マウスコンピューターDAIV-NG4300新発売!14型で重さ約1kgのクリエイターPC

スポンサーリンク

マウスコンピューター DAIV-NG4300

質量約1kgのコンパクトなノートパソコン「DAIV-NG4300」が2019年6月24日に新発売となりました。実機を使わせてもらうことができたのでDAIV-NG4300の特徴と第一印象の感想をレビューとしてお伝えします。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。マウスコンピューターから発売されたばかりのDAIV-NG4300。先日東京のマウスコンピューター本社まで取材にうかがわせてもらった時に発売に先がけてDAIV-NG4300を使わせてもらうことができました。

公式ウェブサイト:DAIV-NG4300シリーズ 軽量/薄型/コンパクトなクリエイティブノートパソコン(PC)|DAIV マウスコンピューターのクリエイター・エンジニア向けPCブランド【公式】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DAIV-NG4300の主なスペック

CPUはインテルCore i7-8565Uプロセッサー、グラフィックスはNVIDIA GeForce MX250を搭載。メモリは8~16GB、ストレージはSSDを最大1TBまで搭載可能です。

ノートPCとしては比較的性能の高いCPUを搭載して、グラフィックスボードも載っています。マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランドであるDAIVの製品です。つまり画像やイラストの制作、写真・動画編集などの重たい作業をすることも想定されて設計されたクリエイター用パソコン。ただし、非常に高度でプロフェッショナルな作業用というよりは、持ち運びのしやすさをより重視して、軽快に編集作業を行いたい人向けのPCです。

DAIV-NG4300の特徴

薄型・ナローベゼルでコンパクトなサイズを実現

マウスコンピューター DAIV-NG4300

こちらがDAIV-NG4300。サイズは幅320.2mm×奥行214.5mm×高さ17.5mmです。本体重量約 1.13kg

筐体にはマグネシウム合金が用いられており、堅牢かつ軽量なボディを実現しました。他社からも似たようなサイズのパソコンは出ているのですが、その多くが安いアルミニウム素材のために重たくなってしまっています。その点マウスコンピューターのDAIV-NG4300はマグネシウム合金なので丈夫で軽いです。触った質感も心地よく良い素材を用いていることがわかります。

マウスコンピューター DAIV-NG4300

マウスコンピューター DAIV-NG4300 横から見た状態

横から見るととても薄型なPCであることがよくわかります

マウスコンピューター DAIV-NG4300 ナローベゼル

ディスプレイの縁が狭くスタイリッシュなナローベゼルデザイン

PCを開くと蓋の部分のほぼ全面がディスプレイになっています。このようなナローベゼルのデザインにすることで、ディスプレイの表示面積は大きくしながらもパソコンのサイズを小型化できています。ディスプレイは14インチ相当でありながらパソコンのサイズは一般的な13インチのパソコン並みに小さいです。

マウスコンピューター DAIV-NG4300 ナローベゼル

ベゼルが小さいと画面が大きく見えます

DAIVシリーズはクリエイター向けなので一般的なノートPCよりも広い色域で見やすいディスプレイを搭載しています。

MacBook Pro2016(15インチモデル)と重ねてサイズを比較してみました。

マウスコンピューター DAIV-NG4300とアップルMacBook Pro2016 15インチサイズの比較

サイズの比較 上:マウスコンピューター DAIV-NG4300 下:アップル MacBook Pro2016 15インチ

マウスコンピューター DAIV-NG4300とアップルMacBook Pro2016 15インチサイズの比較

MacBook Proはクリエイター向けのPCとしては非常に薄型なパソコンで有名ですが、それと比べてもコンパクトさは遜色ないですね。

バッテリー持ちは約14.7時間

マウスコンピューターの公式ウェブサイトに記載されている仕様によるとDAIV-NG4300のバッテリー持続時間は約14.7時間です。現在のDAIVシリーズのなかで最も長い時間バッテリーが持ちます。実際に画像編集や動画編集などの重たい作業をするとなるとおそらくこのバッテリー持続時間はもう少し短くなるはずですが、それでもポテンシャルとして半日以上使えるバッテリー持続時間は非常に魅力的です。

DAIV-NG4300は電源アダプターも小型です。

マウスコンピューター DAIV-NG4300本体と電源アダプター

電源アダプターも小さい。サイズの比較としてコンデジのGR3を並べてみた。

クリエイター向けPCのDAIVは高性能なあまり電源消費が大きく電源アダプターも大型でお弁当のようなものが多かったのですが、DAIV-NG4300は非常に小型です。面積的にはスマホと同じくらい。スマホよりは分厚さがあるので、モバイルバッテリーやコンデジくらいの感覚です。

キーボードが打ちやすい

マウスコンピューター DAIV-NG4300のキーボード

キーボードは10キーが非搭載で、そのぶんキーの間隔がゆったりとしています。コンパクトなパソコンにありがちなのがキーがぎゅっと詰まっていて打ちづらさがあるという問題。DAIV-NG4300はあえて10キーを省くことでキーピッチを広くとっています。

実際にしばらくタイピングさせてもらったのですが、キーの配列に特に変なクセもなく打ちやすかったです。またキーがしっかりと沈む感触が得られるのもDAIV-NG4300の特徴でしょう。MacBookなどの薄型PCにありがちなのがまるで板をたたいているような浅いキーです。これが好みの分かれるところでなかには苦手な人もいますが、DAIV-NG4300はしっかりとキーを打っている感触です。

※DAIV-NG4300はキーストロークが約1.4mm、キーピッチが約18mm。

インターフェイスは平均以下かも

マウスコンピューター DAIV-NG4300 右側面

右側面

右側面には電源端子のほか、HDMI端子、USB Type A端子(USB3.0)、USB Type C端子(USB3.0)があります。

マウスコンピューター DAIV-NG4300 左側面

左側面

左側面にはインターネット接続に使えるLAN端子、USB Type A端子がふたつ(USB2.0と3.0)そしてヘッドフォン用の音声出力端子があります。

個人的に気になったのがSDカードスロットがないことです。クリエイター向けのパソコンでありながらSDカードの挿し口がないのはとても残念でした。

外付けSDカードリーダー

SDカードの接続には別途カードリーダーが必要

外付けのカードリーダーを別に持ち運ばなければならないのはすこし面倒に感じます。ただ外付けのリーダーならUHS-Ⅱ対応の高速リーダーを使えるのでそれはそれで良いかもしれません。

参考:UHS-II対応のSDカードリーダー(USB-C接続)を購入したのでレビュー

また外部への映像出力はHDMIがひとつだけです。HDMIがあれば多くのディスプレイに対応できますが、人によってはもうひとつくらいDisplayポートやMini Displayポートがほしいと感じるかもしれません。

DAIV-NG4300の販売ラインナップ

表:DAIV-N4300のラインナップ(2019年6月24日時点)

モデル名 価格(税別) メモリ SSD
DAIV-NG4300E1-S2 129,800円 8GB 256GB
DAIV-NG4300S1-S5 139,800円 8GB 512GB
DAIV-NG4300H1-M2S5 149,800円 16GB 512GB NVMe対応
DAIV-NG4300U1-M2S10 159,800円 16GB 1TB Samsung PM981a NVMe対応

※CPUはインテルCore i7-8565U、グラフィックスはGeForce MX250で共通。
※このほかDAIV-NG4300H1-M2S5と同じスペックで、Microsoft Officeがセットでお得なモデルのDAIV-NG4300H1-M2S5-Bがあります。

個人的には「DAIV-NG4300H1-M2S5」が特にバランスが優れていて良いと思いました。写真や動画を編集するならメモリは16GBあったほうが良いと思います。

参考:RAW現像・写真編集用のパソコンのおすすめスペック!CPU・グラフィックス・メモリはなにが必要?

DAIVの上位機種と比べると拡張性に乏しいです。メモリが32GB以上ほしかったり、ストレージを2基以上使いたい人はより大型で上位のパソコンを選んだほうが良いかもしれません。例えばDAIV-NG5520DAIV-NG5810などがあります。

ちなみにDAIV-NG4300は基本的なデザインが「m-Book X400」シリーズと同じです。「m-Book X400」はマウスコンピューターから1000台限定で販売されていますが、DAIV-NG4300はこれの上位スペックにあたるモデルです。DAIVのほうがCPU、グラフィックスがハイグレードのものを搭載していていかつディスプレイもより良いものを積んでいます。一般的には安い「m-Book X400」が注目されているようなのですが、個人的にはより性能の良いDAIV-NG4300もこれから人気が出るのではないかと予想しています。

DAIV-NG4300に対する個人的な感想・レビュー

DAIV-NG4300は写真や動画編集などちょっと重たい作業をしたくて、かつできるだけ持ち運びが楽なパソコンが良いという人にぴったりのノートPCです。

わたしは実際にDAIVのデスクトップPCを使っているDAIVのファンなのですが、DAIVのノートPCは大型で重量級のものが多くて個人の好みとしては「買いたい」とまで思えるものがありませんでした。ですが今回のDAIV-NG4300はつい買ってしまいそうになる性能に仕上がっています。

スペック的には今使っているMacBook Proとだいたい同じくらいなので出先で写真や動画編集をしたりブログを書くぶんには特に困りません。そしてよりコンパクトにできて長時間使えるようになるのはとても魅力的です。またインターフェイスもMacBook Proより使いやすく多機能。そしてMacを買うよりずっと安い。ほしい…

DAIV-NG4300とコーベアー

DAIV-NG4300の良いところ

  • CPUがそこそこ高性能(Core i7-8565U)
  • グラフィックスカード搭載(GeForce MX250)
  • 14型のそこそこ大きいディスプレイ
  • スリムでコンパクト、軽い
  • バッテリー持続時間が長い

DAIV-NG4300の残念なところ

  • SDカードリーダー非搭載
  • 外部への映像出力がHDMIのみ
  • ※液晶ディスプレイの色域が?(仕様書ではNTSC比 約72%でsRGB比 約102%に相当とのこと。カバー率の記載はないがsRGBカバー率はおよそ約90%と見込まれる。MacBook Proよりは狭いはず。色域は実測したわけではないので今後わかりしだい情報を更新します)

またマウスコンピューターは国内生産で、サポート24時間体制の安心のBTOパソコンメーカーです。マウスの手厚いサポートは頼りになります(参考:マウスコンピューターは日本の会社って知ってた?どんな企業なのか詳しく解説します)。わたし自身マウスコンピューターのDAIVを購入して実際に使っています(機種はデスクトップのDAIV-DGZ530S2-KBFD)。性能ももちろん大事ですが安心して使うことができるのが特に購入の決め手でした。

DAIV-NG4300シリーズ詳細を確認 マウスコンピューター公式ウェブサイト

マウスコンピューター関連記事

マウスコンピューターさんと当サイトのコラボパソコンが販売されています。RAW現像や動画編集に向いている高性能パソコンを特別価格でご購入いただけます。

→ マウスコンピューターDAIVとコラボモデルを発売!わたしの理想のパソコンを作ってもらいました
販売ページ:神戸ファインダー × マウスコンピューターDAIV コラボモデル
参考:消費者目線で見てマウスコンピューターDAIVコラボモデルの評判ってどうなの?

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramLINE@などでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました