スポンサーリンク

カメラ雑誌2017年10月号まとめ【トリミングで写真下手になる?・ニコンD850レビュー・紅葉特集など】

シェアする

各種カメラ雑誌の10月号が発売されています!読んでみて面白かった特集など気になったポイントをご紹介します。10月号は話題のニコンD850のレビューや紅葉の撮影テクニックを掲載する雑誌が多く見られました。

カメラ雑誌10月号

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。

今月号の雑誌は、「トリミングしたら写真が下手になるのか」、「スナップ写真は法律的に問題になるのでやめるべきか」といった考えさせられるテーマがいくつかありました。

また、大口径レンズ特集やカメラマンこだわりのレンズ紹介など、読んで楽しい記事や、これから役に立ちそうな紅葉撮影テクニックなどが充実しています。

それでは各雑誌をご紹介します!

スポンサーリンク

カメラ雑誌10月号

アサヒカメラ

アサヒカメラおなじみの「写真好きのための法律&マナー」は今回で第7回。肖像権や著作権にまつわる実際によくある問題をQ&A形式で取り上げています。身近な問題について考える良いきっかけとなる記事です。例えば次のような記述は正しいでしょうか、誤りでしょうか。

  • 【Q1】所蔵元や撮影者名、撮影サイトのURLを明記すれば、写真は自由に引用できる。
  • 【Q11】公道では原則的に自由に撮影できる。
  • 【Q18】交差点でスナップ撮影した。行き交う人たちに許諾を得ていない人物の顔が写ってしまったら発表しないほうがいい。

このような出題が全部で30。これらの問題に対する答えと、具体的になにが問題で、何に注意してどうふるまうべきかについても書いてあり参考になります。

メインの特集は「秋の絶景を撮る」。

デジタルカメラマガジン

「大口径レンズマニュアル」という特集が面白いです。大口径レンズ、つまり開放F値が1台のレンズについてランキングを掲載。レンズのサイズ、重量、内部のレンズの枚数、絞り羽根の数、最短撮影距離、最大撮影倍率、値段など様々なポイントごとに順位がつけられています。

新たな視点からレンズについて見えてくるものがありとても面白いです。例えば、このランキングを見ているといかにシグマのArtシリーズがたくさんのレンズを用いて大きく重たいレンズを作っているかが分かります。今まで知らなかったレンズの発見もあり楽しく読みました。

連載「プリントすると写真が上手くなる」ではインデックスプリントをして写真を選定する作業について書いてあり興味深かったです。写真のセレクトから印刷するということは今までしたことがなかったので勉強になりました。

Amazonの「Kindle Unlimited」ならデジタルカメラマガジンを含む100万冊以上の本が読み放題!

みなさんはAmazon(アマゾン)を使っていますか?この記事では普段からカメラを使って生活されている人向けにAmazonの活用法をご紹介します。カメラ用品をお得に買い物するのはもちろんですがそれだけで...

CAPA

特集「俺のレンズ」がとても面白いです。カメラマンがとっておきのレンズをひとり1本紹介するという内容。単純に光学性能だけでレンズが選ばれているわけではなく、その人が日ごろ何を大切に撮影しているのかが伝わってきます。レンズ選びでカメラマンの哲学が分かるような気がしました。

「紅葉撮影はケルビン設定で鮮やかになる」という記事は、紅葉撮影についてホワイトバランスの観点からアプローチしていて勉強になりました。

ビデオサロン

「カメラ搭載マイク大全」と題してマイクに関する記事が豊富に掲載。個人的に興味深かったのは「レコーディング機能付きマイク」の記事です。マイク単独での録音ができたり、ヘッドフォン端子があって直接モニター出来たりと、小型の一眼カメラで撮影している人に良さそうだと思いました。紹介されていたマイクのひとつは「TASCAM DR-10SG」。

私がよくユーチューブで動画を見ている高嶋綾也さんがビデオサロン10月号に出ていたので目を引きました。高嶋さんはPeaceful Cuisineというチャンネルでヴィーガン料理の動画や旅動画、タイムラプスなどを投稿されています。誌面では使っている機材や撮影スタイルについて書かれています。

参考:Peaceful Cuisine – YouTube

Amazonでビデオサロンの一年定期購読を申し込むと割引価格でお得に読めます!今ならメールマガジン登録でもれなく「もう1号プレゼント」キャンペーン実施中。

ビデオサロン 定期購読1年(12冊) | Amazon

フォトコン

まず興味をもったのが「トリミングが写真を下手にする」という記事。私は筆者の方ほどトリミング排斥主義ではないのですが、共感するところも多い内容でした。

確かになんでもかんでもトリミングを前提にして写真を撮っていたら構図の取り方がいつまでも成長しないような気がします。そもそもトリミング前提でとりあえず広めに撮っておくという撮影スタイルは楽しくないです。たまに「写真は引き算」なんて言われ方もするくらい、構図をつくるときには何を排除するかを考えます。そのためには撮影の現場でしっかりと考え、トリミングしないで済むような完成された写真を最初から目指すべきでしょう。

といってもレタッチの段階でトリミングによって作品が良くなるのであれば積極的にトリミングしても構わないとも、私は思います。撮るときからトリミングに頼るつもりでいるというのは良くないかもしれません。

他にも「スナップ写真がよくなる7つの法則」や、「思い通りの色で描く紅葉撮影」といった記事も勉強になる良い記事でした。

フォトテクニックデジタル

「秋の夜空の星空ポートレート」が特集。なかには光の魔術師・イルコさんの撮影テクニックも。イルコさんは神戸在住で、数々のポートレート作品を撮っておられます。ユーチューブで撮影に役立つ知識を伝える活動を精力的に行っていますのでポートレート撮影に興味のある方は要チェックです。

参考:Ilko Allexandroff イルコ 光の魔術師 / フォトグラファー – YouTube

Amazonで「フォトテクニックデジタル」の一年定期購読を申し込むと割引価格でお得に読めます!今ならメールマガジン登録でもれなく「もう1号プレゼント」キャンペーン実施中。

フォトテクニックデジタル 定期購読1年(12冊) | Amazon

カメラマン

別冊付録の「ネイチャー撮影 ポケット・ガイド」が気に入りました。秋の花の撮影テクニックなどが詳しかったです。

日本カメラ

関連記事

「カメラを始めたばかりで使いこなせない」、あるいは「イメージしたような写真が撮れない」という悩みを抱えていませんか?そんな人はぜひ本を読んで勉強してみてください。ちょっと知識があると写真がぐっと良くな...
各種カメラ雑誌の9月号が発売されています!読んでみて面白かった特集など気になったポイントをご紹介します。 カメラ雑誌9月号 神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。個人的に...
カメラ雑誌の8月号が発売されています。各誌ともキヤノンの新型フルサイズ一眼レフカメラEOS 6D Mark2のレビュー記事を掲載したほか、個性ある特集が満載です。各誌の注目ポイントをご紹介します。 ...
カメラ関連の雑誌7月号が書店に並び始めました。特集には花火や猫、ポートレートなどの撮影術や、最新カメラのレビュー、さらには盗撮冤罪への対策など、様々な興味深いテーマの記事があります。2017年7月のカ...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^