スポンサーリンク

キヤノンの高級コンデジPowerShot G1 X Mark IIIはEOS Kissを超える人気カメラになるかもしれない

シェアする

キヤノンからプレミアムコンパクトカメラの「PowerShot G1X MarkIII」が11月30日新発売されます。PowerShotシリーズで初めてAPS-Cサイズの大型センサーを搭載するフラグシップモデルです。一眼レフカメラやミラーレスカメラにも劣らないこの新しいカメラの注目ポイントをご紹介します。

高級コンデジ PowerShot G1X MarkⅢ

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。キヤノンのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X Mark III」がいよいよ発売です。キヤノンのショールームにいって実際にカメラを使わせてもらいましたが非常によくできています。主な注目ポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

APS-Cセンサー搭載

「PowerShot G1 X Mark III」の最大の特徴はセンサーが大型のAPS-Cサイズであること。従来のPowershotシリーズは1.0型、もしくは1.5型でしたが、今回初めてAPS-Cサイズのセンサーを搭載しました。

センサーサイズの比較 1.0型 1.5型 APS-C

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|APS-Cサイズの高画質

基本的にセンサーサイズは大きい方が映像を高画質化できます。一方でセンサーサイズが大きくなるとそのぶんカメラは大きくなりコストもかかります。そのためキヤノンに限らず多くのメーカーの高級コンデジと呼ばれる機種は1.0型が主流です。例えば非常に高画質のカメラとして人気のソニーRX100シリーズもセンサーサイズは1.0型です。

APS-Cサイズというのは人気機種のEOS Kissシリーズを含む多くの一眼レフカメラやミラーレスカメラが採用するセンサーサイズです。つまり「PowerShot G1 X Mark III」はコンパクトカメラながら画質は一眼レフ・ミラーレスカメラ級になります。

大型のセンサーを搭載しながらもカメラのサイズ・質量はよく抑えられています。

サイズ:(幅)約115.0mm×(高さ)77.9mm×(奥行き)51.4mm

質量:約399g(バッテリー・SDカード含む)

PowerShot G1XMarkⅢとEOS M100のサイズ比較

キヤノンのミラーレスカメラ「EOS M100」と並べてみました(キヤノンデジタルハウス大阪にて撮影)。レンズはキットレンズの標準ズームレンズ。左が「PowerShot G1 X Mark III」です。EOS M100はキヤノンのレンズ交換式カメラでは特に小さいサイズで気軽に持ち運べる人気機種ですが、収納時は「PowerShot G1 X Mark III」のほうがでっぱりが小さいです。

G1X MarkⅢは約399g

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|APS-Cサイズの高画質

レンズは24〜72mm相当・F2.8-F5.6

カメラはレンズも大事です。搭載レンズは焦点距離が35mm判換算で24〜72mm。これはAPS-Cの焦点距離のままでいうと15〜45mmとなり、現在のキヤノン製ミラーレスカメラにキットレンズとして付属する標準ズームレンズと同じ焦点距離・ズームレンジになります。ちなみに一眼レフカメラのキットレンズは18〜55mmなので35mm判換算で約29〜88mmとなります。

PowerShot G1X MarkⅢの焦点距離と画角

PowerShot G1X MarkⅢの焦点距離と画角

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|APS-Cサイズの高画質

デジタルズームを用いれば144mm相当まで拡大できます。

レンズの開放F値は2.8〜5.6です。注目は広角端でF2.8と非常に明るいこと。これはAPS-Cセンサーのカメラとしては非常に優秀な数値です。

キヤノンのミラーレスカメラのキットレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」の場合、広角端の開放F値は3.5。Kissシリーズなど一眼レフカメラだと、キットレンズの「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」は広角18mmで開放F値は4。広角ズームレンズの「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」で15mmの開放F値は5.6です。いずれも数値が大きく暗いです。

つまり、広角で明るいF値で撮りたい場合はキヤノンの多くの一眼レフカメラやミラーレスカメラよりも「PowerShot G1 X Mark III」のほうが適しています。

また最短撮影距離も広角端では10cmと非常に短くちょっとしたマクロ撮影も可能。F値も小さいのでボケ味をいかしたテーブルフォトに向いています。

タッチパネル・デュアルピクセルCMOS AF

操作性やオートフォーカス(AF)の性能もフラグシップに恥じない性能です。キヤノンが誇るデュアルピクセルCMOS AFシステムなので、スムーズで正確にピントを合わせてくれます。

像面位相差AF デュアルピクセルCOMS AF

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|高速撮影

またタッチパネルバリアングルモニターである点も高評価です。

タッチパネルで直感的にAFポイントを指定

PowerShot G1X MarkⅢのバリアングルモニター

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|操作性・拡張性

タッチパネルのおかげで、スマホのようにAFを合わせたいポイントを選んだりメニュー操作も直感的に行えて快適です。可動式のバリアングルモニターはハイアングル・ローアングルの撮影、さらには自撮りのときにも便利です。

EVF・タッチ&ドラッグ

電子ビューファインダー(EVF)も搭載。EOS M5と同じようにファインダーを覗きながらタッチパネルでフォーカスポイントを移動できる「タッチ&ドラッグ」機能があります。

タッチ&ドラッグ

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|高速撮影

ダイヤル

カメラ前面のダイヤルが、シャッタスピードやF値などの調節に用いられます。

PowerShot G1X MarkⅢを構えた様子

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|操作性・拡張性

実際に手にとって撮影してみたところ、カメラのサイズが小さいので、手の大きい人にとってはホールドのしづらさがあるかもしれないと感じました。しかし、コンパクトなサイズの中でも操作がしやすいようによく工夫された設計だと思います。

撮影モードが誤って変わらないようにするダイヤルロックがついているのも好印象でした。

モードダイヤルロック

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|操作性・拡張性

フルHD動画・5軸手ぶれ補正

動画撮影もレンズ交換式カメラに劣りません。フルHD動画を60fpsで撮影可能。4Kが撮れないのは少し残念ですが、これはキヤノンの他の大部分のカメラと同様です。

5軸の手ぶれ補正も機能します。

5軸電子手ぶれ補正

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|動画

防塵・防滴

「PowerShot G1 X Mark III」は防塵・防滴となっています。

PowerShot G1 X Mark3の防塵防滴構造

過信は禁物ですが、KissシリーズやEOS Mシリーズは防塵・防滴になっていないのでそれらと比べると水や塵に強いと言って良いでしょう。

また水中で撮影する場合は専用のウォータープルーフケースがあります。

ウォータープルーフケース WP-DC56

画像引用:キヤノン:PowerShot G1 X Mark III|操作性・拡張性

まとめ 高級コンデジの人気機種になると予想

一眼レフカメラやミラーレスカメラを買う人のなかには、キットレンズのままレンズを全く交換しないで使う人もいます。そういった使用用途であれば「PowerShot G1 X Mark III」の方がレンズ交換式カメラより優れている点が多いです。高画質で優れた操作性をそのままに、コンパクトでタフなカメラになっています。これからカメラを買おうと考えている人はぜひ検討してみてよいのではないでしょうか。

価格はキヤノンの公式オンラインショップの予約価格が税込137,700円です。カメラのキタムラやAmazonなどではより安い価格で販売されています。具体的な価格については各種販売サイトにてご確認ください。

PowerShot G1 X Mark III | キヤノンオンラインショップ

キヤノン PowerShot G1X MarkIII|カメラのキタムラネットショップ

参考ウェブサイト

こちらの記事もおすすめです

これからカメラを始めたい初心者の人向けにキヤノンのデジタル一眼レフカメラの魅力をご紹介します。ニコンやソニーなどとどのように異なるのでしょうか。おすすめする理由を簡単に説明するとキヤノンはユー...
カメラを趣味にされている人は普段カメラ用品をどこで買っていますか?この記事では私が普段カメラ関連用品を買うときに利用しているお店や、お得な買い物の方法についてご紹介します。家電量販店、Amazon...
みなさんはAmazon(アマゾン)を使っていますか?この記事では普段からカメラを使って生活されている人向けにAmazonの活用法をご紹介します。カメラ用品をお得に買い物するのはもちろんですがそれだけで...
カメラ初心者の方に向けたカメラ関連道具のご紹介です。とりあえずカメラを買ったらもうあとは撮るだけなんて思っていませんか。カメラを買うとけっこう色々なものが必要になったり欲しくなったりするんです...
使ってないカメラやレンズを売りたい!あるいは新しく買い換えるために今持っているものを売りたい!という人は多いのではないでしょうか。せっかく売るならできるだけ高く買取りしてもらいたいですよね。複数の...
カメラやカメラ用交換レンズのレンタルサービスをご存知でしょうか。購入の参考に試し撮りしたり、旅行や記念日などで一時的にカメラ機材が必要になったときに便利です。プロ向けの機材貸し出しサービスもあれば...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^