スポンサーリンク

なぜCANON Kiss X7はいまだに売れ筋の人気一眼レフカメラなのか

シェアする

EOS Kiss X7人気の理由

キヤノンから2013年に発売された一眼レフカメラEOS Kiss X7。いまでもアマゾンのベストセラーに名前を連ねる売れ筋のカメラです。普通はしだいに新しい製品にとって代わられるカメラ市場で異常に長い期間売れ続けています。なぜ今でも人気なのでしょうか?この記事ではそんなEOS Kiss X7の魅力に迫ります。

スポンサーリンク

EOS Kiss X7の良いところ

小さい

EOS Kiss X7は世界で最小の一眼レフカメラです。ボディ本体の質量は約370g

2013年4月に発売されてからいまだにこのKiss X7より小さい一眼レフカメラは出てきていません。ユーザーの声を聞いてみるとこの小ささを大きな魅力として感じている人が多くいるようです。

画像引用:キヤノン:EOS Kiss X7|概要

小さいと何が良いのか。小さいことの最大のメリットは普段から気軽に持ち運べることです。

よくあるカメラの失敗が、せっかく良いカメラを買ったのに大きく重たすぎてなかなか持ち出さなくなってしまうということです。カメラは結局使う機会がなければ持っていないのと同じです。EOS Kiss X7なら小さくかさばらないので日常的に持ち歩いてたくさん写真を撮ることができます。

白い

一眼レフカメラは基本的に黒色のものばかりです。その点EOS Kiss X7は黒の通常バージョンに加え、ホワイトダブルレンズキットという白いカメラと白いレンズのセットが売られています。

画像引用:キヤノン:EOS Kiss X7|小型・軽量ボディー

丸みを帯びた白いボディは見た目が非常にかわいらしく人気があります。黒くてメカっぽさのあるゴツいカメラが好きな人もいるので、このあたりの好みは人によって別れるところだと思いますが、他にないカラーリングは大きな特徴です。

安い

EOS Kiss X7の価格はおよそ3~4万円です。ボディ本体に加え、レンズが2本セットの場合でも5万円程度で一眼レフカメラとしてはとても安い価格に抑えられています。ふつうこの値段で一眼レフカメラを買おうとすると中古で何年も前のカメラくらいです。しかしEOS Kiss X7ならこの価格で新品を買うことができます。

中古だとどうしても早期の故障の心配があります。初心者はできるだけ新品を買ったほうが無難ということもあり、この価格の安さは大きな魅力です。

画質が良い

安いのに画質が良い。結局のところこれがこのカメラの根強い人気を支える最大の要因かもしれません。安いとあんまりキレイに写真が撮れないんじゃないかと思われる人が多いかもしれませんが、意外とそんなことないんです。画質だけで見れば値段が倍くらいのカメラとも大きな差はありません。

次のサイトから作例を見ていただけばその写真のクオリティの高さが存分に伝わると思います。

作例: flicker EOS Kiss X7

基本的には初心者向けという形で紹介されるカメラですが、上手に使ってやれば商業写真の撮影にも耐える性能です。

価格が安いことは画質よりもむしろ操作性やオートフォーカスの性能に現れています。連射性能が問われるスポーツ撮影など上級な撮影技術が求められる撮影シーンにおいては高級なカメラと埋めがたい差があります。

このあたりについてもっと詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

一眼レフカメラって複雑で違いが分かりにくかったりしますよね。値段が高い方が良いのは間違いないんだろうけど、なにがどう違うか分からない。高いカメラを買っても自分には要らない機能なら意味がないし、...

レンズが多い

キヤノンはレンズの種類が豊富です。これはカメラを楽しむ上で大きな魅力となります。

メーカーや機種を問わずカメラをやる人のほぼ全員がレンズの重要性を認めています。「カメラよりレンズに投資をしろ」というのはカメラ通の間でよく言われる言葉です。

キヤノンには素晴らしいレンズがたくさんあります。お手頃価格の初心者向けレンズからプロ愛用の高級レンズまでバリエーションが豊かです。

例えば、私も愛用しているレンズをひとつ紹介するとEF-S 24mm F2.8 STMは小さいながら高性能のレンズです。パンケーキレンズと呼ばれるもので、EOS Kiss X7にもぴったいのレンズと言えるでしょう。

レンズの豊富さなど、キヤノンというブランドの持つ魅力については次の記事に詳しく書きました。

これからカメラを始めたい初心者の人向けにキヤノンのデジタル一眼レフカメラの魅力をご紹介します。ニコンやソニーなどとどのように異なるのでしょうか。おすすめする理由を簡単に説明するとキヤノンはユー...

またEOS Kiss X7におすすめのレンズは次の記事で紹介しています。

キヤノン(Canon)の一眼レフカメラ用レンズは種類が豊富です。それがキヤノンの魅力のひとつですが、数が多いとどれを選べば良いかわかりませんよね。そこでレンズ選びに迷う初心者の方向けにおすすめレンズを...

EOS Kiss X7の残念なところ

Wifiがない

いまの時代、撮った写真をその場でインスタグラムなどのSNSでシェアしたい人も多いですよね。残念ながらEOS Kiss X7にはWifi機能を内蔵しておらず一度パソコンを経由しないとスマホに写真データを転送することができません。

この問題を解決する方法のひとつはSDカードにWifi機能を備えているものを選ぶことです。

ちなみに上記のアマゾンリンクは国内正規品のものですが、並行輸入品で安く売られているものもあるようです。

18-135mmレンズとのセットがない

EOS Kiss X7について紹介する記事は様々なものがありますが、意外とこの点について指摘する人を見かけません。普通キヤノンのAPS-CサイズのカメラはEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMといったズームレンズとのセットが売られています。広角から望遠まで対応できる便利なレンズなのですが、残念ながらEOS Kiss X7はそのレンズとのセットがありません。

別売りのこれらのズームレンズを買うとセットの場合と比べてどうしても割高になってしまいます。この点については異なるおすすめレンズをのちほどご紹介します。

EOS Kiss X7はどんな人におすすめ?

EOS Kiss X7は一眼レフカメラの世界を知る入門機として非常におすすめです。スマホや安いコンパクトデジタルカメラと比べればずっと簡単に高画質の写真を撮ることができます。小さいので日常的にたくさん使える機会を持てる点も良いです。もしもっと写真を極めたいと思ったら、それからレンズやカメラをアップグレードすれば大丈夫です。

また、正直言ってカメラは何かとお金がかかる趣味です。存分にカメラを楽しむにはレンズを揃えていかなければなりませんし、SDカードや三脚など必要なものが色々と出てきます。総合的に考えて予算を組むならカメラの金額をできるだけ抑えるのは賢い選択です。EOS Kiss X7はお財布に優しいカメラと言えます。

おすすめのキット(レンズの組み合わせ)

カメラと一緒に必要なのがレンズです。レンズの性能は、カメラの性能と同等、あるいはそれ以上に重要になります。EOS Kiss X7と組み合わせるおすすめレンズを3パターン紹介します。

ひとつはダブルレンズキット2。これはホワイト限定の組み合わせです。標準ズームレンズと焦点距離40mmの単焦点レンズが付いてきます。付属のレンズも白色。どちらのレンズもコンパクトで小さなEOS Kiss X7ともベストマッチです。

もうひとつのおすすめはダブルズームキットです。これは黒色のみの販売。標準ズームレンズがつくのは同じですが、もうひとつセットになるのが望遠レンズです。遠くのものを撮りたいシーンがあるならおすすめ。例えば子どもの運動会や音楽発表会のようなシーンで少し離れた場所から撮影しなければならないときに活躍します。

3つ目のおすすめは、ボディ単体で買って、それとは別にシグマの標準ズームレンズ「17-50mm F2.8 EX DC OS HSM(キヤノン用)」を買い足すことです。このレンズは2万8千円ほどで、キヤノンの標準ズームレンズと比較すると少し大きいですが、より性能の高いレンズです。特にF2.8となっており明るいレンズなので、室内撮影や夜景撮影など暗い場所での撮影が多い人に特におすすめです。

他におすすめのカメラ

もしコンパクトさだけを求めるなら最新のEOS 9000DEOS Kiss X9iなどもおすすめです。Kiss X7に比べれば大きいですが、それでも非常に小さく軽いカメラです。持ち手のグリップが深くなっているので手が大きな人でも持ちやすいです。最新機種ならではの機能も豊富なので予算さえ都合がつくならEOS 9000DEOS Kiss X9iは良い選択になるでしょう。

キヤノンの一眼レフカメラで価格も性能もよく似ている3機種EOS 80D、EOS 9000D、EOS KissX9iを比較し性能やスペックを解説します。違いは何か。一見よく似たカメラがどのように...

追記(2017年7月3日):EOS Kiss X7の後継機種となるEOS Kiss X9が2017年7月31日に発売予定です。X7は在庫限りで販売終了となるので、今からならX9も非常におすすめです。新機種なのでX7の現行価格と比べると少しお高いですが、X7の素晴らしさを引き継ぎつつ進化している機種です。詳しくは次の記事をご覧ください。

キヤノンから新しい一眼レフカメラEOS Kiss X9が発表されました。大ヒットを博したEOS Kiss X7の後継機種です。X7の長所であるコンパクトさ・使いやすさ・高画質の要素を引き継ぎながら大き...
2017年7月28日に新発売のキヤノンの一眼レフカメラEOS Kiss X9を購入しました。このカメラのどんな特徴に惹かれて購入を決めたのか。他のカメラと比較しながらEOS Kiss X9の特徴につい...
キヤノンの一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」のレビューです。1か月弱使用してみて感じたEOS Kiss X9の良いところや残念なところをご紹介します。実際にしばらく使ってみてこのカメラの長所や短...

まとめ

キヤノンのEOS Kiss X7の魅力は、「世界最小一眼レフ」「ホワイトバージョンがある」などの他のカメラにない特徴と、「安くて画質が良い」というコストパフォーマンスの良さと言えるでしょう。だからこそ発売から数年が経った今でも売れる人気のカメラなのだと思います。おすすめのカメラのひとつです!

こちらの記事もおすすめです

カメラを買う目的は人によって様々です。こちらの記事では撮影ジャンルに分けて初心者向けにおすすめの一眼レフカメラと、レンズなどの関連機材をご紹介します。旅行先で風景を撮りたい人もいれば、自分の子...
カメラ初心者の方に向けたカメラ関連道具のご紹介です。とりあえずカメラを買ったらもうあとは撮るだけなんて思っていませんか。カメラを買うとけっこう色々なものが必要になったり欲しくなったりするんです...
使ってないカメラやレンズを売りたい!あるいは新しく買い換えるために今持っているものを売りたい!という人は多いのではないでしょうか。せっかく売るならできるだけ高く買取りしてもらいたいですよね。複数の...
カメラやカメラ用交換レンズのレンタルサービスをご存知でしょうか。購入の参考に試し撮りしたり、旅行や記念日などで一時的にカメラ機材が必要になったときに便利です。プロ向けの機材貸し出しサービスもあれば...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク