iiyama SENSEのRAW現像・写真編集向け4Kノートパソコンレビュー!Photo EDGE Tokyo 2018」出展モデル

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」をレビューします。パソコン工房(ユニットコム)から販売されているRAW現像用クリエイターPCです。4K液晶ディスプレイ搭載の薄型ノート型パソコン。実際に写真編集してみて感じたこのパソコンの特徴をお伝えします。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW 外観

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。「SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」をパソコン工房さんからお借りしたのでその使用感についてレビューします。

スポンサーリンク

SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWってどんなパソコン?

パソコン工房(ユニットコム)の販売するiiyama PCのなかで特にクリエイター向けに開発されたのが「SENSE」シリーズです。今回レビューするのは同シリーズの「SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」です。SENSEのうち特にRAW現像・写真編集用途を想定としたノートパソコンです。

参考リンク:RAW現像・写真編集向けパソコンSENSE∞ | パソコン工房【公式通販】

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW外観

Photo EDGE Tokyo 2018」にも出展されたiiyamaイチオシのモデルです。ノート型にしては珍しく4K液晶ディスプレイを搭載した本格派の高級パソコン。CPUやグラフィックスなども高性能でありながら、パソコンを折りたたんだ状態の厚みがわずか22mmと薄型です。4K環境を持ち出したいクリエイターにとって魅力的な特徴を備えています。

CPUは「インテル Core i7-8750H プロセッサー」、グラフィックスは「NVIDIA GeForce GTX 1060」です。RAW現像やフルHD動画編集、4K動画の軽い編集などをこなせる性能です。高速なデータ転送を可能にするNVMe対応 M.2 SSDを標準搭載していることも特徴。

SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの外観の特徴

液晶ディスプレイ

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイのサイズは15.6型。色域(sRGBやAdobeRGBなど)に関する公式数値はありません。ディスプレイは非光沢(ノングレア)であまり映り込みがないので作業に集中しやすいです。さすが4Kだけあって映像は精細です。

色域について公称値がないのでキャリブレーションツールのi1Display Proでiccプロファイルを作成して、ColorACというソフトで計算しました。sRGBカバー率は93.0%でした。クリエイター向けとして考えると中途半端な数字ですね。90%を超えているので及第点といったところでしょうか。

参考リンク:写真にこだわるなら良いディスプレイが必要!カラーマネジメントモニターの選び方

キーボード・トラックパッド

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWのキーボードとトラックパッド

「iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」のキーボードとトラックパッドです。トラックパッドはすべすべとした質感。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWのキーボード

キーボードはテンキー搭載。キーのデザインがちょっとゲーミングPCぽくて癖があります。よくあるオフィス向けPCと比べるとかわいらしいフォントですね。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWのキーボード

キーは軽く叩けますが深く沈むのでキーをしっかり打っている感覚が伝わってきて良好です。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWのキーボード LEDバックライト点灯

キーボードは電源起動時にカラフルに色が点灯して、起動後はブルーのライトになりました。

インターフェイス

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの左側面インターフェイス

左側面には、電源端子、映像出力としてHDMI(×1)とMini DisplayPort(×2)があります。そしてUSB 3.1 Type C(×2)、USB 3.0 Type A(×2)があります。USB-CはThunderbolt3ではありません。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの右側面インターフェイス

右側面には、USB 3.0 Type A(×1)があるほか、マイク入力、ヘッドフォン / スピーカー出力、SDカードスロット、そしてインターネットの有線LANケーブルを繋ぐイーサネットLAN端子があります。無線LANやBluetoothにも対応。

サイズ・重さ

の本体寸法は幅380mm×奥行き255mm×高さ22mm(折り畳み時/ 突起部含まず)。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWのサイズ比較 コーベアー

ノートパソコンの上にA4用紙、L判写真、コーベアーを置きました。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWとMacBook Pro15インチのサイズ比較

15.6型なのでMacBook Pro 15インチなどと比べるとちょっと大きいです。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの背面

質量は約2.22kg(基本構成の場合でバッテリー含む)。カスタマイズ次第(メモリの搭載量など)で重さがすこし変動します。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWのACアダプター

ACアダプターのサイズは実測で高さ25mm×幅75mm×長さ159mm。存在感ある大きさです。

持ち運びについて

15.6型と大型のパソコンですが、薄型なので比較的持ち運びは楽なほうだと思います。わたしの持っているピークデザインのエブリデイバックパック20Lにも入りました(ちょっときつい)。

senseノートPCをピークデザインエブリデイバックパック20Lに収納

写真編集・動画編集用パソコンとして使ってみた感想

写真のRAW現像について

写真のRAW現像を試してみましたがさすがにRAW現像用に設計されたパソコンなので快適でした。RAW現像ソフトはDigital Photo Professionalです。RAW現像をしているところの画面をキャプチャしました↓

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW RAW現像デモンストレーション

今回は神戸・旧居留地の夜景写真をレタッチしました。もともとカラーで撮影した写真でしたがモノクロに仕上げることに。明るさやコントラストを調節して陰影を強調。シャープネスの調整でちょっと線の荒いガリガリした画像に仕上げました。

RAW現像した写真のビフォーアフター 編集前と編集後の比較

左:編集前 右:編集後

完成した写真

IMGC0020

動画編集について

動画編集用ではありませんがせっかくの4Kディスプレイなので4K動画の編集もしてみました。しかし、4K動画の編集にはすこし厳しくカクカクして大変でした。フルHDの編集であれば特にストレスなく快適に行えました。

動画編集の画面 DaVinci Resolve使用

DaVinci Resolveで動画編集 フルHDの編集なら快適に行える

バッテリーの持続時間について

バッテリーの持続時間は仕様書によると約3.8時間です。すこし短いですね。またRAW現像のような重たい作業をしているとこれよりもバッテリーの持続時間はより短くなると思います。

参考:iiyama PCノートパソコンのバッテリ動作時間測定条件について

ファンの音について

写真や動画の編集をしているとファンがしっかりまわります。この音がちょっと高音のためか耳障りです。これまで使ったパソコンのなかで一番うるさく感じました。家で作業しているぶんには許容範囲かもしれませんが、静かなカフェのような場所でこのパソコンを使うのはわたしは気が引けます。インターネットブラウザを開いたり、テキストエディタ、表計算ソフトを使うくらいであればファンはそんなに回りません。

iiyama SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの裏面

SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWのスペック詳細

基本スペックとベンチマーク

「SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」はパソコン工房にて販売されています。パソコン工房はBTOなので、基本構成から適宜カスタマイズして注文することができます。

今回わたしがお借りしたパソコンはカスタマイズ無しの基本構成です。販売価格は189,980円(税別・2019年1月5日時点)。

主なスペックは次の通りです。

  • CPU:インテル Core i7-8750H プロセッサー
  • グラフィックス:GeForce GTX 1060(ビデオメモリ6GB) / インテル UHD グラフィックス 630
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:M.2 SSD 250GB (NVMe対応・先着1500台限定で500GBに容量アップグレード) / HDD 1TB

CPUは「インテル Core i7-8750H プロセッサー」で6コア12スレッド、ベース動作周波数
2.20GHz(TB時最大4.10GHz)です。グラフィックスは「NVIDIA GeForce GTX 1060」。CPUとグラフィックスはカスタマイズの変更ができません。

CPUやグラフィックスなどのことがよくわからない人は次の記事をご覧ください。パソコン初心者のひとでもわかるように解説しています。

写真編集・RAW現像用のパソコンのおすすめスペック!CPU・グラフィックス・メモリはなにが必要?

この「SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」で性能を評価するベンチマークテストを行いました。パソコンの性能を客観的に評価できるようにした数値です。ひとつの目安なので、気になる人は参考にしてください。なんのことかよくわからない人は無視してもらって大丈夫です。数字が大きいほど性能が優れています。

PC Mark10 ベンチマーク

PC Mark10 ベンチマークスコア SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW

PC Mark10ベンチマークテスト結果 SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW
総合スコア 4595
 基本性能(Essentials) 7428
デジタルクリエイティブ総合スコア
(Digital Content Creation)
6052
 写真編集の能力(Photo Score) 6980
 動画編集の能力(Video Score) 4391
 3Dコンテンツ制作の能力
(Rendering and Visualization Score)
7234

総合スコアは平凡ですが、写真編集などデジタルクリエイティブ面でのスコアはとても高く評価されました。

このスコアはベンチマークソフトのPC Mark10を用いて算出しています。
「写真編集の処理能力(Photo Score)」は、サムネイルの読み込み、JPEGやPNGへの書き出し、バッチ処理、色やノイズの調整、マスク処理などを行いそれらの快適さを数値として換算。
「動画編集の処理能力(Video Score)」は動画のダウンスケールや、シャープネスの処理、ブレの補正などをすることでそれらの作業の快適さを数値として換算。
参考:PCMark10 Technical Guide.pdf

Crystal Disc Mark ベンチマーク

CrystalDiskMark SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW M.2 SSD ベンチマーク

SSD (NVMe対応) の読み込み速度・書き込み速度

メインのストレージはSSD (NVMe対応) なのでさすがのスコアです。重たい写真や動画のファイルでも高速に読み書きできます。

CrystalDiskMark SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW HDD ベンチマーク

HDDの読み込み速度・書き込み速度

CrystalDiskMark SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW SDカードリーダー ベンチマーク

SDカードリーダーの読み込み速度・書き込み速度

SDカードはSanDisk Extreme Pro 128GB UHS-Ⅱを使用しました。

おすすめのカスタマイズ

「SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」は先着1500台限定でメインのSSD容量が250GBから500GBに無料アップグレードされます。このSSDは高速なデータ転送を可能にするNVMe対応 M.2 SSDというもので、特に高級なのでこの無料サービスは大きいです。先着1500台限定とのことなのでお見逃しなく。

そのほかカスタマイズできる主なポイントとしてはメモリの増設(16GB → 32GB)です。メモリが足りないとパソコン本来の性能が出せなくなってしまうので、メインPCとして使いたい人はメモリを増やしておくと安心かもしれません。

あとはオフィスのソフトをセットで購入することもできます。

SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの詳細|パソコン工房

SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWはどんなユーザーに適しているのか

SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの良いところ

  • CPUが高性能(Core i7-8750H)
  • グラフィックスが高性能(GeForce GTX 1060)
  • 液晶ディスプレイの解像度が4K対応
  • 薄型でデザインがかっこいい
  • NVMe対応M.2 SSD搭載でデータの読み込み・書き込みが速い

SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAWの残念なところ

  • ファンの音がうるさい
  • 電源の持ちがあまり良くない
  • 液晶ディスプレイの色域が広くない(実測のsRGBカバー率93.0%)

RAW現像用パソコンとしてのパワフルな処理能力を備えていて、かつ4K液晶ディスプレイ搭載、薄型というのはほかにあまり類を見ないノートパソコンです。

ただし、薄型になっているためか熱処理に余裕がないようで写真編集・映像編集中のファンの音はうるさめ。クリエイターPCとして考えると色域の狭さもすこし気になります。

4Kのモバイルパソコンとして他の選択肢は、マウスコンピューターの「DAIV-NG7510シリーズ」や「DAIV-NG7630シリーズ」などがあります。こちらはずっと大きくて重たいですが、色域が広くファンの音もまだ若干ましです。NG7510シリーズなら電池持ちも良好です。サイズにこだわらなければこちらのほうがおすすめです。

4Kのノートパソコンでスタイリッシュな高性能パソコンを探している人にはiiyamaの「SENSE-15QX094-i7-RNRVI-DevelopRAW」は向いています。

パソコン工房 公式ウェブサイトで詳細を確認・見積もりをする

パソコンレビュー記事

おすすめデスクトップパソコン

パソコン購入ガイド

写真や動画データの管理について

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^