高解像度レンズランキングTOP10キヤノン一眼レフカメラ用(フルサイズ対応)

シェアする

解像度の高いCanon一眼レフカメラ用レンズランキング

カメラ用レンズでよく注目される性能のひとつが「解像力」。どのようなレンズを用いるかによって写真の解像感は大きく左右されます。自分の写真はなんだかボヤッとしていて解像感に欠ける…なんて悩みを抱えているならレンズを変えてみると良いかもしれません。こちらの記事ではシャープな写りのレンズを厳選して紹介します!最新設計のレンズを含めた2017年版ランキングです。いずれのレンズもキヤノン(Canon)のフルサイズデジタル一眼レフカメラに対応しています。高価なレンズだけでなく意外とお手頃なレンズもランクインしていますよ!

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。レンズレビューを書いてレンズ所有欲をごまかしているAkiです。さて今回の解像力トップ10のレンズランキングですが、こちらはレンズの性能レビューをされているクリストファー・フロスト氏の投稿したYouTube動画 The Top 10 Sharpest Lenses I’ve Ever Tested 2017 から引用させていただいております。クリスさんの投稿するレンズレビューは非常に詳細で私は日頃から参考にさせてもらっています。内容が英語ですがぜひ日本の皆さんにもお伝えしたいと思い一部を翻訳してご紹介します。クリスさんのレンズレビュー動画では、解像度以外にも様々な観点からレンズの性能を評価・解説してくれています。英語が分からなくても映像だけでも参考になると思うので、気になったレンズがあればぜひ動画も見てください。

※ランキング対象レンズは価格が1000ポンド(約15万円)未満のレンズです
※Canon EFマウント対応レンズのランキングです。APS-C専用レンズはランキング対象外です
※クリストファー・フロスト氏がテストした約150本のレンズをもとにランキングを作っています

第10位:Canon EF 40mm F2.8 STM

50mmF1.8の撒き餌レンズの陰に隠れがちなこのパンケーキレンズ。安いレンズであるにも関わらず開放のF2.8からシャープな映りを誇ります。中央部はもちろん周辺部まで描写が精細です。40mmという扱いやすい焦点距離に加え、気軽に持ち歩けるサイズで非常におすすめできるレンズです。

キヤノン単焦点レンズ Canon EF 40mm F2.8 STM / Amazon

価格:約16,000円

Canon EF 40mm f/2.8 STM lens review with samples (Full-frame and APS-C) / YouTube Christopher Frost Photography

第9位:Canon EF 70-200mm F4 IS USM L

15万円以下のキヤノン望遠レンズの中では最もシャープなレンズです。より新しいCanon EF 70-300mm F4-5.6 IS USM Lと比べてもわずかにこちらのレンズの方がシャープな写りをします。

キヤノン望遠レンズ Canon EF 70-200mm F4 IS USM L / Amazon

Canon EF 70-200mm F4 IS USM

価格:約140,000円

Canon 70-200mm f/4 IS USM ‘L’ lens review with samples (full frame and APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

第8位:Canon EF 135mm F2 USM L

誰もが認めるキヤノンの高解像レンズです。発売から10年以上経った今でもベスト10に入る解像度を誇ります。色やコントラストも素晴らしく、135mmという焦点距離でF値が驚異の2。この性能の高さからポートレート撮影に愛用されています。キヤノンはまもなくこのレンズの新しい設計のものを発表するのではないかと噂されています。

キヤノン単焦点レンズ Canon EF 135mm F2 USM L / Amazon

価格:約110,000円

Canon 135mm f/2 USM ‘L’ lens review with samples (Full-frame and APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

第7位:Sigma 35mm F1.4 ART

シグマの新しい「ARTシリーズ」のレンズも堂々のランクイン。「ART」の名前がつくレンズはシグマがそれまで販売してきたレンズと比べると非常に高価で高い解像力を備えていることが特徴です。いわばシグマのLレンズ。F1.4と大口径で明るいレンズでありながら開放からシャープな映像を生み出します。キヤノン新開発のCanon EF35mm F1.4L II USMと比べるとさすがにキヤノンに軍配が上がりますが、キヤノンのレンズは倍以上の値段です。

シグマ単焦点レンズ Sigma 35mm F1.4 ART / Amazon

価格:約86,000円

Sigma 35mm f/1.4 DG HSM Lens review (APS-C & full frame, with samples)/ YouTube Christopher Frost Photography

第6位:Venus Optics  Laowa 105mm F2 (T/3.2) STF

第6位にランクインしたのは新しいレンズ製造会社Venus Opticsが作るLaowaというブランドレンズです。非常に美しいボケ味が特徴で、その秘密がSTFにあります。STFとはSmooth Transfer Focus(Smooth Trans Focus)、スムーストランスファーフォーカスのこと。透過光量がレンズの中心部から周辺部に向けてなだらかに変化するフィルタ(アポダイゼーションフィルタ)を入れることで滑らかで美しいボケを実現しています。もともとミノルタが持っていた技術でいっときは幻のレンズになりかけ、最近では技術を引き継いだソニーがSTFレンズを作っています。ついにVenus OpticsのおかげでEFマウントなど多様なマウントにSTFレンズが登場。そしてこのLaowaレンズはSTFというだけでなくピントの合った場所をすさまじく解像します。マニュアルフォーカスなので扱いは難しいですがいま大注目のレンズです。

ヴィーナス オプティクス ラオワ単焦点レンズ Venus Optics  Laowa 105mm F2 (T/3.2) STF/ Amazon

現時点で日本のAmazon価格を見ると26万円と非常に高価ですが、公式サイトから購入すれば約700ドルです(Laowa 105mm f/2 Smooth Trans Focus (STF) Lens)。

Venus Optics ‘Laowa’ 105mm f/2 (T/3.2) STF lens review, with samples (Full-frame and APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

第5位:Samyang XP 14mm F2.4

フルサイズ対応で14mmと超広角の焦点距離。そしてF2.4と明るいレンズです。日本ではまだ発売されていないレンズですが高い解像力のレンズです。このランキングで唯一の超広角レンズ。

サムヤン超広角レンズ Samyang XP 14mm F2.4

Samyang XP 14mm F2.4

画像引用元 Samyang Optics XP 14mm F2.4

価格:約1000ドル

Samyang XP 14mm f/2.4 lens review with samples (Full-frame & APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

第4位:Samyang 135mm F2 ED UMC

サムヤン(Samyang)のポートレイトレンズがキヤノンの同様のレンズ(第8位)を抑えて第4位にランクインです。動画レビュー内の比較映像を見てもその差は明らか。サムヤンのレンズは値段がとても安いことも特徴です。マニュアルフォーカスを使いこなせるのであれば非常におすすめのレンズ。

サムヤン単焦点レンズ Samyang 135mm F2 ED UMC / Amazon

価格:約75,000円

Samyang 135mm f/2 ED UMC lens review with samples (Full-frame and APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

第3位:Sigma 50mm F1.4 ART

単焦点レンズの王様50mmレンズで最も高解像度だったのがこのシグマのアートレンズです。隅から隅までシャープな写り。開放のF値1.4から高い解像度です。50mmという焦点距離は様々なジャンルの撮影に対応可能。キヤノンのおそろしく高額なLレンズと比べるとまだ手が届く値段であることから非常に人気のレンズです。

シグマ単焦点レンズ Sigma 50mm F1.4 ART / Amazon

価格:約98,000円

Sigma 50mm f/1.4 DG ‘Art’ lens review with samples (Full-frame and APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

第2位:Sigma 85mm F1.4 ART

第2位もシグマのアートシリーズから。ごく最近発売されたばかりの85mm単焦点レンズです。驚くほどの高解像度で1位のレンズとの性能差も僅差です。シャープな写りに色収差もよく抑えられています。

シグマ単焦点レンズ Sigma 85mm F1.4 ART / Amazon

価格:約120,000円

Sigma 85mm f/1.4 ART lens review with samples (Full-frame & APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

第1位:Samyang XP 85mm F1.2

1位はなんとサムヤンの85mm単焦点レンズ。新しいレンズでまだ日本では発売されていません。2位のシグマの85mmレンズと解像度はほぼ同レベル。フルサイズでは差がなく、APS-Cサイズカメラで比較した時にわずかにサムヤンのほうがシャープな写りになります。またサムヤンは最大開放F値が1.2とより開放で撮影できることも鑑みて1位になりました。クリストファー氏はこのレンズはキヤノンの高級単焦点レンズEF85mm F1.2L II USM(約19万円)をしのぐ解像度だと評価しています。

サムヤン Samyang XP 85mm F1.2

画像引用元 Samyang Optics XP 85mm F1.2

価格:1000ドル

Samyang XP 85mm f/1.2 lens review with samples (Full-frame and APS-C)/ YouTube Christopher Frost Photography

惜しくもランク外のシャープなレンズ

ランキング外になってしまったものの、非常に解像度の高いレンズのリストです。

まとめ

クリストファー・フロスト氏が考える高解像レンズランキング。興味深い内容だったのではないでしょうか。冒頭にもお伝えしましたが、ランキングは価格が1000ポンド(約15万円)未満のレンズを対象に作られています。この価格帯の設定のためかキヤノンのLレンズはベスト10の中でわずか2本がランクインという結果になりました。高額なレンズで言うとCanon EF 70-200mm IS Ⅱ USM LCanon EF85mm F1.2 II USM L などが非常に高い解像度を誇るレンズとして有名です。

このランキングはクリストファー・フロスト氏がテストした約150本のレンズをもとに作成した2017年最新ランキングです。クリスさんは2015年にも同様のランキングを発表しています。2015年のランキングはAPS-C専用レンズも含んでおり(一部高級レンズも含む)、その内容は次のようなものでした。

The 10 Sharpest Lenses I’ve Ever Tested 2015 (for Canon cameras)/ YouTube Christopher Frost Photography

  1. Sigma 50mm F1.4 ‘ART’
  2. Samyang 135mm F2 ED UMC
  3. Sigma 35mm F1.4 ‘ART’
  4. Canon EF 400mm F5.6 USM ‘L’
  5. Canon EF 100mm F2 USM
  6. Samyang 14mm F2.8
  7. Canon EF85mm F1.2 USM II ‘L’
  8. Canon EF 200mm F2.8 USM II ‘L’
  9. Sigma 18-35mm F1.8 ‘ART’
  10. Samyang 16mm F2 AS UMC

こう比べて見るとサムヤンとシグマのアートシリーズが相変わらず高い解像度のレンズを作り続けていることがわかります。またVenus Optics Laowaレンズが2017年で登場したのが注目ですね。今後の新作レンズにも期待です。

また2015年はランキング外だったCanon EF 70-200mm F4 IS USM Lが2017年版では浮上するなど、フルサイズ対応レンズに限定したことによる順位変動もあるようです。

関連記事

今回の記事は比較的高額なレンズが多めですがより安い価格帯でおすすめのレンズをピックアップしました。

キヤノン人気レンズTOP10【KissX7や80DなどCanonのAPS-C一眼レフカメラにおすすめ】
Canon(キヤノン)の一眼レフカメラ用レンズは種類が豊富です。それがCanonの魅力のひとつですが、数が多いとどれを選べば良いかわかりませ...

カメラや関連機材についての記事も書いています。

70万円と4万円のカメラの違いは?キヤノンの全一眼レフカメラのスペックを比較・解説!
一眼レフカメラって複雑で違いが分かりにくかったりしますよね。値段が高い方が良いのは間違いないんだろうけど、なにがどう違うか分からない...
目的・予算別おすすめデジタル一眼レフカメラとレンズ紹介(キヤノン Canon)
カメラを買う目的は人によって様々です。こちらの記事では撮影ジャンルに分けて初心者向けにおすすめの一眼レフカメラと、レンズなどの関連機...
GH5はGH4から何が変わったのか?進化と気になるデメリットなど仕様を解説
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。海外のYouTube動画を見てGH5登場にわくわくしているAkiです。 画...
Canon一眼レフユーザーの私がPanasonic GH5を本気で欲しい9つの理由
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。GH5が欲しくてたまらないAkiです。 普段キヤノンの一眼レフカメラを愛用している...
おすすめカメラバッグ!ピークデザインのエブリデイバックパック長期間使用レビュー
エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作る...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
Facebook、Twitter、YouTube、Instagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。