スポンサーリンク

キヤノンEOS Kiss MとEOS M5の比較!違いは何?どちらがおすすめ?

シェアする

カメラ比較 キヤノン EOS Kiss MとEOS Kiss X9

キヤノン(Canon)のミラーレスカメラのEOS Kiss M(2018年3月発売)とEOS M5(2016年11月発売)。価格やデザイン、性能がよく似ているカメラです。どちらを買うべきなのか迷っている人向けにカメラ性能の比較します。それぞれのメリット・デメリットなどをまとめました。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。EOS Kiss Mを購入予定のAki(@Aki_for_fun)です。EOS Kiss Mの発表まではEOS M5を買うつもりでした。詳細に検討した結果、私はEOS Kiss Mを選びましたが、EOS M5にも独自の良さがあることがわかりました。それぞれのカメラの特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

EOS M5とEOS Kiss Mってどんなカメラ?

EOS M5は「いままでのミラーレスに、満足しているか?」という挑発的なキャッチコピーで2016年11月に発売されました。カメラの上級者でも安心して使える操作性・機能を目指して作られています。キヤノンのミラーレスカメラのラインナップで最も上位に位置するカメラです。

ミラーレスカメラ EOS M5

画像引用:キヤノン: EOS M5|概要

一方EOS Kiss Mはキヤノンのミラーレスカメラで初めて「Kiss」の名前を冠したカメラです。2018年3月発売の最新機種。位置付けとしては初心者向けでありながら、キヤノンの最新技術がふんだんに盛り込まれています。デザインや操作性を見ると初心者向けに設計されていますが、機能は上位機種のEOS M5に匹敵、あるいは凌駕するほどです。

ミラーレスカメラ EOS Kiss M

画像引用:キヤノン:EOS Kiss M|概要

EOS Kiss MとEOS M5の共通点

APS-Cセンサー・約2400万画素

EOS Kiss MもEOS M5もセンサーサイズと画素数が同じなので画質はほとんど同じです。

EOS Kiss M EOS M5
センサーサイズ APS-C
総画素数 約2580万画素
有効画素数 約2410万画素 約2420万画素

厳密には有効画素数に少し差があるのですが、この違いはほとんど見分けられないレベルです。

快適なEVFとタッチ&ドラッグ機能

EOS Kiss MもEOS M5も電子ビューファインダー(EVF)を搭載しています。ファインダーというのはカメラの上の部分についている小さな窓のことですね。ファインダーを覗くように撮影したほうが構えが安定しやすくブレを軽減できます。

EOS M5の電子ビューファインダー

画像引用:いままでの操作性に、満足しているか? | キヤノンEOS M5

両機種とも「タッチ&ドラッグ」対応に対応しています。ファインダーを覗きながら液晶モニターを指で操作することで自分がピントを合わせたい位置を変更できます。

優れたAF性能

デュアルピクセルCMOS AFといってEOS Kiss MとEOS M5のオートフォーカス性能は高速かつ精度が高いです。EOS M3などキヤノンの過去のミラーレスカメラと比べて大きく改善されています。

デュアルピクセル CMOS AFで高速合焦

画像引用:キヤノン: EOS M5|概要

Wifi・Bluetooth搭載

EOS Kiss MもEOS M5もWifiやBlootoothを使ってスマホやパソコンと連携することができます。スマホを使ってリモート撮影したり、写真や動画をWifiでスマホに送るなど便利な機能が充実しています。

WifiとBluetooth機能

画像引用:キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M5|多彩な機能

ただし、EOS Kiss Mは少しこの連携機能が進化しています。EOS Kiss Mでは撮影しながら写真データを自動でスマホに転送したり、ペアリングしたパソコンのそばにカメラを置くだけで撮影データのバックアップを自動でとることができます。

参考:キヤノン:EOS Kiss M|スマホ・PCに簡単転送

EF-Mマウント

マウントはどちらのカメラも「EF-Mマウント」です。使えるレンズはEF-Mレンズ。別途「マウントアダプター EF-EOS M」を用いることで一眼レフカメラ用のEFレンズやEF-Sレンズも使うことができるようになります。

参考:キヤノンミラーレスカメラ用人気レンズまとめ!M5・M6・M100などEOS-Mシリーズにおすすめ

材質

外装の材質はポリカーボネートやエラストマーというものでもできています。キヤノンの一眼レフカメラでよく用いられているマグネシム合金ほどの頑丈さはありません。

どちらのカメラも防塵や防滴の機構ではありません。雨や雪などで水に濡らしてしまうと壊れるおそれがあるので注意してください。




EOS M5の優れているところ

ボタン・ダイヤルなどの操作性

EOS M5にはメイン電子ダイヤルの他に、サブ電子ダイヤルや露出補正ダイヤルなどのダイヤルがあったり、ダイヤルファンクションボタンがあります。これらのおかげでより素早く設定を変更することができます。

またモードダイヤルにはロック機構があって誤操作による回転を防ぐことができるほか、任意の設定を記憶できるカスタムモードも搭載しています。

ダイヤルやボタンが充実 EOS M5の優れた操作性

画像引用:いままでの操作性に、満足しているか? | キヤノンEOS M5

個人的にこの操作性がEOS M5の最大のメリットだと思います。カメラのつくりとしてよくできているのはEOS M5の方だと言ってよいでしょう。

対してEOS Kiss Mはボタンやダイヤルが少なくシンプルな見た目です。個人的には許容範囲ですが、EOS M5と比べると操作性はあまり良くありません。

EOS Kiss Mの外観 ダイヤルやボタンは右側に集中

EOS Kiss M外観

バッテリーが長持ち

EOS M5のほうがバッテリーが長持ちします。

EOS Kiss M EOS M5
バッテリー LP-E12 LP-E17
撮影可能枚数 約235枚 約295枚
動画撮影可能時間 約1時間25分 約1時間30分

EOS M5はより大型の「LP-E17」というバッテリーです。EOS Kiss Mは「LP-E12」という小型バッテリーで電池の持ちがあまりよくありません。

またEOS M5は「DCカプラーDR-E17」「コンパクトパワーアダプターCA-PS700」を使えば、AC駆動することも可能です。

液晶モニターが少し大きい

背面の液晶モニターはEOS M5の方が少し大きいです。

EOS Kiss M EOS M5
大きさ ワイド3.0型 ワイド3.2型
ドット数 約104万ドット 約162万ドット

リモコン端子有り

EOS M5にはリモコン端子があります。下の画像で5番の位置。

EOS M5 左側面

画像引用:キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M5|各部名称

「リモートスイッチRS-60E3」が使用可能です。またEOS M5はワイヤレスリモコンの「リモートコントローラーRC-6」にも対応しています。

EOS Kiss Mにはリモコンを装着することができません。そのかわりBluetooth接続の「ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1」を使うことができます。

個人的にはロワジャパンのRS-60E3互換レリーズがタイマー機能やインターバル撮影機能があって重宝しているのですが、それがEOS Kiss Mでは使えないのが残念です(EOS M5なら端子があるのでたぶん使えるはず。動作確認はしていません)。キヤノンのリモコンについては所有機材についてまとめた記事で少し解説しています(参考:わたしの愛用カメラ機材紹介!【カメラ・レンズ編】2017〜2018年版)。

またどちらの機種でもスマホからリモートシャッターを切ることができます(アプリのCanonn Connectが必要)。




EOS Kiss Mの優れているところ

映像エンジンがDIGIC 8

EOS Kiss Mは最新で高性能の「DIGIC 8」という映像エンジンを搭載しています。EOS M5は「DIGIC 7」。映像エンジンはカメラの頭脳のようなもの。新しくなったDIGIC8のおかげで様々な機能が発展しました。具体的にはこれから解説するAF性能や4K動画撮影などにその恩恵が現れています。

連写に強い

連続撮影速度はEOS Kiss Mのほうが速いです。

EOS Kiss M EOS M5
連続撮影速度
ワンショットAF
最高約10.0コマ/秒 最高約9.0コマ/秒
連続撮影速度
サーボAF
最高約7.4コマ/秒 最高約7.0コマ/秒
連続撮影可能枚数 JPEGラージ/ファイン:約33枚
RAW:約10枚
RAW+JPEGラージ/ファイン:約10枚
C-RAW:約16枚
C-RAW+JPEGラージ/ファイン:約15枚
JPEGラージ/ファイン:約26枚
RAW:約17枚
RAW+JPEGラージ/ファイン:約16枚

ただしRAWで連続する場合、EOS Kiss Mは約10枚の撮影でバッファがいっぱいになります(カメラ内の処理が追いつかなくて数秒くらい撮影できなくなる)。EOS M5なら約17枚までRAWで連続撮影可能。

EOS Kiss Mでは容量を抑えたC-RAWという形式の撮影ができます。C-RAWで撮影すればもう少し連続で撮影しやすくなります。

参考:キヤノン:Q&A検索|RAW画像とは?

AFの精度・範囲

EOS Kiss Mでは「瞳AF」が可能になっています。人物撮影の際に被写体の目をカメラが自動で感知してそこにピントを合わせてくれます。

EOS Kiss Mの瞳AF画像引用:キヤノン:EOS Kiss M|瞬間オートフォーカス

またEOS Kiss MはAFの測距点と範囲が大きく向上しています。EOS Kiss MのAF測距点が最大143点に対して、EOS M5は最大49点です。

EOS Kiss MのAF範囲

画像引用:キヤノン:EOS Kiss M|瞬間オートフォーカス

EOS Kiss Mのほうがより広い範囲でより柔軟なオートフォーカスが使えます。

AF測距エリアは使用レンズによって異なります。最大AFエリアの撮影が可能なレンズは下記リンクからご確認ください。

参考:canon-eos-m50-lens-af-compatibility.pdf

サイレントモード

EOS Kiss Mにはシャッター音のしない「サイレントモード」があります。

EOS Kiss M サイレントモード

画像引用:キヤノン:EOS Kiss M|充実の撮影性能

4K動画・静止画切り出し

EOS Kiss Mでは4K動画撮影ができます。EOS M5はフルHDの撮影が限界ですがEOS Kiss Mならより高精細な4Kで録画可能です。さらにHDで120P・100Pといったハイフレームレートの撮影(スローモーション動画)もできるようになりました。

EOS Kiss M EOS M5
記録サイズ/フレームレート 3840×2160(4K):25.00/23.98p
1920×1080(Full HD):59.94/50.00/29.97/25.00/23.98p
1280×720(HD):119.9/100.00/59.94/50.00p
1920×1080(Full HD):59.94/50.00/29.97/25.00/23.98p
1280×720(HD):59.94/50.00p
640×480(VGA):29.97/25.00p

EOS Kiss Mの4K動画の良いところは記録した動画から静止画を切り出せる点です。何か記念のイベントの撮影などでは写真と動画を両方撮りたい時がありますよね。しかし、ふたつとも記録するのは大変なものです。4K動画で撮っておけばその動画から写真を切り出すことができます。動画から写真を作ると画質は劣化しますが、4Kは高精細なので写真にしても鑑賞に耐えるレベルを期待できます。

この4K動画はコントラストAFしか使えないという弱点もあります。この点にはついては次の記事で詳しく書きました。

キヤノンから新しく発表されたEOS Kiss M。ミラーレスカメラとして初めて「Kiss」の名前がついたカメラで新機能も盛りだくさん。とっても気になるカメラなのでキヤノンのショールームに実物を触りに行ってきました!じっくりと使わせてもらったので詳しい性能や使い勝手についてお伝えします。EOS Kiss Mプレビューです!

やさしいメニュー・ビジュアルガイド

EOS Kiss Mではメニュー表示の設定を「やさしい」にするとビジュアルガイドで初心者でもわかりやすい表示になります。専門用語がわからないひとでも設定しやすいです。

ビジュアルガイド

画像引用:キヤノン:EOS Kiss M|初心者でも簡単撮影




そのほかの違い

カラー・サイズ

EOS Kiss Mはブラックとホワイトのカラーバリエーションがありますが、EOS M5はブラックのみです。EOS Kiss Mはカラーによって質量が少し異なります。

EOS Kiss M EOS M5
大きさ 約116.3(幅)×88.1(高さ)×58.7(奥行)mm 約115.6(幅)×89.2(高さ)×60.6(奥行)mm
質量(本体のみ) [ブラック]約351g
[ホワイト]約354g
約380g
質量(バッテリー、メモリーカードを含む) [ブラック]約387g
[ホワイト]約390g
約427g

軽いのはEOS Kiss Mです。サイズはほぼ同じですが、握りやすいのはEOS M5だと感じました。

EOS Kiss MとEOS M5とのサイズ比較

写真の左がEOS M5、右がEOS Kiss M。

モニターの可動タイプ

カメラ背面の液晶モニターの構造が少し違います。どちらも動かすことができるのですが、EOS Kiss Mはバリアングルで、EOS M5はティルトです。

EOS Kiss Mのバリアングル式だと横にモニターを開いて自由に角度をつけられます。自撮りすることも可能。

EOS Kiss Mのバリアングルモニター

画像引用:EOS Kiss M 紹介動画【キヤノン公式】 – YouTube

EOS M5のティルト式は光軸上でモニターを上下に動かします。

EOS M5のティルトモニター

画像引用:EOS M5 特長紹介(65秒)【キヤノン公式】 – YouTube

EOS M5のティルト式の場合、三脚にセットすると自撮りがしにくいのでご注意ください。

価格

EOS Kiss MとEOS M5の価格を比べてみましょう。EOS Kiss Mのボディー単体価格が71,140円EOS M5のボディー単体価格が88,440円です。いずれも記事執筆時点の「カメラのキタムラ」における税込価格です。

価格は時期によって、また販売店によっても変動しますので具体的な価格については下のリンク表よりご確認ください。

EOS Kiss M 価格確認リンク表

製品名/ショッピングサイト Amazon 楽天市場 Yahoo! カメラのキタムラ
 EOS Kiss M ブラック ボディー 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック 15-45レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック 18-150レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック ダブルズームキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック ダブルレンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト ボディー 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト 15-45レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト 18-150レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト ダブルズームキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト ダブルレンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク

EOS M5 価格確認リンク表

製品名/ショッピングサイト Amazon 楽天市場 Yahoo! カメラのキタムラ
 EOS M5 ボディー 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
EOS M5 15-45レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
EOS M5 18-150レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク

EOS M5はキャッシュバックキャンペーンがあり、この期間中に購入すればお得に買えます。

キャンペーン対象購入期間:2018年3月1日〜2018年5月28日

EOS M5 キャッシュバック額

  • EOS M5 EF-M 18-150 IS STMレンズキット 13,000円
  • EOS M5 EF-M 15-45 IS STMレンズキット 7,000円
  • EOS M5 ボディー 3,000円
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。 キヤノンの人気カメラのキャッシュバックキャンペーンが...

EOS Kiss Mに関しては、キャッシュバックはありませんが、発売を記念したキャンペーンを開催しています。nano・universe オリジナルリュックやレンズケースなどがもらえます。

KISS is my life.キャンペーン|キヤノンEOS Kiss

まとめ

基本的なスペックで比べていくとEOS Kiss Mの方が全体的に優れています。しかもその性能のわりに価格が安いです。ただし、EOS Kiss Mはあくまで初心者向けの位置付けのカメラなので、ダイヤルやボタンが少なく簡易的になっています。また電池の持ちはあまり良くないのでその点は注意が必要です。

カメラ上級者で自分で設定を決めていきたい場合はEOS M5の方が使いやすいと感じるかもしれません。電池持ちもEOS Kiss Mと比べると長いのでたくさん撮影する人にも向いています。

比較表

EOS Kiss M EOS M5
センサーサイズ APS-C
映像エンジン DIGIC 8 DIGIC 7
総画素数 約2580万画素
有効画素数 約2410万画素 約2420万画素
マウント EF-M
EVF 搭載
タッチ&ドラッグ 対応
AF方式 デュアルピクセルCMOS AF
コントラストAF(4K動画撮影のときだけ)
デュアルピクセルCMOS AF
ボタン・ダイヤル 簡易・初心者向き 充実・上級者向き
バッテリー LP-E12 LP-E17
撮影可能枚数 約235枚 約295枚
動画撮影可能時間 約1時間25分 約1時間30分
背面モニター 大きさ ワイド3.0型 ワイド3.2型
背面モニター ドット数 約104万ドット 約162万ドット
背面モニター 可動方式 バリアングル ティルト
連続撮影速度
ワンショットAF
最高約10.0コマ/秒 最高約9.0コマ/秒
連続撮影速度
サーボAF
最高約7.4コマ/秒 最高約7.0コマ/秒
連続撮影可能枚数 JPEGラージ/ファイン:約33枚
RAW:約10枚
RAW+JPEGラージ/ファイン:約10枚
C-RAW:約16枚
C-RAW+JPEGラージ/ファイン:約15枚
JPEGラージ/ファイン:約26枚
RAW:約17枚
RAW+JPEGラージ/ファイン:約16枚
瞳AF 対応 非対応
サイレントモード 対応 非対応
やさしいメニュー 対応 非対応
記録サイズ/フレームレート 3840×2160(4K):25.00/23.98p
1920×1080(Full HD):59.94/50.00/29.97/25.00/23.98p
1280×720(HD):119.9/100.00/59.94/50.00p
1920×1080(Full HD):59.94/50.00/29.97/25.00/23.98p
1280×720(HD):59.94/50.00p
640×480(VGA):29.97/25.00p
リモコン端子 無し 有り
Wifi・ Bluetooth 搭載
外装材質 ポリカーボネート・エラストマー
大きさ 約116.3(幅)×88.1(高さ)×58.7(奥行)mm 約115.6(幅)×89.2(高さ)×60.6(奥行)mm
質量(本体のみ) [ブラック]約351g
[ホワイト]約354g
約380g
質量(バッテリー、メモリーカードを含む) [ブラック]約387g
[ホワイト]約390g
約427g

以上EOS Kiss MとEOS M5の比較でした。当記事が参考になれば嬉しいです!カメラご購入の際は下記のアフィリエイトリンクをご利用いただけますと幸いです。

 Canon ミラーレスカメラ EOS Kiss M
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
キヤノン ミラーレス一眼カメラ EOS M5
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

参考ウェブサイト:

関連記事

キヤノンのミラーレスカメラEOS Kiss Mと一眼レフカメラEOS Kiss X9。どちらも初心者向けによくおすすめされる注目機種です。どちらを買うべきなのか...
キヤノンのミラーレスカメラのEOS M5とEOS M6。それぞれ2016年と2017年に発売された最新機種で、性能と操作性に優れ人気があります。キヤノンミラーレ...
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。 キヤノンの人気カメラのキャッシュバックキャンペーンが...
キヤノンから新しく発表されたEOS Kiss M。ミラーレスカメラとして初めて「Kiss」の名前がついたカメラで新機能も盛りだくさん。とっても気になるカメラなのでキヤノンのショールームに実物を触りに行ってきました!じっくりと使わせてもらったので詳しい性能や使い勝手についてお伝えします。EOS Kiss Mプレビューです!
EOS Kiss Mはレンズキットの種類がたくさん!どれを選ぶか迷います。どのレンズキットが良いか考えてみました。他にもバッテリーやレンズフードなど一緒に買うべきものについてもまとめました。EOS Kiss Mを購入する人の参考になれば幸いです。
キヤノン一眼レフ向けのEFレンズの豊富さは有名ですが、一方でミラーレスカメラのEOS-Mシリーズだからこそ使えるレンズもあります。ミラーレスカメラ用のレンズの情...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!
「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^