スポンサーリンク

桜の上手な撮影方法!作例を見ながら考えてみる

シェアする

春といえば桜!この季節は多くの人が花見を楽しんだり、きれいな桜を写真に撮ったりしていますよね。作例をご覧いただきながら、上手な桜の撮影方法について書いてみたいと思います。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。どうして桜ってこんなに心ひかれるのでしょうか。春はお花見にいきたくてそわそわしますね。カメラ片手にお花見に行ってきたので桜の撮り方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

桜写真の構図

接写してひとつの花を切り取る

アップで撮ればとりあえず失敗しません。ごちゃごちゃと余計なものを写さずに花だけを撮ってみましょう。

一輪の桜

たくさんの花の中から特にきれいに咲いているものを選ぶのがポイントです。マクロレンズがあると特にきれいに撮れます。

参考:マクロレンズの選び方とキヤノン一眼レフカメラ用おすすめレンズ紹介

枝一本だけを切り取る

先ほどより少しだけひいて撮ります。この際は接写のときよりもより慎重に背景を選んでやる必要があります。

桜

グリーンを背景にすると桜のピンクがよく映えます。また逆光気味に木漏れ日が差しているところ狙うと玉ボケが入ってきれいです。

水辺の遊歩道うおざきにて

背景を変えるとがらっと印象が変わります。
※この写真は桜ではなくてアーモンドの花なのですがよく似ているので作例に選びました。

桜の枝

幹から生えた桜を撮る

上ばかり見あげていると見落としがちですが、桜は下の方の幹の横から花が生えていることもあります。こういった花にも儚げなかわいらしさがあるのでぜひ撮ってみましょう。

人見知りな桜。

桜の木を少しはみ出るくらいで切り取る

桜の木全体を写真におさめる際は、もちろん全部入れて若干の余白をつくってやっても良いのですが、少しはみ出るようにフレーミングすると迫力が出ます。

香雪美術館前の桜

香雪美術館(阪急御影駅近く)前にて

ポーアイ北公園の桜

ポーアイ北公園にて

弓弦羽神社にて

しだれ桜の枝垂れてる部分だけを切り取る

弓弦羽神社にて

しだれ桜は枝が垂れている形がきれいなのでその部分だけ切り取るのもありです。

弓弦羽神社にて

額縁構図

桜の枝や花を額縁に見立ててフレーミングするのもよくある手法のひとつです。

神戸大橋と桜

神戸大橋と桜

桜撮影のアイデア

他の花と合わせてみる

夙川にて

春は桜以外にも様々な花が咲きます。組み合わせてフレーミングしてやると春らしさが際立ちます。

須磨浦公園にて

人の気配を入れてみる

夙川にて

桜といえばお花見です。お花見を楽しんでいる人たちを写真に入れてみるとその場の雰囲気がよく伝わります。

夙川にて

川沿いに腰掛けてお花見を楽しんでいらっしゃる人たちが並んでいたのでその足の部分を切り取ってみました。

水辺の遊歩道うおざきにて

犬の散歩中。これもアーモンドの花ですね。

しだれ桜とお参りする人

弓弦羽神社(神戸市・東灘区)にて

こちらは枝垂れ桜を前景にして、奥にお参りする人をいれてみました。

建物と一緒に撮る

弓弦羽神社(神戸市・東灘区)にて

桜の名所には史跡がよくあります。それらの建物と一緒に構図に入れてみるのもありです。お城と一緒に撮るのも良いですね。

大阪城と桜 桜ノ宮にて

大阪城と桜 桜ノ宮にて

こういうシチュエーションでは望遠レンズが活躍します。上の大阪城の写真は焦点距離200mm(フルサイズ換算約320mm)で撮影しました。

白鶴美術館前にて

瓦と桜

香雪美術館(阪急御影駅近く)前にて

乗り物と一緒に撮る

鉄道好きの人はぜひ列車と桜を撮ってみてください。電車と桜はもはや定番の組み合わせです。

須磨浦公園の桜

須磨浦公園にて

阪急電車と桜

夙川にて 桜と阪急電車

望遠レンズを使えば飛行機と桜を一緒に写真におさめることもできます。

飛行機と桜

大阪 桜ノ宮にて

桜を撮る様子を撮る

桜を撮るだけではなく、その撮影している様子を撮ってみてはいかがでしょうか。微笑ましい姿がよく見られます。

王子動物園「夜桜通り抜け」にて

弓弦羽神社参道にて

キラキラした玉ボケ写真を撮る様子

大阪 桜ノ宮にて

雨の日の桜を撮る

雨の日は桜が散ってしまうのが心配で残念な気分になりますよね。でも雨の日の桜もきれいなんです。

王子動物園「夜桜通り抜け」にて

桜と傘のコラボレーション。これも雨の日だからこそ撮れる写真です。

映り込み(リフレクション)を利用する

水辺の遊歩道うおざきにて

雨が降ってできた水たまりや、川の水面に映る桜も一緒にフレーミングしてみましょう。
※例のごとくこれはアーモンドの木です。

リフレクションは水面だけではありません。探してみると色んなところに見つかって楽しいですよ。

桜のトンネルにて車のリフレクション

神戸市・灘区の桜のトンネルにて

ミラーと桜 香雪美術館前

香雪美術館(阪急御影駅近く)前にて

桜並木・桜のトンネルを撮る

神戸市・灘区の桜のトンネルにて

桜の木が続く桜並木や桜のトンネルはもうそれだけで美しいです。広角レンズで遠近感を表現したり、望遠レンズで圧縮効果を狙うとまた楽しいです。圧縮効果についてはこちらの記事で解説しました(参考:望遠レンズで上手に撮影する方法・コツ【おすすめ望遠レンズ紹介】)。

桜のトンネルにて

神戸市・灘区の桜のトンネルにて

花筏を撮る

夙川にて

桜のある川辺では水面に桜の花びらが浮かんでいます。それをNDフィルターと三脚をつかってスローシャッターで撮ると、花びらの動きがゆるやかな線になってつながります。

上の写真はシャッタースピード6秒です。絞りが8で、ISOが100。ND400のフィルターを付けています。

夙川にて

あまり上手な作例がなくて恐縮ですが、ユニークな写真が撮れるので挑戦してみる価値はあると思います。

この撮影には次の機材を用いました。

Kenko NDフィルター ND400
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

NDフィルターをご購入の際はフィルター径がご自身のお持ちのレンズに合うものをお選びください。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI EVO
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

まとめ

同じような場所でも撮り方を少し変えると印象が様変わりします。ぜひ皆さんも自分なりに試してみながら桜の撮影を楽しんでみてください!私ももっと練習して良いアイデアが浮かんだらまた記事に書いて共有したいと思います。

関連記事

いよいよ桜の季節到来!お花見はもちろんカメラ好きの方にとっては最高の被写体ですね。神戸やその近郊でおすすめしたい桜のきれいな場所や、人気のある桜の名所をご紹介します。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^