スポンサーリンク

HDR対応4Kディスプレイがいまアツい!LGとBenQの新製品が注目

シェアする

LGの「27UK850-W」(2018年2月14日発売)やBenQ「SW271」(2017年12月21日発売)など、HDR動画に対応した4Kディスプレイが新しく登場しています。いずれもハードウェアキャリブレーション対応のカラーマネジメントモニターでありながら比較的手頃な価格です。これら新製品が類似製品とどう違うのか、HDR動画対応とはどのような機能なのか解説します。

4K HDR対応モニター

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。最近映像の取り扱いに優れたディスプレイで手頃な価格のものが増えています。注目が集まるHDR対応の4Kディスプレイをご紹介します。

スポンサーリンク

LG モニター ディスプレイ 27UK850-W

2018年2月14日発売予定のLG「27UK850-W」。1月24日にプレスリリースで情報が公開されました。4Kでハードウェアキャリブレーションに対応したカラーマネジメントモニターです。「27UK850-W」はさらにHDR動画に対応し、スピーカーも付いています。

LG「27UK850-W」の主な特徴

  • 色域sRGB99%対応
  • HDR対応 (HDR10)
  • 4K
  • ハードウェアキャリブレーション可能
  • IPSパネル
  • ノングレア
  • 遮光カバー無し
  • USB-C有り 電源供給可能
  • HDMI×2 Display Port×1
  • スピーカー有り

公式ウェブサイト:27UK850-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン

メーカーの予想実売価格は82,000円前後。具体的な販売価格については下記ショッピングサイトのリンクよりご参照ください。

「27UK850-W」と「27UD88-W」の比較

LGは以前から4Kのカラーマネジメントモニターとして「27UD88-W」という機種を販売しています。

「27UD88-W」はUSB-typeCに対応し、データ転送・画像出入力・電源供給をケーブル1本で行えます。また画面枠の縁がほとんどないベゼルレスデザインも好評を博しています。これらの特徴から特にMacユーザーから人気の高いモデルです。

新発売の「27UK850-W」は「27UD88-W」とよく似ており上記の特徴を兼ね備えています。両機種の主なスペックを表で比べました。

27UK850-W 27UD88-W
色域 sRGB99%対応 sRGB99%以上対応
HDR 対応 (HDR10) 非対応
解像度 4K 4K
ハードウェア
キャリブレーション
可能 可能
パネル IPSパネル IPSパネル
グレア/ノングレア ノングレア ノングレア
遮光カバー 無し 無し
USB-C 有り(電源供給可能) 有り(電源供給可能)
スピーカー 有り 無し

両機種ともハードウェアキャリブレーション可能で色域はsRGBに対応。解像度も4Kと同等です。違いとしては新製品の「27UK850-W」がHDR10に対応して、スピーカーも備えるようになりました。

LG公式サイトにも比較ページがあり、細かいスペックの違いを確認できます。上の表でまとめた以外にはサイズなどで細かな違いがあるものの、基本的には「27UK850-W」のほうがスペックとしては優れています。

両機種は価格も近いです。「27UD88-W」の価格については下記の各種ショッピングサイトにてご確認ください。

公式ウェブサイト:27UD88-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン

他にも類似製品としては、1月26日(金)発売の「27UK650-W」が下位モデルとしてあります。こちらはハードウェアキャリブレーション非対応。映像の編集を行わないのであればこのような下位モデルも選択肢としてありかもしれません。

公式ウェブサイト:27UK650-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン

BenQ 27型 4KカラーマネジメントディスプレイSW271

BenQからも2017年末に新しいカラーマネジメントディスプレイが登場し注目を集めています。それが「SW271」です。「SW271」は同社の人気製品「SW2700PT」のグレードアップ版となっています。

「SW271」や「SW2700PT」などBenQ製品のすごいところはAdobeRGB99%対応という広色域ディスプレイであること。「SW271」ではさらにHDRに対応し、解像度も4Kとより高精細になりました。

BenQ「SW271」の主な特徴

  • 色域AdobeRGB99%対応 sRGB100%対応
  • HDR対応 (HDR10)
  • 4K
  • ハードウェアキャリブレーション可能
  • IPSパネル
  • ノングレア
  • 遮光カバー付き
  • USB-C有り 電源供給は不可
  • HDMI×2 Display Port×1
  • スピーカー無し

公式ウェブサイト:BenQ 4K 27型 カラーマネジメントディスプレイ SW271 | BenQ Japan

「SW271」と「SW2700PT」の比較

新製品の「SW271」は「SW2700PT」の上位互換とも言える製品です。

SW271 SW2700PT
色域 AdobeRGB99%対応 AdobeRGB99%対応
HDR 対応 (HDR10) 非対応
解像度 4K 2K
ハードウェア
キャリブレーション
可能 可能
パネル IPSパネル IPSパネル
グレア/ノングレア ノングレア ノングレア
遮光カバー 有り 有り
USB-C 有り(電源供給不可) 無し
スピーカー 無し 無し

「SW271」と「SW2700PT」の主な違いは、解像度、HDR動画の対応、そしてUSB-Cの有無です。

上で紹介したLG製品と比較すると、AdobeRGBに対応した広い色域であることや遮光カバーが付属するのがBenQのディスプレイのメリットです。一方LG「27UK850-W」にあるようなスピーカーは無く、電源供給可能なUSB-Cもありません。

「SW2700PT」は安い価格の広色域カラーマネジメントディスプレイとして非常に人気があります。

BenQ 27型WQHD/QHDカラーマネジメントディスプレイSW2700PT | BenQ Japan

レビュー記事も書きました。

BenQのPC用ディスプレイ「SW2700PT」は、AdobeRGBカバー率99%で、ハードウェアキャリブレーションにも対応。まさにフォトグラファーのニーズに応えたカラーマネジメントモニターです。約一...

最近のトレンド「HDR動画」とは

LG「27UK850-W」とBenQ「SW271」はいずれもHDR動画に対応しています。

HDRとは”High Dynamic Range”(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略称。明暗差のある映像をよりダイナミックに映し出すことができます。

HDR動画と非 HDR動画のイメージ比較

画像:BenQ 4K 27型 カラーマネジメントディスプレイ SW271 | BenQ Japan

人間の目は明るい部分や暗い部分の微妙な差を見分けられるほど非常に優れています。一方カメラでは一定以上明るいとすべて真っ白になってしまったり(白飛び)、暗すぎると全部黒一色になってしまっていました(黒つぶれ)。カメラで記録する映像には、明るいところと暗いところの表現に限界があるのです。

HDRなら明暗の差がより忠実にダイナミックに

画像:27UK850-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン

その明暗差の限界を広げる技術が「HDR」です。もともと写真では以前からよく利用されていた技術でしたが動画への応用はあまり進んでいませんでした。近年は徐々にHDR動画を撮影できるカメラが増え、それに対応するテレビやPCディスプレイも合わせて増えてきています。

動画再生サービスにもHDRの波はきており、例えばYouTubeもHDR動画に対応しました。

HDRの対応規格はHDR10

HDR動画には「HDR10」や「HLG」「Dolby Vision」(PQ)などの規格があります(参考:4Kテレビ選びの重要ワードHDR=「HDR10」「Dolby Vision」「HLG」って何? – 価格.comマガジン)。

現在テレビやモニターにおけるHDR対応はほとんどHDR10対応を意味しています。そしてLG「27UK850-W」もBenQ「SW271」もHDR10に対応です。

ただし製品の説明には、HDRではない映像やHDR10以外の規格の動画でもHDR効果を有効にして表示できるとの記載があります。

LG HDRエフェクト

画像引用:27UK850-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン

※HDRで撮影されていないコンテンツでもHDRモードを有効にすることができます。SW271はHDRの性能をエミュレートすることで、視聴体験の品質を向上させます。
※HDRでのご視聴は、コンテンツそのものに依存する場合があります。対応解像度が異なる場合、またはHDR規格外の場合でも、輝度とコントラスト比を自動的に高める(HDR:エミュレートと表示されます)ことで、臨場感のある映像美を体験できます。

BenQ 27型 4KカラーマネジメントディスプレイSW271  特長 | BenQ Japanより引用

HDR動画を撮影できるカメラ

現在はHDR収録してそのまま出力できるカメラも増えています。例えばパナソニックのミラーレスカメラ「Lumix GH5」は動画撮影に人気のあるカメラでHDR撮影にも対応しています(当サイトでも何度か取り上げて紹介しているカメラです)。

参考:4K HDR動画記録|DC-GH5|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

パナソニックのGH5のHDR動画の規格は「HLG」なので、上で紹介したディスプレイのHDR規格とは異なる規格となっています。厳密なカラー調整を考えるとこれらの対応規格についても今後は考えていかなければならないかもしれません(参考:[いまさら聞けない用語集]#01 HDR編~動画のHDRはこれから – PRONEWS)。

パナソニックLUMIX DC-GH5をレンタル – レンタル館

まとめ

HDR動画に対応した4Kディスプレイをご紹介しました。LG「27UK850-W」もBenQ「SW271」も映像を取り扱う人にとってはかなり注目の新製品です。ハードウェアキャリブレーション対応のモニターが必要な人にはかなり魅力的な商品ではないでしょうか。特に動画を撮影したり編集する人はディスプレイのHDR機能も要チェックです。

私はLG「27UK850-W」を買おうか気になっています…もともと「27UD88-W」の購入を検討していたのですが新製品の登場で気持ちが揺らいでいます。モニターについては次の記事も合わせてご覧ください。

BenQのPC用ディスプレイ「SW2700PT」は、AdobeRGBカバー率99%で、ハードウェアキャリブレーションにも対応。まさにフォトグラファーのニーズに応えたカラーマネジメントモニターです。約一...
写真のRAW現像やレタッチをするならぜひ気にしてほしいのがパソコンのモニターです。もし安価なノートパソコンのディスプレイを見て漠然とRAW現像・レタッチをしているのであれば要注意。写真の色をきちんと表...
神戸ファインダーを運営する私Akiが所有している機材紹介「パソコン・レタッチソフト編」(2017年〜2018年版)です。愛用しているパソコン、ディスプレイ、レタッチ・画像編集ソフト、プリンター、ライテ...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^