おすすめカメラバッグ!ピークデザインのエブリデイバックパック長期間使用レビュー

シェアする

Peak Design Everyday Backpack Review

エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作るリュック型最新カメラバッグです。このエブリデイバックパックを約二ヶ月使ってみて最高のカメラバッグだと思いました!詳細にレビューして皆様にご紹介しようと思います。またピークデザイン社の公式ホームページが非常に充実しているのですが、日本語訳がないようなので私が一部を翻訳してお伝えします。

※詳細で長い記事なので目次から必要な部分を見たり、ブックマークしておくと便利かと思います。

※長い文章を読むのは面倒という人はまず公式動画を見てみてください。英語ですが言葉がわからなくてもだいたいの雰囲気は伝わると思います。動画のあとにより詳しく知りたい項目を下の目次からご覧下さい。

ピークデザインとは

ピークデザイン(Peak Design)は数々のユニークなカメラアクセサリーを手がけるアメリカの企業です。非常にクリエイティブな精神を持った人たちの集まりで、他社ではなかなか出会えない発想・デザインの製品を数多く開発しています。商品開発の資金をクラウドファンディングによって得ていることも特徴です。海外メーカーの商品ですが、日本では銀一が代理店となっていてAmazonなどで気軽に買えるようになっています。エブリデイバックパックはアメリカでは2016年の秋頃から販売され日本でも2016年12月から発売されました。

エブリデイバックパックのサイズと色

サイズ 20Lと30L

20Lと30Lの2サイズがあります。筆者が持っているのは20Lです。

上部のポケットが段階式になっています。

4段階の留め具があり一番上でとめると下の写真のようになります。

20Lや30Lといったカバンのサイズが示している容量は、一番上の位置でとめたときの最大容量になります。つまり20Lはポケットを一番上でとめたときの最大サイズが20リットル。ポケットを一番下でとめたときの最小サイズが12リットルです。30Lは最大サイズが30リットルで最小サイズが18リットルになります。

このポケットの仕組みのおかげで最大まで荷物を入れないときはとてもコンパクトなサイズにおさまります。

エブリデイバックパック 仕様表

20Lサイズ 30Lサイズ
外寸 幅30cm
高さ46cm(最小)54cm(最大)
奥行き17cm
幅33cm
高さ51cm(最小)59cm(最大)
奥行き20cm
容量 12リットル(最小)
20リットル(最大)
18リットル(最小)
30リットル(最大)
収納PCサイズ 15インチ
縦38cm 横25cm 高さ2.5cm
16インチ
縦40cm 横27cm 高さ4cm
重量 1351g 1542g

背負った時のサイズ感は下の写真をご覧になるとわかりやすいです。小柄な人から大柄の人まで身長別にそれぞれのサイズのカバンを背負った様子です。

実際どの程度の機材がカバンに入るかを次の写真でデモンストレーションしています。

What's in Everyday Backpack 20L

What's in Everyday Backpack 30L

ご覧のように多くの荷物が入ります。パッキングの仕方しだいで本当に様々なものを収納できます。のちほどパッキング例の項目でより詳しくご紹介します。

色 チャコールとアッシュ

色の種類はチャコールとアッシュです。暗いグレーと明るめのグレー。写真の手前がアッシュ、奥がチャコールです。

スポンサーリンク


多数のポケットと仕切りでたっぷり収納

カバンの中には3つの仕切りがあります。ベルクロで付いていて自由に取り外したり、動かすことができます。また仕切りを折って小分けのスペースを作れる仕組みになっています。

エブリデイバックパック中の仕切り

この仕切りのおかげで、自分の荷物のサイズに合わせて収納スペースを自由にカスタマイズできます。この自由度の高さがこのカバンの非常に大きな魅力です。フルサイズのカメラボディでも収納可能ですし、縦持ちグリップと望遠レンズを付けたままでも収納可能です。詳細はパッキング例の項目にて。

メインの収納部へのアクセスポイントは上ポケットとカバン両サイドの計3つです。またサイドのポケットはダブルファスナーになっています。ファスナー部分には盗難防止の仕組みがあります。

Peak Design Everyday Backpack Anti-theft Peak Design Everyday Backpack Anti-theft Peak Design Everyday Backpack Anti-theft Peak Design Everyday Backpack Anti-theft

上の写真のようにファスナーの持ち手のヒモをわっかに固定できる仕組みになっています。これにより誰かに勝手に開けられないようにできます。

カバン上部のファスナーを開けるとパソコンが入るポケットがあります。収納できるパソコンのサイズは20Lが15インチ、30Lが16インチです。

エブリデイバックパック パソコン収納ポケット

またタブレットをいれられる少し浅めのポケットもすぐ隣にあります。

エブリデイバックパック タブレット収納ポケット

さらに同じところに伸縮性のあるポケットがあります。私はマウスや電源コード、外付けHDDなどを入れるのに使っています。

エブリデイバックパック 伸縮ポケット エブリデイバックパック パソコン収納ポケット

カバン上部のポケットはマグラッチという機構。磁力を利用した仕組みで、これが簡単にしっかりとポケットを閉じられるようになっていて非常に快適です。

Peak Design MagLatch マグラッチ機構

開け方は少し慣れがいります。仕組みを理解していると簡単に開けられます。このマグラッチの構造はYouTuberの瀬戸弘司さんの動画(1:35から)でわかりやすく説明されているのでぜひご覧ください。

カバンの外側にサイドポケットがあります。ここにペットボトルや三脚をいれられます。サイズは大きめなので、折りたたみ傘とミニ三脚を同じポケットに入れても余裕です。

エブリデイバックパック サイドポケット

またヒモがついていて三脚など長さのあるものを固定できるようになっています。

エブリデイバックパック サイドポケット

さらにカバンの背中側にヒモで寝袋やドローンを固定できるようにもなっています。私はドローンを持っていませんが、20Lも30LもDJI Mavicがコントローラー、カメラアクセサリー付きの状態で保持できるように設計されているようです。30LはDJI Phantom4でもフィットするサイズだと公式サイトに記載があります。

ドローンを背負っている様子

登山用具を背負っている様子

画像引用元 The Everyday Backpack, Tote, and Sling by Peak Design — Kickstarter

頑丈かつ防水で様々なシーンに対応

とてもがっちりとした作りで頑丈なカバンです。防水素材の生地と止水ファスナーなのでちょっとの雨の中なら傘を差さなくても安心です。私がつかっているときにも突然雪が降ってきて雪に濡れながら歩いたことがあるのですがカバンの中身はまったく濡れていませんでした。

エブリデイバックパックに積もった雪

防水性を検証した動画があります。約4分シャワーにさらしても中にしきつめたキッチンペーパーにはシミひとつありません。

普段使い・通勤にも

派手すぎず地味すぎずの見た目なので、カジュアルなシーンから通勤カバンにも使えそうです。サイドに付いている持ち手もとても役立ちます。通勤などで電車に乗る際に背中から手に持ち替えたり、荷台の上に乗せるときに持ちやすいです。

エブリデイバックパック サイドの持ち手

旅行・登山にも

腰ベルトと胸ベルトがあり、疲れない工夫が施されています。胸ベルトはフックをひっかけて固定。

エブリデイバックパック 胸ベルト エブリデイバックパック 胸ベルト

エブリデイバックパック 腰ベルト

このカバンでハイキングに出かけた時のことを下の記事に書いています。

森林植物園までハイキングコースを歩いてみた!楽しくて登山初心者にもおすすめ
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。特別運動が得意なわけではないけれど何故か長距離歩くのがけっこう好きなAkiです。 ...

またスーツケースの上に乗せて固定できるよう背負う部分に隙間があります。旅行や出張の際に便利ですね。

見た目・デザイン性

多機能なカメラバッグにありがちなのがいかにもカメラバッグという見た目であまりおしゃれじゃないという欠点です。このエブリデイバックパックの見た目をおしゃれと感じるかどうかは人の好みによると思います。個人的な感想としては、スタイリッシュでかっこいいデザインだと思います。グレーを基調として随所に赤や青のステッチが入っているのはとても好印象です。

チャコールはステッチの色が赤色で、アッシュは青色のステッチが入っています。個人的には赤色のほうが他のピークデザイン製品やマンフロット(三脚メーカー)のカラーリングとマッチするので好きです。アッシュの方は持ち手やファスナーの部分がベージュ色で全体的に明るい雰囲気。

ちなみにもし見た目かわいい系のカメラバッグが欲しいならnadowaのカメラバッグがおすすめです。

nadowa トート型カメラバッグ campagne 赤

画像引用元 nadowa

nadowaのカメラバッグには色とサイズのバリエーションがありますが、私は鮮やかな黄色のカンパーニュという大きなトートバッグを愛用しています。大容量でカメラ以外にも本やらパソコンやら入るのでお気に入り。最近はエブリデイバックパックの陰に隠れて出番が少なくなりがちですが、肩がけのトートタイプとしてはとても良いカバンだと思います。nadowaのカバンはさほど緩衝性はなく防水でもないので気軽なお出かけ向きだと思います。

パッキング例

エブリデイバックパックは非常に多機能でカスタマイズ性に富んでいるので人によって様々な使い方ができます。

まず、私が普段どのような持ち物を20Lサイズのバックパックにどのようにパッキングしているかご紹介します。

パッキング例 パッキング例

一例ですが、上の写真のような荷物を入れています。リストアップすると次の通り。

  • パソコン15インチ、マウス、電源コード
  • APS-Cサイズ一眼レフカメラ 標準ズームレンズ付き
  • マクロレンズと超広角ズームレンズ(単焦点レンズと入れ替えることも)
  • 外付けガンマイク
  • 防水カバー(Peak Design Shell)
  • ポーチ(ブロワー、クロス、SDカード、パンケーキレンズなどを収納)
  • お弁当箱
  • ミニ三脚
  • 折り畳み傘
  • タンブラー

メイン収納部は元々仕切りが3つ入っていますが私は仕切りをひとつ取り除いて使っています。一番下の段にレンズを2本、真ん中の段にレンズ付きの一眼レフカメラ、一番上の段に弁当箱、ポーチ、外付けマイクを収納しています。

バックパック メイン収納部 バックパック メイン収納部

サイドの内ポケットにカメラ用防水カバーを収納しています。あとは背中部分のポケットにパソコンを入れて完成です。

またもう少し荷物が少ない時は三脚をカバンの中に収納することがあります。次の写真のように仕切りを折って三脚を立てて入れています。

バックパック三脚収納例 バックパック三脚収納例

次の動画は20Lサイズのパッキング例です。フルサイズの5D Mark4をふたつ収納しています。またマクロレンズを入れているところに普段はミラーレスカメラを入れているらしいので3つのカメラとレンズを同時に持ち運ぶことも可能なようですね。

次の動画は通学や通勤を想定してカメラを入れないパッキング例の動画です。仕切りの使い方がユニークで参考になります。カバンのサイズは30Lです。

次の動画はフルサイズカメラに望遠レンズとバッテリーグリップをつけた時のパッキング例です。カバンは20Lサイズ。

次はひとつ上の動画の続きで、今度は30Lサイズのカバンに先ほどの荷物とプラスアルファの機材をパッキングしています。先ほど20Lサイズでは縦向きに入れていた望遠レンズ付きカメラを30Lでは横向きに入れられるようになっています。

次の動画は日本のYouTuberのTom Tom channelさんのパッキング例です。30Lサイズのカバンにめいっぱい荷物を詰めておられます。

欠点

べた褒めしましたが、個人的に気になった欠点についても指摘しておきます。

  • 腰のベルトの長さ調節が難しいです。サイドポケットの中から腰ベルトが出ています。腰ベルトを伸ばすにはサイドポケットの中で調節をしなければならずやりにくいです。一度最長まで伸ばしてしまえばあとは腰の前で長さを短く調節できるので、最初の調整さえすましてしまえばあとは楽です。
  • 三脚をサイドにつけると少し危ないです。肩幅が広い方はあまり気にならないかもしれませんが、三脚を横につけることで自分の身幅より外の位置に三脚がきます。狭いところを通るときや、振り返りざまに三脚をどこかにぶつけるおそれがあります。この点は慣れの問題もあるかもしれませんが、慎重にあつかいたい場合はサイドには三脚を入れないほうが良いと思います。
  • 届いたときに糸のあまりがありました。ほつれているわけではなかったのですが、糸の処理がきちんとできていなかったようで、自分でその糸を切りました。その後は特にほつれなどの問題は起きていません。縫製はベトナムで行なっているとのこと。日本製ではないので、意外とこういったところに若干の荒さが現れるようです。これはもしかしたら私の元に届いた商品がたまたまそうだっただけかもしれません。
  • 最大容量まで詰めるとカバン上部のサイドに若干隙間ができます。雨が降っているときはその隙間から水が入って荷物が濡れてしまうかもしれません。もし20リットルサイズでギリギリになりそうな人は余裕のある30リットルサイズを買った方が防水の観点からも安心かもしれません。
  • しっかりとした作りなのでカバン本体は少し重めです。20Lが1315g、30Lが1542g。個人的には背負えるカバンなのでその重さはあまり気になりませんが、手で持ったときはズシッとした重さを感じます。普段の荷物が少ない人や軽さを重視する人は他の選択肢があるかもしれません。カメラに交換レンズ、パソコンなどたくさんの荷物を安全に持ち運びたい人向けのカバンだと思います。

値段は?

記事執筆時点でAmazon価格が、34,000円(20L)と42,120円(30L)です。カメラバッグの中では高めの値段ですね。しかし、安いカメラバッグを買って失敗してまた新しいカバンを買うよりも初めから質の良いカバンを持つことをおすすめします。

カメラやレンズ、パソコンなど大切なモノを持ち運ぶのでカバンがしっかりしていると安心感が違います。大変使い勝手が良いので、コストパフォーマンスの観点から見ても悪くないのではないでしょうか。

どこで買えるの?

Amazonで買えます!購入できる場所は他にもありますが、比較的安く簡単に買えるので個人的にはAmazonをおすすめします。下のリンクからご購入いただけます。

20L チャコール ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)

20L アッシュ ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)

30L チャコール ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)

30L アッシュ ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)

銀一公式ショップでも買えますがAmazonと比較して割高です。

為替レートしだいでは、アメリカのピークデザイン公式サイトから購入した方が安い可能性もあります。英語が読めて海外サイトでの購入に抵抗がない人はピークデザインのホームページもチェックしてみると良いかもしれません。筆者はアメリカのサイトで購入しまして、発送は香港から。20Lが259.95ドル、30Lは289.95ドル、送料は25ドルになります。

この組み合わせもおすすめ

同じくピークデザインから販売されているキャプチャー(Capture)を合わせて使うと便利です。

peakdesign capture pro

カメラをベルトに固定する道具です。動画を見たら欲しくなるので注意。

関連記事

カメラ

70万円と4万円のカメラの違いは?キヤノンの全一眼レフカメラのスペックを解説!
一眼レフカメラって複雑で違いが分かりにくかったりしますよね。値段が高い方が良いのは間違いないんだろうけど、なにがどう違うか分からない...
目的・予算別おすすめデジタル一眼レフカメラとレンズ紹介(キヤノン Canon)
カメラを買う目的は人によって様々です。こちらの記事では撮影ジャンルに分けて初心者向けにおすすめの一眼レフカメラと、レンズなどの関連機...

レンズ

キヤノン人気レンズTOP10【KissX7や80DなどCanonのAPS-C一眼レフカメラにおすすめ】
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Canonのレンズ沼にどっぷりはまっているAkiです。 画像:より引用 Ca...

周辺機材

ピークデザインのプレートはアルカスイスに互換します(アルカスイスって何?という人はこちらの記事をご覧ください。「アルカスイス互換とは/花火撮影の機材とテクニックPart1機材編」)。私が現在使っているアルカスイス互換雲台については下の記事でご紹介しています。

所有しているカメラ機材 2016年
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。カメラ大好きなAkiです。 普段から写真や動画を撮るのが好きでこちらのサイトにも神...

アルカスイスや雲台に関してはおすすめのモノなど色々と書きたいことがあるので後々詳しく記事を書いてご紹介します。RSSなどでフォローいただけますと今後の新しい記事も見逃さずご覧いただけます。

まとめ

エブリデイバックパックは一眼レフカメラやミラーレスカメラなどカメラを愛用するすべての人にめちゃくちゃおすすめのカメラバッグです。ちなみにピークデザインはトートやメッセンジャー型のカメラバッグも作っています。荷物が多くなりがちな人には断然エブリデイバックパックをおすすめしますが、荷物が少なめの人は他の種類のカメラバッグも良いかもしれません。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
Facebook、Twitter、YouTube、Instagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。