スポンサーリンク

おすすめカメラバッグ!ピークデザインのエブリデイバックパック長期間使用レビュー

シェアする

Peak Design Everyday Backpack Review

エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作るリュック型最新カメラバッグです。このエブリデイバックパックを約二ヶ月使ってみて最高のカメラバッグだと思いました!詳細にレビューして皆様にご紹介しようと思います。またピークデザイン社の公式ホームページが非常に充実しているのですが、日本語訳がないようなので私が一部を翻訳してお伝えします。

※詳細で長い記事なので目次から必要な部分を見たり、ブックマークしておくと便利かと思います。本記事は2ページに分割されています。ここは1ページ目です。

※長い文章を読むのは面倒という人はまず公式動画を見てみてください。英語ですが言葉がわからなくてもだいたいの雰囲気は伝わると思います。動画のあとにより詳しく知りたい項目を下の目次からご覧下さい。

1/2ページ目の目次

スポンサーリンク

ピークデザインとは

ピークデザイン(Peak Design)は数々のユニークなカメラアクセサリーを手がけるアメリカの企業です。非常にクリエイティブな精神を持った人たちの集まりで、他社ではなかなか出会えない発想・デザインの製品を数多く開発しています。商品開発の資金をクラウドファンディングによって得ていることも特徴です。海外メーカーの商品ですが、日本では銀一が代理店となっていてAmazonなどで気軽に買えるようになっています。エブリデイバックパックはアメリカでは2016年の秋頃から販売され日本でも2016年12月から発売されました。

エブリデイバックパックのサイズと色

サイズ 20Lと30L

20Lと30Lの2サイズがあります。筆者が持っているのは20Lです。

上部のポケットが段階式になっています。

4段階の留め具があり一番上でとめると下の写真のようになります。

20Lや30Lといったカバンのサイズが示している容量は、一番上の位置でとめたときの最大容量になります。つまり20Lはポケットを一番上でとめたときの最大サイズが20リットル。ポケットを一番下でとめたときの最小サイズが12リットルです。30Lは最大サイズが30リットルで最小サイズが18リットルになります。

このポケットの仕組みのおかげで最大まで荷物を入れないときはとてもコンパクトなサイズにおさまります。

エブリデイバックパック 仕様表

20Lサイズ 30Lサイズ
外寸 幅30cm
高さ46cm(最小)54cm(最大)
奥行き17cm
幅33cm
高さ51cm(最小)59cm(最大)
奥行き20cm
容量 12リットル(最小)
20リットル(最大)
18リットル(最小)
30リットル(最大)
収納PCサイズ 15インチ
縦38cm 横25cm 高さ2.5cm
16インチ
縦40cm 横27cm 高さ4cm
重量 1351g 1542g

背負った時のサイズ感は下の写真をご覧になるとわかりやすいです。小柄な人から大柄の人まで身長別にそれぞれのサイズのカバンを背負った様子です。

実際どの程度の機材がカバンに入るかを次の写真でデモンストレーションしています。

What's in Everyday Backpack 20L

What's in Everyday Backpack 30L

ご覧のように多くの荷物が入ります。パッキングの仕方しだいで本当に様々なものを収納できます。のちほどパッキング例の項目でより詳しくご紹介します。

色 チャコールとアッシュ

色の種類はチャコールとアッシュです。暗いグレーと明るめのグレー。写真の手前がアッシュ、奥がチャコールです。

多数のポケットと仕切りでたっぷり収納

カバンの中には3つの仕切りがあります。ベルクロで付いていて自由に取り外したり、動かすことができます。また仕切りを折って小分けのスペースを作れる仕組みになっています。

エブリデイバックパック中の仕切り

この仕切りのおかげで、自分の荷物のサイズに合わせて収納スペースを自由にカスタマイズできます。この自由度の高さがこのカバンの非常に大きな魅力です。フルサイズのカメラボディでも収納可能ですし、縦持ちグリップと望遠レンズを付けたままでも収納可能です。詳細はパッキング例の項目にて。

メインの収納部へのアクセスポイントは上ポケットとカバン両サイドの計3つです。またサイドのポケットはダブルファスナーになっています。ファスナー部分には盗難防止の仕組みがあります。

Peak Design Everyday Backpack Anti-theft Peak Design Everyday Backpack Anti-theft Peak Design Everyday Backpack Anti-theft Peak Design Everyday Backpack Anti-theft

上の写真のようにファスナーの持ち手のヒモをわっかに固定できる仕組みになっています。これにより誰かに勝手に開けられないようにできます。

カバン上部のファスナーを開けるとパソコンが入るポケットがあります。収納できるパソコンのサイズは20Lが15インチ、30Lが16インチです。

エブリデイバックパック パソコン収納ポケット

またタブレットをいれられる少し浅めのポケットもすぐ隣にあります。

エブリデイバックパック タブレット収納ポケット

さらに同じところに伸縮性のあるポケットがあります。私はマウスや電源コード、外付けHDDなどを入れるのに使っています。

エブリデイバックパック 伸縮ポケット エブリデイバックパック パソコン収納ポケット

カバン上部のポケットはマグラッチという機構。磁力を利用した仕組みで、これが簡単にしっかりとポケットを閉じられるようになっていて非常に快適です。

Peak Design MagLatch マグラッチ機構

開け方は少し慣れがいります。仕組みを理解していると簡単に開けられます。このマグラッチの構造はYouTuberの瀬戸弘司さんの動画(1:35から)でわかりやすく説明されているのでぜひご覧ください。

カバンの外側にサイドポケットがあります。ここにペットボトルや三脚をいれられます。サイズは大きめなので、折りたたみ傘とミニ三脚を同じポケットに入れても余裕です。

エブリデイバックパック サイドポケット

またヒモがついていて三脚など長さのあるものを固定できるようになっています。

エブリデイバックパック サイドポケット

さらにカバンの背中側にヒモで寝袋やドローンを固定できるようにもなっています。私はドローンを持っていませんが、20Lも30LもDJI Mavicがコントローラー、カメラアクセサリー付きの状態で保持できるように設計されているようです。30LはDJI Phantom4でもフィットするサイズだと公式サイトに記載があります。

ドローンを背負っている様子

登山用具を背負っている様子

画像引用元 The Everyday Backpack, Tote, and Sling by Peak Design — Kickstarter

頑丈かつ防水で様々なシーンに対応

とてもがっちりとした作りで頑丈なカバンです。防水素材の生地と止水ファスナーなのでちょっとの雨の中なら傘を差さなくても安心です。突然雪が降ってきて濡れながら歩いたことがあるのですがカバンの中身はまったく濡れていませんでした。

エブリデイバックパックに積もった雪

防水性を検証した動画があります。約4分シャワーにさらしても中にしきつめたキッチンペーパーにはシミひとつありません。

普段使い・通勤にも

派手すぎず地味すぎずの見た目なので、カジュアルなシーンから通勤カバンにも使えそうです。サイドに付いている持ち手もとても役立ちます。通勤などで電車に乗る際に背中から手に持ち替えたり、荷台の上に乗せるときに持ちやすいです。

エブリデイバックパック サイドの持ち手

旅行・登山にも

腰ベルトと胸ベルトがあり、疲れない工夫が施されています。胸ベルトはフックをひっかけて固定。

エブリデイバックパック 胸ベルト エブリデイバックパック 胸ベルト

エブリデイバックパック 腰ベルト

このカバンでハイキングに出かけた時のことを下の記事に書いています。

森林植物園までハイキングコースを歩いてみた!楽しくて登山初心者にもおすすめ
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。特別運動が得意なわけではないけれど何故か長距離歩くのがけっこう好きなAkiです。 ...

またスーツケースの上に乗せて固定できるよう背負う部分に隙間があります。旅行や出張の際に便利ですね。

次のページに続く

2ページ目では以下のトピックについて書いています。

  • 見た目・デザイン性
  • パッキング例
  • 欠点
  • 値段は?
  • どこで買えるの?
  • この組み合わせもおすすめ
  • 関連記事

Amazonでカメラバッグを探す

おすすめカメラバッグ!ピークデザインのエブリデイバックパック長期間使用レビュー
この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク