スポンサーリンク

キヤノンEOS 6D Mark2のスペック詳細!フルサイズ一眼レフカメラ入門におすすめ?

シェアする

キヤノンから新しい一眼レフカメラEOS 6D MarkⅡが発表されました。2012年に発売されたエントリーフルサイズカメラEOS 6Dの後継機種です。6Dの発売から年月が経ち待望のリニューアル。その進化した性能や特徴、どういった人におすすめのカメラなのか解説します。

キヤノンEOS 6D Mark2

画像引用:キヤノン:EOS 6D Mark II|概要

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。そろそろフルサイズのカメラが欲しいと思っているAkiです。先代のEOS 6Dは「軽やかにフルサイズ。」のキャッチコピーで売り出されました。それまでの重くて大きくて値段が高いというフルサイズカメラのイメージを覆すような、軽量でリーズナブルな価格のカメラでした。その6D発売から約5年。いったいどれほど進化したのか細かく見ていきましょう。

スポンサーリンク

Canon EOS 6D MarkⅡの基本スペック

主な仕様を他のキヤノン製一眼レフカメラと比較しながら確認します。

フルサイズカメラのスペック比較表

カメラ名のリンクはAmazonです。現状の価格の確認にご利用ください(表中の価格は記事執筆時点でのおよそのボディ単体価格です)。

カメラ 1DX Mark II 5D Mark IV 5D Mark III 6D Mark II 6D
価格 約63万円 約35万円 約24万円 約24万円 約13万円
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ フルサイズ フルサイズ フルサイズ
有効画素数 2020万 3040万 2230万 2620万 2020万
映像エンジン デュアルDIGIC6+ DIGIC6+ DIGIC5+ DIGIC7 DIGIC5+
常用最高ISO 51200 32000 25600 40000 25600
動画記録サイズ 4K 60P / FHD120P 4K 30P / FHD 60P FHD 30P / HD 60P FHD 60P / HD 60P FHD 30P / HD 60P
AF測距点 61 61 61 45 11
ライブビューフォーカス方式 デュアルピクセルCMOS AF デュアルピクセルCMOS AF コントラスト検出方式
位相差検出方式
デュアルピクセルCMOS AF コントラスト検出方式
位相差検出方式
連続撮影枚数 14/秒 7/秒 6/秒 6.5/秒 4.5/秒
ファインダー視野率 100% 100% 100% 98% 97%
Wifi 有り 有り 無し 有り 有り
モニター(バリアングル、タッチ) 固定式タッチパネル 固定式タッチパネル 固定式 バリアングル・タッチパネル 固定式
カードスロット ダブル
CF・CFast
ダブル
CF・SD
ダブル
CF・SD
シングル
SD
シングル
SD
質量(バッテリー、SDカード含む) 1530g 890g 950g 765g 755g
発売日 2016年4月 2016年9月 2012年3月 2017年8月4日予定 2012年11月

キヤノンAPS-Cサイズカメラとの比較表

カメラ 6D Mark II 7D Mark II 80D  9000D/
Kiss X9i
Kiss X9
価格 約24万円 約13万円 約10万5千円 約10万5千円/
8万5千円
 約7万円
センサーサイズ フルサイズ APS-Cサイズ APS-Cサイズ APS-Cサイズ APS-Cサイズ
有効画素数 2620万 2020万 2420万 2420万 2420万
映像エンジン DIGIC7 デュアルDIGIC6 DIGIC6 DIGIC7 DIGIC7
常用最高ISO 40000 16000 16000 25600 25600
動画記録サイズ FHD 60P / HD 60P FHD 60P / HD 60P FHD 60P / HD 60P FHD 60P / HD 60P FHD 60P / HD 60P
AF測距点 45 65 45 45 9
ライブビューフォーカス方式 デュアルピクセルCMOS AF デュアルピクセル CMOS AF、コントラスト検出方式 デュアルピクセルCMOS AF デュアルピクセルCMOS AF デュアルピクセルCMOS AF
連続撮影枚数 6.5/秒 10/秒 7/秒 6/秒 5/秒
ファインダー視野率 98% 100% 約100% 95% 95%
Wifi 有り 無し 有り 有り 有り
モニター(バリアングル、タッチ) バリアングル・タッチパネル 固定式 バリアングル・タッチパネル バリアングル・タッチパネル バリアングル・タッチパネル
質量(バッテリー、SDカード含む) 765g 910g 730g  540g/532g 453g
発売日 2017年8月4日予定 2014年9月 2016年3月 2017年4月 2017年7月下旬

Canon EOS 6D MarkⅡの特徴

6D MarkⅡのここが良い!

フルサイズで高画質

センサーサイズはフルサイズ。フルサイズには高感度撮影に強い、豊かな諧調で被写体のディテールや微妙な色彩を写せる、美しいボケ味、フルサイズ向け高級レンズの性能を余すことなく引き出せる、などのメリットがあります。有効画素数は2620万画素で、画像処理エンジンは最新のDIGIC7。APS-Cサイズのカメラとは一味違った映像表現が可能になるでしょう。

バリアングル液晶

キヤノンのフルサイズカメラで初めてバリンアグル液晶が搭載されました。ハイポジションやローポジションでの撮影の際に構図を見やすくなります。また逆向きに回転させることもできるので自撮りにも便利です。

デュアルピクセルCMOS AF

ライブビューの撮影の際に素晴らしいオートフォーカス性能を発揮します。バリアングルモニターと合わせて動画撮影が非常に快適になりました。

小型軽量

「かろやかなフルサイズ。」のEOS 6Dの後継機だけあって、MarkⅡも765gと軽量です。5D MarkⅣが890gであることと比較するとだいぶ軽いですね。

リーズナブルな値段

公式ストアで税込み24万3千円です(参考:EOS 6D Mark II(ボディーのみ)|キヤノンオンラインショップ)。もちろん小さい額ではありませんが、EOS 5D Mark4のようなカメラと比べるとだいぶ安い値段です。また、発表直後の公式ストアの額なので、家電量販店やネット購入であれば価格はもう少し下がると予想されます。

追記:カメラのキタムラで販売ページができています。
キヤノン EOS 6D MarkII ボディ – カメラのキタムラ
キヤノン EOS 6D MarkII EF24-105 IS STM レンズキット – カメラのキタムラ
キヤノン EOS 6D MarkII EF24-70 F4L IS USM レンズキット – カメラのキタムラ

4Kタイムラプス

キヤノンの一眼レフカメラで初めてタイムラプスを4Kで撮影できるようになりました(タイムラプスのみで通常の動画の記録サイズはFHDまで)。

サンプルムービー

星景タイムラプスが美しい…

6D MarkⅡのここはイマイチ!

ファインダー視野率が98%

下位機種であるEOS 80Dが視野率100%を実現しているにも関わらず6D MarkⅡは98%です。

AF測距点の範囲が狭い

EOS 6D Mark2 AF測距点

画像引用:キヤノン:EOS 6D Mark II|高速AF

画像は公式サイトのものですが、AF測距点が45もあるわりに中央に寄っていて端がスカスカです。また、5D MarkⅣや7D MarkⅡのようなAFポイントを動かせる親指スティックや測距エリア選択ボタンが6D MarkⅡにはありません(6D MarkⅡの操作ボタンはおおむね80Dと同じ)。

6D MarkⅡの外観については次のページを参照ください。
参考:キヤノン:EOS 6D Mark II|各部名称

シングルカードスロット

カードスロットはひとつ。SDカードスロットのみで、SDカードのUHS-2やCFカードには対応していません。

シャッタースピードが最速で1/4000

日中に大口径レンズを開放で撮影するときなどはNDフィルターが必要で少し不便かもしれません。

4Kが撮れない

動画記録サイズはフルHDが限界。タイムラプスのみ4K撮影ができますが、今の時代のデジタルカメラとして4Kが撮影できないのは少し物足りないところ。

ヘッドフォン端子がない

動画撮影の際の音声モニターに便利なヘッドフォンを直接カメラに差すことができません。80Dにはあるので、上位機種の6D MarkⅡにないのはやはり残念です。

ストロボ同調シャッタースピード

なぜかわかりませんがストロボ同調最高シャッター速度が1/180秒と少し中途半端です。

Canon EOS 6D MarkⅡはどんな人におすすめ?

EOS 5D MarkⅣほどハイスペックでなくて良いからもう少し安いフルサイズカメラが欲しいという人には最適。旧6Dと比べると大幅にAF測距点が増え、タッチパネルに対応するなど、操作性が大きく向上しました。

バリアングル液晶で、デュアルピクセルCMOS AFを搭載したフルサイズ一眼レフカメラはEOS 6D MarkⅡが初めて。これにより快適に高画質の動画撮影が行えるようになりました。5軸電子手振れ補正やHDR動画、オートフォーカススピード調節機能もあります。フルサイズカメラで一眼ムービーを撮りたい人にはとても良いカメラと言えるでしょう。

参考:

4Kが撮れないことを残念に思う人もいるでしょうが、4K映像の編集・再生にはそれ相応の環境が必要なのでまだまだ4Kは気軽に楽しめる状況ではありません。そういったことを考えると、フルサイズでFHDの映像というのはいまの時代に適しているのかもしれません。

まとめ

バリアングル・フルサイズというのがEOS 6D MarkⅡの特徴を端的に表しているかもしれません。フルサイズ一眼レフのなかでは使い勝手の良さが際立ちます。これからカメラを趣味にしたい人、APS-Cサイズカメラからのステップアップをしたい人、フルサイズ機で動画を撮りたい人にはとても魅力的なカメラではないでしょうか。

EOS 6D MarkⅡは2017年8月4日発売。

キヤノン EOS 6D MarkII ボディ – カメラのキタムラ
キヤノン EOS 6D MarkII EF24-105 IS STM レンズキット – カメラのキタムラ
キヤノン EOS 6D MarkII EF24-70 F4L IS USM レンズキット – カメラのキタムラ

追記(2017年8月10日):「レンタル館」にてEOS 6D MarkⅡのレンタルが利用できるようになりました。購入を検討している方はレンタルを試してみると良いかもしれません。

参考:キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark IIレンタル – レンタル館

キヤノン公式ウェブサイト:

こちらの記事もおすすめです。

キヤノンからフルサイズ一眼レフカメラEOS 6D MarkⅡが発表されました。未発売の新商品ですが、キヤノンのショールームには先駆けてカメラの実機が展示されていて実際に手に取って撮影することができます...
キヤノンから新しく発売されるEOS 6D MarkⅡ。キヤノンの最新フルサイズ一眼レフカメラです。これまでキヤノンのカメラで写真を撮っていた人たちはもちろん、動画を撮影する人にとっても魅力的なカメラで...
カメラファンにとって憧れのフルサイズカメラ。5D Mark4や6D Mark2など素晴らしいカメラを手にしたらそれにふさわしい良いレンズを揃えたいところです。特に標準ズームレンズは最も使う頻度が多く種...
カメラ用レンズでよく注目される性能のひとつが「解像力」。どのようなレンズを用いるかによって写真の解像感は大きく左右されます。自分の写真はなんだかボヤッとしていて解像感に欠ける…なんて悩みを抱え...
使ってないカメラやレンズを売りたい!あるいは新しく買い換えるために今持っているものを売りたい!という人は多いのではないでしょうか。せっかく売るならできるだけ高く買取りしてもらいたいですよね。複数の...
カメラを趣味にされている人は普段カメラ用品をどこで買っていますか?この記事では私が普段カメラ関連用品を買うときに利用しているお店や、お得な買い物の方法についてご紹介します。家電量販店、Amazon...

参考:

Introducing the EOS 6D Mark II Digital Camera – YouTube

CANON EOS 6D MARK II: First Look with Rick Sammon, Canon Explorer of Light – YouTube

First Look: Canon EOS 6D Mark II – YouTube

CANON EOS 6D MARK II: First Look with Rick Sammon, Canon Explorer of Light – YouTube

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク