スポンサーリンク

初日の出・朝日の撮影方法と上手に撮るコツ

シェアする

初日の出の撮影に元旦からポートタワーへ行ってきました。朝日の撮影に際して調べた注意点や、撮影してみてわかったポイントについてご紹介します。初日の出は年1回のチャンスですが、朝日は毎日のぼります。日の出の時間は空の色が刻一刻と変化して非常に美しいのでぜひ撮影にトライしてみてください。

初日の出の写真や動画はこちらからもご覧頂けます。
https://kobefinder.com/firstsunrise2017porttower/

スポンサーリンク

事前に調べるポイント

撮影場所

日の出が見えるスポットを探しましょう。日本中どこでも見られますが見晴らしが良い場所、きれいな景色の場所が良いですよね。展望台のような場所でも良いですし、水平線の見える海の近くも良さそうです。

神戸の場合、掬星台やポートタワーとか色々ありそうですね。よくよく考えてみたら以前記事にした神戸の夜景スポットともかぶる気がします。どこで朝日を見ようか考えていらっしゃる方はぜひこちらもご覧ください。
https://kobefinder.com/nightscenery/

日の出の時間

日の出の時間は季節や場所によって異なります。元日の初日の出は神戸市の場合だいたい朝7時になるようです。
日の出 時間 場所名でググれば具体的な時間がわかります。

当日は日の出1時間前には現地に到着するのがおすすめです。太陽が出る45分くらい前からあたりは明るくなっていきます。その時間は「ブルーアワー」と呼ばれていて幻想的な美しさがあります。せっかく朝日の撮影にいくのであれば、この時間帯の空や風景も撮りましょう。

太陽の出るおおまかな位置

太陽は東から昇るというのは誰もがわかっていることですが、意外と具体的な場所までは分からないものです。また日が昇る位置は季節によっても変わるので注意が必要です。できれば事前に現地で日の出の場所を確認できるとよいですが、分からない場合はアプリなどを使って確認する方法があるようです。

元日の初日の出は南寄りの東になります。

日の出の方位は、日々変わっています。日の出の位置は、12月から6月の半年間で60度近く日の出の位置が変わり、1年間で1往復することになります。 日の出の方角は、昼と夜の長さが同じの春分の日(3月21日)が真東。その後徐々に北側へ移動し夏至(6月21日)でもっとも北に行き、それから徐々に東に戻って秋分の日(9月23日)でまた昼と夜の長さが同じになり、今度は南側に移動して冬至(12月22日)でもっとも南にいき、再び東へと戻っていきます。
引用元:
http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/filter/kaneko/hinode_01.html

機材・持ち物

カメラ

絶対に必要なのはカメラですよね。一眼レフやミラーレスカメラはもちろん、スマホでもきれいに撮れるのでおすすめです。
ちなみに一眼レフユーザーの人はファインダーで太陽をのぞくと目を痛める恐れがあるので太陽を撮るときはライブビューモードがおすすめです。

初心者用おすすめ一眼レフカメラはこちら

レンズ

レンズ交換式カメラの人はレンズ選びにも迷いますよね。色々な画角で撮ってみたほうが良いと思うのでズームレンズがおすすめです。広角が好きな人も太陽を大きく撮るには望遠が必要になるので、200mm(35mm判換算)くらいで撮れるレンズをお持ちならおすすめです。
レンズに興味のある人にはこちらの記事もあります。
https://kobefinder.com/canonpopularlens/

防寒対策

元旦など冬の朝はめちゃめちゃ寒いです。手がかじかむので手袋も大事。もし暖かく感じたらラッキーくらいで良いと思うので厚着していってください。
ちなみに私は元旦の前日と前々日にも朝日の撮影に行ったのですが、その2日はめちゃめちゃ寒くて元旦は比較的暖かったです。寒いときは本当につらいので重装備おすすめです。

カメラの予備バッテリー

冬って電池の消耗が激しいんですよね。カメラの予備バッテリーやスマホのモバイルバッテリーがあるなら持っていきましょう。スマホでタイムラプス撮影していたら100%の充電が30%くらいまで減っていました…事前にしっかり充電して、当日は電池の使いすぎに注意しましょう。

三脚

三脚があるとより安心です。なくても撮影はできます。一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使われる方は、レンズの手ぶれ補正スイッチをオフにしましょう。三脚を使う場合は手振れ防止機構が誤作動する可能性があるので、基本的に補正機能をオフにすることが推奨されています。

小さい三脚やゴリラポッドも便利です。私は大きい三脚を一眼レフ用、小さい三脚をスマホのタイムラプス撮影用に持っていきました。

レリーズ

レリーズあると便利だと思います。私はリモコンを持っているもののついつい手押しで撮ってしまいますが…
レリーズやリモコンならカメラに直接触れないので手ぶれ防止に効果的ですし、ポッケの中に手をつっこんだままシャッターを切れるので寒くないです。

Canon リモートスイッチRS-60E3
キヤノン
売り上げランキング: 2,094

撮影方法

一眼レフやミラーレスのカメラなどで設定を変えられるなら、
Avモードで絞り8〜13、ISO100、RAW撮影がおすすめです。
まだ夜明け前で暗いブルーアワーの時間帯に撮影するなら三脚が必須です。その時間帯に手持ちで撮影するなら絞り5.6くらいでISOを800〜3200くらいまで上げてやると手ブレせずに撮影できるかと思います。

WB(ホワイトバランス)はお好みで。日の出は太陽光くらいが個人的に好みでおすすめです。太陽光やオートWBなら青すぎず赤すぎない色になります。

太陽が見えるまえのブルーアワーなら全体を青っぽく撮れるホワイトバランス(白熱電球やタングステン)も良いですね(下の写真)。

赤い映りが好みならWBを日陰やくもりモードにしましょう(下の写真)。

RAWで撮っておけば後でWBや露出を調整できるので安心です。

スマホならそのままシャッターを切ってやれば良いです。iPhoneの場合、明るすぎたり暗すぎると感じたら、画面の違うところをタップしてみて明るさを調整しましょう。

太陽がのぼった後もしばらくその周りを撮ると面白いと思います。光が良い感じなので。私はこの時間帯の撮影にもっと良い写真が撮れるよう次の機会に頑張りたいです。元旦はいまいち納得いく写真が撮れなかったので。

また日の出の時間に太陽が雲に隠れて見えなくても諦めずにしばらく待つことも大事です。私は3日連続で朝日の撮影に出かけましたが最初の2日は雲に隠れて太陽がなかなか見えませんでした。それでも1時間以内に太陽は見える位置までのぼってきてくれました。それにタイムラプスを撮っていると雲の動きが面白くもあるので、雲が出ていることはそう悪いことばかりではありません。

元旦にポートタワーで撮影した感想

こちらの記事でも一部書いたのですが…

ざっとまとめるとこんな感じ

○見晴らしが素晴らしい
○室内なので暖かい
○夜明けの時間にポートタワーに登れるのは年に1回だけなので特別感がある
×事前に並ばなければならないのでブルーアワーを撮れない
□出遅れたら展望2階がおすすめ

個人的には一度登れただけで満足です。眺めはすごい良いので頑張って寒い中並んででも初日の出を見たい人にはおすすめです。その価値あります。

ポートタワーからモザイク方面を見下ろすとこのような感じで大勢の人が初日の出を見にきていました。

上の写真は2016年12月30日の朝に撮影しました。海側から撮ると海に反射する日の光がきれいです。

もしポートタワーを登る際はまずエレベーターで展望4階に通されます。ひとつ上も展望階で一番眺めが良いのはこの高層フロアです。もし出遅れてたくさんの人がすでに占拠している場合は、4階から二つ下の展望2階、あるいはさらにその下の展望1階がおすすめです。人が少なくて意外な穴場です。展望3階は喫茶店になっていいます。ここは回転式になっていて20分で360度一周します。回転しているので初日の出を見るには落ち着かないかもしれません。すごく楽しいカフェなので別の日に訪れるのをおすすめします。

回転喫茶などポートタワーについてはこちらの記事で紹介しています。
https://kobefinder.com/porttower/

ご覧いただきまことにありがとうございます!
こちらの記事もおすすめです。

キヤノンのフルサイズ一眼レフカメラ「EOS 5D Mark Ⅳ」で神戸ハーバーランド近辺の夜景写真を撮影してきました。非常に高性能なカメラを使いながら夜景撮影についてプロカメラマンに教えていたので、講...
神戸の神社で初詣 神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。初詣はおみくじより出店の食べ物のほうが楽しみなAkiです。 初詣にお出かけになりましたか?いつもは静かな神社もお正...
8月6日に「第46回みなとこうべ海上花火大会」が開催され、その撮影に行ってきました。今回の生地では花火撮影の機材とテクニックについて取り上げます。写真も動画も撮影しましたのでその両方について書きます。...
https://kobefinder.com/fireworks_techniques/

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク