC!DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

写真のRAW現像・レタッチをする場合、ディスプレイのクオリティは非常に重要です。このパソコン「DAIV-NG5720」の液晶サイズは15.6インチ解像度フルHD1920×1080)。色域はsRGB比95%で、どの角度から閲覧しても見た目の変化が小さいIPS方式パネルです。美しいディスプレイで画像編集を快適に行えます。

解像度がフルHDというのは多くの人にとって必要十分と言ってよいでしょう。もちろんこだわればWQHDやUHD(4K)といった解像度もあるのですが、ノートPCとしてはフルHDというのはバランスの良い妥当なラインです。どうしても高解像度のディスプレイが欲しい場合は外付けディスプレイで用意すると良いと思います。

参考:写真にこだわるなら良いディスプレイが必要!カラーマネジメントモニターの選び方

色域がsRGB比95%というのも現代のニーズにちょうど良いスペックだと思います。最近はインスタグラムやブログなどネットに写真をアップして楽しむ機会が増えましたよね。ネットで写真を見る場合の色の再現というのが基本的にsRGBという色域に基づいています。なのでWEB媒体向けに写真を編集する場合sRGBの色域をカバーできるパソコンが大切です。

写真のレタッチに適したディスプレイ

ノート型なのでもちろん外へ持ち出すことも可能。写真を撮影して、出先ですぐにレタッチをしてシェアしたり、クライアントへ納品できます。人に見せる写真の制作は信頼できるディスプレイがあってこそ。DAIVのNG5720シリーズのディスプレイは多くのフォトグラファーにとって必要なスペックを満たしています。

SSDで高速処理・HDDの大容量ストレージ

マウスコンピューター製品の特徴はSSDやHDDといったストレージの柔軟なカスタマイズです。

SSDもHDDもストレージのことで、パソコンの様々なデータを記憶しておく媒体のことです。SSDはデータの読み込みが高速。そのためOSやソフトの起動がとても速くなります。一方HDDはコストが低く大容量のデータを保存しておけるという特徴があります。

参考:ストレージ HDD/SSD/M.2 SSD|BTOパソコン・PC通販ショップのマウス【公式】

マウスコンピューターの多くのパソコンは2つのストレージを積めるようになっています。つまり、SSDとHDD両者のストレージの良いところどりをできるのです。SSDのおかげで、快適に映像編集などの作業を行える一方で、作業の終わったファイルをHDDに余裕をもって保存しておくことができます。

「DAIV-NG5720S1-SH2」はデフォルトでSSD256GBとHDD1TBを採用。カスタマイズで容量を増やしたり、SSDのストレージをもうひとつ増設することもできます。

カードスロットや映像端子ももちろん搭載

インターフェイスも充実しています。SDカードスロットがあるのはもちろん、映像の出力端子は「HDMI」、「mini DisplayPort」があるので外部ディスプレイへの出力も可能。USB3.0端子は側面と背面の3方向に配置してあります。さらにUSB3.1 (Type C) も2基あります。

参考:製品特長|外出先でも色へのこだわりを。sRGB比95%液晶搭載ノートPC!DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

DAIV-NG5750 インターフェイス 左側面

DAIV-NG5750 左側面

DAIV-NG5750 インターフェイス 右側面

DAIV-NG5750 右側面

DAIV-NG5750 インターフェイス 背面

DAIV-NG5750 背面

背面にUSB端子があるのが嬉しいですね。デスクの環境によっては側面よりもここに接続したほうが配線がすっきりすることがあります。

キーボード・排熱ファンなど

DAIV-NG5720 キーボードとトラックパッド

DAIV-NG5720のキーボードはテンキー搭載。全体的なキーの配列は素直だと思います。個人的にはこのパソコンの角がカクッとなているデザインがかっこよくて好きです。色も深い黒色で渋いです。

DAIV-NG5720 キーボード

キーボードは好みの打ち心地でした。あまりカチャカチャせず、かつ打ち込んでいる感覚はしっかり伝わります(ピッチ約19mm、ストローク約2mm)。

光るキーボード

ホワイトLEDのバックライトを搭載しています。明るさは5段階で調節可能。オフにすることもできます。

映像編集など高負荷の作業をするとファンはすぐ回ります。パソコンがすごく熱くなっているわけでもないので余裕をもってファンは動き出すようです。そんなにうるさくはないですが気になる人は気になるかもしれません。

マウスコンピューター DAIV-NG5720の裏側 大きい通気口

夏場も安心して使いたい場合はノートパソコン用のPCクーラーを使ってみても良いかもしれません。

CoolerMaster ノートパソコン用クーラー NOTEPAL X-SLIM2

ノートパソコン用クーラー CoolerMaster X-SLIM2

ファンをパソコンの下に入れて空気を送る仕組みです。机との間にスペースができるのでより効率的に熱を逃がせます。また作動音もパソコン本体のファンよりは静かでした。

ノートパソコン用クーラー CoolerMaster X-SLIM2とDAIV-NG5720

ノートパソコン用クーラー CoolerMaster X-SLIM2とDAIV-NG5720

ここは残念!大きくて重い

スペックには不満のない「DAIV-NG5720S1-SH2」ですが、個人的に感じるこのパソコンの唯一最大のデメリットはそのサイズ。大きくて重いのが残念です。

マウスコンピューター DAIV-NG5720 外観

本体寸法は、幅385mm、奥行271mm、高さ31.5mm。質量は約2.8㎏です。これはノートパソコンとしては比較的大型。

同じDAIVシリーズでも「DAIV-NG4500」(14型)なら、幅349mm、奥行247mm、高さ28.8mm。他にも、例えば「Macbook Pro 2017 15インチ」のサイズは幅349.3mm、奥行き240.7mm、高さ15.5mmです。

参考:「DAIV-NG5720S1-SH2」仕様詳細|DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

これくらい大きくなると私が普段使っているカメラバッグ(ピークデザインのエブリデイバックパック20L)にはきつ過ぎて出し入れがスムーズに行えません。

マウスコンピューター DAIV NG5720 サイズ・大きさ

パソコンの上にA4の紙とL判の写真、コーベアーをのせました。

DAIV NG5720本体と電源バッテリー

さらに残念なことに電源アダプターも大きいです(実測:高さ34mm×幅82mm×長さ163mm)。カフェなどの限られたデスクスペースで作業をする場合、この大きさは邪魔になります。
※電源アダプターが大きいのはパソコンがハイスペックマシーンなためです。高度な処理を行うには電力消費が大きくなるので、アダプターもこのように巨大化してしまいます。

仮に電源をつながずモバイルバッテリーを使った場合、持続時間は仕様書によると最大約7.6時間。しかし私がRAW現像ソフトやインターネットブラウザなどを立ち上げて作業していると実働3時間強といったところでした。ちょっと作業するくらいならモバイルバッテリーでも困りませんが、少し余裕がなくて不安です。

写真編集・動画編集用パソコンとして使ってみた感想

写真のRAW現像について

DAIV-NG5720S1-SH2を使って実際にRAW現像してみました。RAW現像している画面を録画したのでご覧ください。RAW現像ソフトにはDigital Photo Professionalを用いています。

マウスコンピューター DAIV-NG5720 RAW現像デモンストレーション

犬の写真を温かみのある雰囲気に仕上げました。拡大してピントの位置やシャープネス(線の太さ・コントラスト)の確認もスムーズに行えました。スペックの低いパソコンだと等倍に拡大して見ようとしてもプレビューに時間がかかってしまいますがDAIV-NG5720はスムーズに行えました。

グラフィックスがGeforce GTX1060という良いものが積まれていることもあり、編集内容がすぐに反映されます。ピクチャースタイルや色温度を変えたりしましたが、その変化をきちんと即座に確認できました。

RAW現像した写真のビフォーアフター 編集前と編集後の比較

左:編集前 右:編集後

動画編集について

編集ソフトDaVinci Resolve15をつかって動画も編集しました。

DaVinci Resolve15の動画編集画面

GoPro HERO7 Blackで撮影したTime Warpの映像を素材(4K30P)として利用しました。高性能なCPUとグラフィックスのおかげでこれくらいのシンプルな動画編集ならわりとスムーズに行えました。特にDaVinci Resolveはグラフィックスの性能が求められる編集ソフトなのですが、DAIV-NG5720は特にグラフィックスに優れたパソコンなので頼もしかったです。

DAIV-NG5720で編集した動画

OSAKA TIME WARP – 4K30P GoPro HERO7 Black Time Warp

動画クリエイターの方も実際にこのDAIV-NG5720を運用しているようです。動画制作のこだわりも語られていて興味深いです。

DAIV-NG5720S1-SH2のスペックと価格

基本スペックとベンチマーク

マウスコンピューターはBTOパソコンメーカーなので、用意されているモデルの中からパソコンを選んで適宜カスタマイズして注文することになります。DAIV-NG5720シリーズについてもベースとなるモデルがいくつかあります。

参考:DAIV-NG5720シリーズ 全モデル一覧

今回わたしがお借りしたモデルは「DAIV-NG5720S1-SH2」というものです。販売価格は税別139,800円(2018年12月22日時点)。2018年のCP+に展示されたモデルで売れ筋のパソコンです。

参考:「DAIV-NG5720S1-SH2」仕様詳細|DAIV-NG5720シリーズ|DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

DAIV-NG5720S1-SH2 ウェブサイトスペック

主なスペックは次の通りです。

  • CPU:インテル i7-7700HQ プロセッサー
  • グラフィックス:GeForce GTX 1060(ビデオメモリ3GB) / インテル HD グラフィックス 630
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:M.2 SSD 256GB / HDD 1TB (5400rpm)

CPUは「インテル Core i7-7700HQ プロセッサー」で4コア8スレッド、ベース動作周波数
2.80GHz(TB時最大3.80GHz)です。NG5720シリーズの全モデルが同じCPUを搭載しています。

グラフィックスはGeForce GTX 1060でこちらもNG5720シリーズの全モデルに共通しています。

CPUやグラフィックスなどのことがよくわからない人は次の記事をご覧ください。パソコン初心者のひとでもわかるように解説しています。

写真編集・RAW現像用のパソコンのおすすめスペック!CPU・グラフィックス・メモリはなにが必要?

この「DAIV-NG5720S1-SH2」で性能をテストするベンチマークテストをしました。パソコンの性能を客観的に評価できるようにした数値です。ひとつの目安なので、気になる人は参考にしてください。なんのことかよくわからない人は無視してもらって全然大丈夫です。数字が大きいほど性能が優れています。

PC Mark10 ベンチマーク

PC Mark10 ベンチマークスコア マウスコンピューター DAIV-NG5720S1-SH2

PC Mark10ベンチマークテスト結果  マウスコンピューター DAIV-NG5720S1-SH2
総合スコア 4455
基本性能(Essentials) 7188
デジタルクリエイティブ総合スコア (Digital Content Creation) 5018
写真編集の能力(Photo Score) 6148
動画編集の能力(Video Score) 3053
3Dコンテンツ制作の能力 (Rendering and Visualization Score) 6733

写真編集の能力(Photo Score)の数値が高いですね。

このスコアはベンチマークソフトのPC Mark10を用いて算出しています。「写真編集の処理能力(Photo Score)」は、サムネイルの読み込み、JPEGやPNGへの書き出し、バッチ処理、色やノイズの調整、マスク処理などを行いそれらの快適さを数値として換算。「動画編集の処理能力(Video Score)」は動画のダウンスケールや、シャープネスの処理、ブレの補正などをすることでそれらの作業の快適さを数値として換算。 参考:PCMark10 Technical Guide.pdf

Crystal Disc Mark ベンチマーク

CrystalDiskMark DAIV-NG5720S1-SH2 SSD ベンチマーク

SSDの読み込み速度・書き込み速度

CrystalDiskMark DAIV-NG5720S1-SH2 HDD ベンチマーク

HDDの読み込み速度・書き込み速度

CrystalDiskMark DAIV-NG5720S1-SH2 SDカードリーダー ベンチマーク

SDカードリーダーの読み込み速度・書き込み速度

画像 SDカードはSanDisk Extreme Pro 128GB UHS-Ⅱを使用しました。

価格

「DAIV-NG5720S1-SH2」の価格は、カスタマイズなしの状態で¥164,800+税(2017年11月14日時点)です。

追記(2018年10月22日):2018年9月18日より劇的に値段が下がったようです。「DAIV-NG5720S1-SH2」のWEB販売価格は134,800円+税 です。めっちゃお買い得ですね。

追記(2018年12月22日):さらに価格変動があって、現在は税抜き139,800円です。ほんのちょっと値上がりしました。以前の値下げが大幅な価格調整だったのでまだお買い得だと思います。

DAIV NG5720は写真・動画編集向けノートパソコン

NG5720 外観 マウスコンピューター DAIV

DAIV-NG5720の良いところ

  • CPUが高性能(インテル i7-7700HQ プロセッサー)
  • グラフィックスが高性能(GeForce GTX 1060)
  • 液晶ディスプレイの色域がsRGB比95%でIPS方式のパネル
  • コスパが良い

DAIV-NG5720の残念なところ

  • けっこう大きくて重たい

ディスプレイはsRGB比95%でIPSパネルなので、主にウェブ向けの画像編集を行う人にはとても良いパソコンです。SSD搭載で高速起動、インターフェイスも充実しています。少しサイズが大きめなので、基本は自宅やオフィスに据え置きで使いつつ、たまに外へ持ち出して編集作業を行いたいフォトグラファーにおすすめです。

特にシリーズの中では「DAIV-NG5720S1-SH2」が値下げがりのおかげでコスパが良いです。15万円ほどの予算のひとにはぴったりの写真編集用パソコンです。

DAIV-NG5720S1-SH2はNG5720シリーズで一番人気

DAIV-NG5720シリーズ詳細を確認
マウスコンピューター公式ウェブサイト

DAIVには他にも様々なモデルがあり、ノート型にはより薄型軽量の「DAIV-NG4500シリーズ」や、よりハイスペックの「DAIV-NG7630シリーズ」があります。もちろんデスクトップPCもありますし、中にはAdobeやSILKYPIXからのお墨付きがついたコンセプトモデルがあるので、クリエイティブな作業をする方はぜひチェックしてみてください。

DAIVシリーズ詳細:DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

そのほかパソコンレビュー記事

おすすめデスクトップパソコン

写真編集用パソコンのおすすめと選び方

モニター・ディスプレイ関連記事

写真や動画データの管理について

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^