スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会おすすめ観覧スポットまとめ22選

シェアする

神戸の港町を美しく彩る花火大会の季節が近づいてきました。例年多くの人が楽しみにしている「みなとこうべ海上花火大会」の第47回が2017年8月5日(土)に開催されます。花火大会を満喫するためのおすすめ観覧スポットをご紹介します。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。今年はどこから花火を見ようかと検討中のAkiです。同じように迷っている人もいると思うので、花火の観覧スポットについてまとめました。

おすすめスポットをまとめたオリジナルのグーグルマップもあるのでご活用ください。観覧スポットを海側と山側に分けてご紹介します(神戸にお住いの方には馴染みのある分類の仕方だと思います^^)。

スポンサーリンク

第47回みなとこうべ海上花火大会の基本情報

第47回みなとこうべ海上花火大会

日時:平成29年8月5日(土)19:30~20:30
荒天中止(順延無し)/ 中止決定は当日15時
打上場所:神戸港(新港突堤~メリケンパーク南側海上より)

大会公式サイト:http://kobehanabi.jp

お問い合わせ先:神戸市イベント案内・申込センター(8:00~21:00)TEL:078-333-3372
花火開催の有無についてのお問い合せは TEL:0180-991-270(音声案内:当日のみ・15時以降)

プログラム内容:https://kobehanabi.jp/about/program.html

*当日の会場近くは交通規制がかかります。車での来場は控えて電車などの公共交通機関の利用をおすすめします。

おすすめ花火観覧スポット【海側】

打ち上げ場所が神戸港の辺りメリケンパーク沖の海上なので、その近辺は定番で人気の観覧スポットが多くあります。このエリアのメリットは、大迫力の花火を堪能できること。デメリットは、良い観覧スペースを確保するには時間に余裕を持って早い時間から来なければならないこと、人混みの中を歩かなければならないことなどです。

場所取りが嫌な人は、有料席のチケットを購入したり、花火を見られるホテルやレストラン、クルーズを予約するという選択肢もあります。海側の観覧スポットは花火大会の公式ホームページにも案内があるので合わせてご覧下さい。

メインエリア

花火打ち上げ場所の神戸港近くのエリア

メリケンパーク

花火を正面で楽しめる絶好の観覧スポットです。屋台が立ち並び、イベント進行のナレーションも聞くことができます。

ハーバーランド モザイク前

大型商業施設umieがあるハーバーランド。海に面したモザイク前は花火の観覧にうってつけです。

第一突堤

協賛企業・団体向けの席があるほか、無料でも入れるスペースがあります。

第二突堤

第二突堤には、一部協賛企業向けの席や、個人で購入出来る有料席があります。一般向けの有料チケットは事前申し込みで3100円、当日券で3600円です。自由席ですが、無料の観覧場所に比べるとスペースの確保が格段に楽なので、ゆっくり観覧したい方や、花火大会に少しでも資金援助したい方は有料席がおすすめです。
第二突堤席
画像出典「みなとこうべ海上花火大会 公式HP

有料席についてはこちらを参照ください→「一般(個人)花火サポーター募集」
また、有料スペースだけでなく無料で観覧できるスペースもあります。

第三突堤

第一、二突堤に比べると人数が少なめでおすすめです。

第四突堤

一般向けの有料席の一部がこちらにあります。

ポートアイランド しおさい公園

日頃からハーバーランドの美しい景観を眺められる人気スポット。花火大会の観覧場所としても最高です。

動画出典「Youtube orihihc1219さん」

ポートアイランド 北公園

しおさい公園と比べると人が少なくおすすめの穴場観覧スポットです。

兵庫埠頭

華やかな会場近辺の観覧スポットからは離れていますが、そのおかげで人が少なく、花火がよく見える穴場の観覧スポットです。

動画出典「Youtube 1108Myvideoさん」

ホテル・クルーズ

花火を見られるホテルの部屋や、レストラン、クルーズなどが神戸港の近くにあります。ただし、早い段階で予約が埋まってしまいます。

神戸ポートピアホテル

公式HP

ホテルオークラ神戸

公式HP

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

公式HP

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド

公式HP

ホテルクラウンパレス神戸

公式HP

コンチェルト

公式HP

おすすめ花火観覧スポット【山側】

神戸の地形の特徴の一つは、山と海の距離が近く山から港町を展望できることです。このため山側からも、花火を観覧できるスポットが多くあります。山側にお住いの方の中にはご自宅や、近所の公園から花火を楽しめる方もいらっしゃることと思います。山側は人気の観光地でも、花火大会の日は意外と人が少なく穴場になっていることも多いです。

メリットは、海側に比べ人が少なくゆっくり落ち着いて観覧できること。デメリットは、花火会場と距離があるので海側ほど花火の音を体で感じたり、頭上に降ってくるような迫力ある花火の楽しみ方は出来ないことなどです。花火の種類によっては見づらかったり、見えないものもあります。

中央区(北野)

布引ハーブ園

観光地、レジャースポットとして人気の布引ハーブ園からも花火が見えます。ゆっくりとデートを楽しみながら花火を見たいという人におすすめです。
公式HP

ヴィーナスブリッジ 諏訪山公園展望台

デートスポットとして有名なヴィーナスブリッジからも花火が見えます。

北野 港みはらし台

北野の異人館街の端にある穴場の観覧スポットです。

ウェブサイト

神戸北野天満神社

三宮から北野坂を登っていった先にある神社です。歩くのが大変ですが眺めがよく神戸港がよく見えます。

公式HP

六甲山・摩耶山

摩耶山 掬星台

日本三大夜景スポットの一つに数えられる摩耶山の掬星台。美しい神戸の夜景と花火を同時に楽しめるおすすめスポットです。

ウェブサイト

六甲山天覧台(六甲山上展望台)

山側からの花火観覧スポットとして近年注目されているのがこちらのスポット。
公式HP

動画出典「Youtube kinoyosさん」

六甲ガーデンテラス

展望台のほか、ショップやレストランが並ぶおすすめレジャースポットです。花火を見れて買い物や食事も楽しめます。
公式HP

みなとこうべ海上花火大会おすすめ観覧スポット地図

上でご紹介したおすすめ観覧スポットの位置をまとめた地図を作りました!

まとめ 花火撮影をされる方へ

「みなとこうべ海上花火大会」のおすすめ観覧スポットをご紹介させていただきました。皆さんの好みにあった場所で花火大会を堪能してください。当日は無事晴れると良いですね!

カメラ好きの皆さん、花火を楽しみたいのはもちろんだけど、花火をキレイに映像におさめたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?実は私もです^^

ここで注意していただきたいのが三脚の置き場所です。三脚はどうしてもスペースを取ってしまうもの。他の人の観覧の邪魔になったり、置く場所によっては、ふとしたことで三脚が倒れて人に当たってしまい危ないです。そのため観覧場所によっては三脚使用可能エリアが定められています。三脚を使った撮影を予定されている方は、そこが三脚を使用しても良い場所かよく確認してください。マナーを守って自分も周りの人も快適に花火を楽しみたいですね。

関連記事

2017年8月5日に開催された「第47回みなとこうべ海上花火大会」を見に行ってきました。写真や動画を撮りましたのでぜひご覧ください! 花火大会の写真 写真は最近買ったばかりのEOS...

神戸の港町を照らす花火 8月6日に第46回みなとこうべ海上花火大会が開催されました。ポートアイランドの北公園から写真と動画を撮影したのでご紹介します! #みなとこうべ海上花火大...
8月6日に「第46回みなとこうべ海上花火大会」が開催され、その撮影に行ってきました。今回の生地では花火撮影の機材とテクニックについて取り上げます。写真も動画も撮影しましたのでその両方について書きます。...
8月6日に「第46回みなとこうべ海上花火大会」が開催され、私もその撮影に行ってきました。撮影にあたって勉強したり試行錯誤したことをご紹介すべく、花火撮影の機材とテクニックについて書いてみます。こちらの...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^