スポンサーリンク

独特なマクロ撮影や美しいボケ味が魅力の「LAOWA」(ラオワ)レンズとは

シェアする

LAOWA(ラオワ、老蛙)とは、中国のVenus Optics(ヴィーナス・オプティクス)社が製造・販売するカメラ用レンズです。他社にない特徴的なマクロレンズや美しいボケ味を追求したレンズで近年存在感を高めています。いったいどのような企業なのでしょうか。ラオワレンズの魅力とその秘密に迫ります。

LAOWA24mmF14 Relay Lens

画像引用:Laowa 24mm f/14 Relay lens | YouTube

スポンサーリンク

Venus Opticsとは

会社の設立者は熱心なフォトグラファーたち。マクロ撮影が大好きで自分たちの欲しい最高のマクロレンズを作るために2013年に会社を設立しました(企業設立の由縁がリアリーライトスタッフに似ています)。中国の写真産業発展を志し、LAOWA(老蛙)というブランドを立ち上げました。

高品質でオンリーワンのレンズ

中国には安価な製品を作る企業が多いのですが、Venus Opticsは高品質路線をとっています。全体的に描写性能が高く、いずれのレンズも比較的シャープで色乗りが良いという評価を受けています(高解像レンズBEST10にもランクインするほどの性能)。また現在販売しているレンズはいずれもマニュアルフォーカス単焦点レンズ価格帯は5~15万円くらいになっているようです。しかし、より注目を集める特徴は他社にないマクロ性能や美しいボケ味です。歪みのない広角レンズや広角マクロ、撮影倍率2倍のマクロ、さらにSTFを採用したとろけるようなボケを実現したレンズなどがあります。後ほどそれぞれ詳しくご紹介します。多様なマウントに対応しており多くの一眼レフカメラやミラーレスカメラで使用可能です。

日本の代理店はサイトロンジャパンが務めています(参考:LAOWA製品取扱い開始のお知らせ – SIGHTRON)。オンラインショップは無いようですが、問い合わせをすれば取扱店舗の案内をしてくれるそうです。カメラのキタムラアマゾンなどでも販売しています。

社名の由来

Venus Optics公式ホームページのAbout Us によれば会社の名称はAnhui ChangGeng Optics Technology Company Limited。括弧(かっこ)の中にVenus Opticsと記載があります。一般的にはVenus Optics(ヴィーナス・オプティクス)という名前のほうが通りが良いようです。安徽省(あんきしょう、Anhui province)の合肥市(ごうひし、がっぴし)を拠点としています。

社名になっている「長庚(ChangGeng)」とは日没後、西の空に輝く金星、宵の明星のこと( コトバンク デジタル大辞泉 長庚とは)。これから自分たちが中国の写真産業において輝くのだ、という志と願いが社名にこめられています。またブランド名の「老蛙(Laowa、ラオワ)」とは毛沢東の有名な詩からとりました。毛沢東が自身の英雄的心情と壮大な野心を歌ったもので、これを自分たちのブランド名とすることで何ものにも揺るがぬ精神を示しています。

LAOWAレンズ紹介

具体的にどのようなレンズを作っているのか、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

LAOWA(ラオワ) 24mm F14 リレーレンズ

この記事の冒頭に掲載した写真のレンズです。こちらはまだ発売されていないのですが、2016年のフォトキナで注目を集めました。リレーレンズと呼ばれる広角マクロレンズで、その形から「ライフル」だとか「シュノーケル」とも呼ばれています。

最大撮影倍率が2倍。その長い形状から撮影の難しい場所、例えば岩のすきま、アリの巣などを撮影できます。また水中の撮影も可能。防水キャップの先端にはLEDライトが付いています。F14と暗いので照明やストロボが必要です。撮影サポートをするライティング商品も製造・販売していく予定とのこと。

決して笑いをとるネタ的なレンズではなく真面目に作られたレンズです。シネマ5Dによるインタビュー動画を見るとその真剣な雰囲気が伝わるかと思います。

2017年に発売予定。キヤノンとニコン用のマウントのレンズを製造販売します。価格は未定。

作例

このレンズを使用して撮影したサンプル動画がYouTubeにアップされています。
Laowa 24mm f/14 Relay lens Testing footage (underwater)
Laowa 24mm f/14 Relay lens Testing footage (On land)
Laowa 24mm f/14 Relay lens Testing footage no.3

LAOWA(ラオワ) 12mm F2.8 Zero-D

LAOWA(ラオワ) 12mm F2.8 Zero-D

画像引用:Laowa 12mm f/2.8 Zero-D

価格:約13万円 約950ドル
LAOWA 12mm F2.8 Zero-D | Amazon
LAOWA 12mm F2.8 Zero-D | カメラのキタムラ
Laowa 12mm f/2.8 Zero-D | Venus Optics

12㎜という超広角かつF2.8と明るいレンズ(フルサイズ対応)です。最大の特徴はディストーションフリーであること。広角レンズは光学的な歪みが生じることが普通ですが、このレンズはその歪みを補正してほとんど分からないレベルに抑えています。

開放F2.8での撮影でも周辺まで高い解像度を実現。かつ色収差も最小限に抑えられています。さらにレンズの大きさは小さくコンパクトに。高いレベルの光学設計を実現しつつ、軽量で持ち運びやすいレンズとなっています。

建造物や風景撮影、天の川などの星空の撮影に最適です。

また専用のホルダーをつけることでフィルターの利用も可能です。

フィルターを付けたLAOWA 12mm F2.8

画像引用:Laowa 12mm f/2.8 Zero-D | Venus Optics

さらにマジックシフトコンバーター(Magic Shift Converter)というアクセサリもあります。これはソニーのEマウントに付けると、このレンズを17㎜ F4のシフトレンズとして使えるようになるというもの(装着するレンズはキヤノン用かニコン用)。

マジックシフトコンバーターについては次のふたつの記事に詳しいです(両方とも英語)。
Venus Optics Magic Shift adapter | Photo Rumors
This is how the Laowa Magic Shift Converter works | Sonyalpharumors

主な仕様

  • 焦点距離:12mm
  • 最大口径比:F2.8
  • 絞り範囲:F2.8〜F22
  • 画角:122.96度
  • レンズ構成:10群16枚(特殊低分散レンズ3枚、非球面レンズ2枚を含む)
  • 絞り羽根枚数:7枚
  • 最短合焦距離:18cm
  • 最大撮影倍率:0.2倍
  • フォーカス:マニュアルフォーカス(MF)
  • サイズ:約74.8×約82.2mm(レンズマウントにより変動有り)
  • 質量:約610〜650g(レンズマウントにより変動有り)
  • マウント:Nikon F/Canon EF/Sony A/Sony FE/Pentax K

※Venus Opticsの公式ホームページには専用アダプターを付けることでマイクロフォーサーズとフジXマウントにも対応すると記載されています。しかし、日本の代理店ではそれらのマウント向けには販売しないようです。

作例

公式ホームページの「GALLERY」の項目に作例が豊富に掲載されています。
Laowa 12mm f/2.8 Zero-D | Venus Optics

こちらもメーカーがYouTubeに投稿しているサンプル動画です。
Sample Footage – Laowa 12mm f/2.8 Zero-D Lens

私の大好きなレビュワーChristopher Frost氏のレンズレビュー。
Venus Optics ‘Laowa’ 12mm f/2.8 ‘Zero-D’ lens review with samples (Full-frame and APS-C)

Dustin Abbott氏の詳細なレビュー。
Laowa 12mm f/2.8 Zero D Final Review and IQ Test

Nicky Bay氏の美しい映像の数々。
Laowa 12mm F/2.8 ZERO-D Ultra Wide Angle Lens Preview

関連・参考リンク

2017年2月8日 LAOWA 12mm F2.8 発売のお知らせ | サイトロンジャパン

LAOWA(ラオワ)105mm F2(T/3.2) STF

LAOWA(ラオワ)105mm F2(T/3.2) STF

画像引用:Laowa 105mm f/2 Smooth Trans Focus (STF) Lens | Venus Optics

価格:約9万3千円 約700ドル
LAOWA 105mm f/2 Smooth Trans Focus (STF) Lens | Amazon
LAOWA 105mm f/2 Smooth Trans Focus (STF) Lens | カメラのキタムラ
Laowa 105mm f/2 Smooth Trans Focus (STF) Lens | Venus Optics

非常に美しいボケ味が特徴。本当に美しいので、下に紹介している作例リンクをぜひご覧ください。

美しいボケの秘密がSTFにあります。STFとはSmooth Transfer Focus(Smooth Trans Focus)、スムーストランスファーフォーカスのこと。レンズユニット内に「アポダイゼーション(APD)フィルター」というガラスが入っています。これにより透過率が中心から周辺部に向かってなだらかに変化して、それが美しく自然なボケ味の表現をもたらしています。

参考:アポダイゼーションフィルター(APDフィルター)の原理と効果 | 富士フイルム

開放F値は2ですがフィルターを挟んでいるので実際の明るさ(つまりT値)は3.2相当になります。

またこのレンズはピントが合った面の解像度が非常に高いことも特徴です。被写体のシャープな写りと、背景のとろけるようなボケ味が魅力的な映像表現を可能にします。弱点としては逆光に弱いことが指摘されているようです。

参考:高解像度レンズランキングTOP10キヤノン一眼レフカメラ用(フルサイズ対応)

主な仕様

  • 焦点距離:105mm
  • 最大口径:F 2.0 T 3.2
  • 画角:23.1度
  • レンズ構成:8群11枚
  • 最小絞り:F 22
  • 最小撮影距離:0.9m
  • 最大撮影倍率:0.16倍
  • フィルター径:67mm
  • フォーカス:マニュアルフォーカス(MF)
  • サイズ:76mm×98.9mm(レンズマウントにより変動有り)
  • 質量:746g(レンズマウントにより変動有り)
  • マウント:Nikon F/Canon EF/Sony A/Sony FE/Pentax K

作例

まずChristopher Frost氏のレビュー動画。一定の方式に従って様々なレンズの評価をしているので他のレンズの比較がしやすいです。
Venus Optics ‘Laowa’ 105mm f/2 (T/3.2) STF lens review, with samples (Full-frame and APS-C) | Christopher Frost

Dustin  Abbott氏も詳細なレビューをしています。
Laowa STF 105mm f/2 (T3.2) Final Review + Image Quality Examination | Dustin Abbott

このレンズは日本でもレビュー例が比較的多いです。
LAOWA 105mm F2 Bokeh Dreamer – マップカメラ
LAOWA 105mm F2.0 (T3.2) Bokeh Dreamer – insomnia – ココログ

関連・参考リンク

高解像度レンズランキングTOP10キヤノン一眼レフカメラ用(フルサイズ対応)

LAOWA カメラレンズ105mmF2発売決定のお知らせ – SIGHTRON

LAOWA(ラオワ)15mm F4 マクロ シフト機能付き

Laowa 15mm f4 Wide Angle Macro

画像引用:LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro Lens | Venus Optics

価格:約7万3千円 約500ドル
LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro Lens | Amazon
LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro Lens | カメラのキタムラ
LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro Lens | Venus Optics

焦点距離15mmと超広角でありながら最大撮影倍率1倍のマクロレンズです。さらにAPS-Cサイズのカメラにつけた場合、6mm上下移動可能なシフト機能を備えています。最大撮影倍率で撮影する場合、レンズの前面から被写体の距離はわずか0.47cmです。

ふつうマクロ撮影といえば背景が完全にボケて被写体が浮き立って見える映像が一般的。一方このレンズであれば被写体を大きく映しつつ、背景もどのようになっているか見てとれる映像表現が可能です。

非常に珍しいタイプのレンズなので、これまで撮影したことのないような映像表現の可能性を秘めています。創造性を刺激するレンズとも言えそうです。

主な仕様

  • 焦点距離:15mm
  • 最大口径比:1:4
  • 最小絞り:F32
  • 画角:110度(フルサイズフォーマット)、85度(APS-Cフォーマット)
  • フォーマットの互換性:フルサイズ対応
  • シフト量:+/-6ミリメートル(APS-Cセンサーの場合のみ)
  • レンズ構成:9群12枚(特殊低分散レンズ1枚、高屈折レンズ3枚)
  • 絞り羽根枚数:14枚
  • 最小フォーカシングディスタンス:センサーから12cm
  • 最小ワーキングディスタンス:レンズ前面から0.47cm(1:1)
  • 最大倍率比:1:1
  • フォーカス:マニュアルフォーカス(MF)
  • フィルターサイズ:77mm
  • マウント:Nikon F / Canon EF / Sony A / Sony FE / Pentax K
  • 寸法:83.8×64.7mm
  • 重量:410g

作例

次のYouTube動画はLAOWA以外にも様々な組み合わせによる広角マクロ撮影の作例が出て来て面白いです。
Wide Angle Macro and the Venus/LAOWA 15mm Macro Lens | Thomas Shahan

Christopher Frost氏のレビュー動画。
Venus Optics ‘Laowa’ 15mm f/4 Macro lens review with samples (Full-frame & APS-C) | Christopher Frost Photography

関連・参考リンク

LAOWA製品取扱い開始のお知らせ – SIGHTRON

LAOWA(ラオワ)60mm  F2.8 2倍マクロ

Laowa 60mm f/2.8 2X Ultra-Macro

画像引用:LAOWA 60mm f/2.8 2:1 Ultra-Macro Lens | Venus Optics

価格:約5万4千円 約400ドル
LAOWA 60mm f/2.8 2:1 Ultra-Macro Lens | Amazon
LAOWA 60mm f/2.8 2:1 Ultra-Macro Lens | カメラのキタムラ
LAOWA 60mm f/2.8 2:1 Ultra-Macro Lens | Venus Optics

エクステンションチューブなどのアクセサリを必要とせずに最大撮影倍率2倍を実現したマクロレンズです。ふつうエクステンションチューブを付けてマクロ撮影する場合、近距離のものしかフォーカスが合わなくなりますが、このレンズは倍率0.1倍から2倍まで自由に変えられます。また焦点距離が60mmと比較的短いのでマクロ撮影の他、風景撮影やポートレート撮影などにも使いやすいです。

非常にシャープな写り。フルサイズにも対応していますが、基本的にAPS-Cサイズのカメラのほうが映像のパフォーマンスは高いようです(フルサイズは周辺光量の低下が著しい)。

金属の筐体でありながら比較的コンパクトで軽量です。レンズポーチ、フィルター(62mm径)が付属。

主な仕様

  • 焦点距離:60mm
  • 最大口径比:1:2.8
  • 最小絞り:F22
  • 画角:25.3度度
  • フォーマットの互換性:APS-C(マクロと通常の撮影の両方)、フルフレーム(マクロ撮影のみ)
  • レンズ構成:7群9枚
  • 絞り羽根枚数:14枚
  • 最小フォーカシングディスタンス:センサーから18.5cm
  • 最大倍率比:1:2
  • フォーカス:マニュアルフォーカス(MF)
  • フィルターサイズ:62mm
  • マウント:Nikon F / Canon EF / Sony A / Sony FE / Pentax K
  • 寸法:95×70mm
  • 重量:503g

作例

Venus Optics公式ホームページ「GALLERY」の項目に作例の写真が掲載されています。
LAOWA 60mm f/2.8 2:1 Ultra-Macro Lens | Venus Optics

Christopher Frost氏のレビュー動画。
Venus Optics ‘Laowa’ 60mm f/2.8 Macro 2:1 lens review with samples (Full-frame and APS-C) | Christopher Frost

Thomas Shahan氏のレビュー動画。
A Quick Review of the VENUS V-DX 60mm f/2.8 2:1 Ultra-Macro Lens | Thomas Shahan

関連・参考リンク

LAOWA製品取扱い開始のお知らせ – SIGHTRON

Laowa 60mm f/2.8 2X Ultra-Macro Lens | Venus Optics

LAOWA(ラオワ)7.5mm F2 MFT

Laowa 7.5mm f/2 MFT

画像引用:Laowa 7.5mm f/2 MFT – LAOWA Camera Lenses

実売価格:約7万円

2017年6月上旬発売予定のマイクロフォーサーズマウント用超広角レンズです。110度の広い画角で、さらにF2という明るいので夜景・建築・天体写真などへの利用が期待されています。またマイクロフォーサーズ用レンズらしく質量は170gと非常に軽いです。軽量性を活かしてドローンによる空撮やジンバルを用いた動画撮影にも用いる人が出てくるかもしれません。

主な仕様

  • 焦点距離:7.5mm
  • 最大口径:F2
  • 画角:110度
  • レンズ構成 : 9群13枚
  • 絞り羽根枚数 : 7枚
  • 最少撮影距離 : 12cm
  • 最大撮影倍率:0.11倍
  • フィルター径 : 46mm
  • サイズ : 50×55mm
  • 質量 : 約170g
  • マウント : マイクロフォーサーズ

作例

Venus Optics公式YouTubeチャンネルにドローンを利用して撮影された映像がアップされています。

Laowa 7.5mm f/2 MFT aerial footage – UK coastline at sunset – YouTube

LAOWA 7.5mm f/2 MFT Test Aerial Footage (Shot with DJI Inspire) – YouTube

LAOWA 7.5mm f/2 MFT Test Aerial Footage – YouTube

参考・関連リンク

LAOWA カメラレンズ 7.5mm F2 MFT 発売に関するお知らせ – SIGHTRON

まとめ

特色あるレンズぞろいのVenus  OpticsのLAOWA(ラオワ)。他社とうまく差別化してユニークなレンズを製造・販売しています。光学設計が非常に優れいる上に、価格もリーズナブルな値段に抑えられています(安くはないけれど、超高級というわけでもない)。マニュアルレンズでクセのあるレンズばかりなので扱いは難しいかもしれませんが、そのぶん既存のレンズでは実現できなかった映像表現の可能性をもたらしてくれています。今後とも注目のブランドです。

ちなみにカメラの祭典「CP+(プラス)2017」では最大撮影倍率がなんと5倍のマクロレンズを参考出展していたそうです(参考:【イベントレポート】【CP+】MFレンズとマウントアダプターのマニアックな世界 – デジカメ Watch)。

5月31日までキャッシュバックキャンペーン実施中です!LAOWA 12mm F2.8 Zero-D、LAOWA 105mm F2 ‘Bokeh Dreamer’を購入した場合 10,000円、LAOWA 15mm F4 Wide Angle Macro with Shift、LAOWA 60mm F2.8 Ultra-Macroを購入した場合5,000円のキャッシュバックを得られます。お得に購入できる貴重なチャンスなのでお見逃しなく!
参考:【お知らせ】LAOWAキャッシュバックキャンペーンの期間延長のお知らせ – SIGHTRON

東京・上野のショールームにてLAOWAレンズのレンタルサービスが開始されます。なかなか実物を触る機会を得られないレンズなので興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

参考:サイトロンジャパン、LAOWAのレンズレンタルを開始 – デジカメ Watch

おすすめ関連記事

マクロレンズを使ったことがありますか?撮影がとても楽しくなるレンズなのでカメラを始めたら最初に買ってほしいくらいおすすめのレンズです。この記事では、マクロレンズとはどのような魅力あるレンズなの...
カメラ好きの皆さん、超広角レンズを使っていますか?「まだ持っていない」、あるいは「持ってるけど上手く撮れない」という人向けに超広角レンズの魅力と上手な撮影方法・コツ、そしておすすめのレンズをご紹介...
カメラ用レンズでよく注目される性能のひとつが「解像力」。どのようなレンズを用いるかによって写真の解像感は大きく左右されます。自分の写真はなんだかボヤッとしていて解像感に欠ける…なんて悩みを抱え...
キヤノン(Canon)の一眼レフカメラ用レンズは種類が豊富です。それがキヤノンの魅力のひとつですが、数が多いとどれを選べば良いかわかりませんよね。そこでレンズ選びに迷う初心者の方向けにおすすめレンズを...
ニコン一眼レフカメラユーザーで、特に初心者の人向けにおすすめのレンズをご紹介します。ニコンのAPS-Cサイズ(DXフォーマット)の一眼レフカメラに適したコスパの良いレンズを選びました。D3000シリー...
YONGNUO(ヨンヌオ)やNEEWER(ニーワー)といった中国メーカーの格安レンズをご紹介します。6000円〜というカメラ用交換レンズとしては異常に安い価格で人気があります。その性能や魅力をまと...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。